2015年09月09日

ういている(ようにみえる)林雄司さんのホバーボードにおどろく

しょっちゅう「デイリーポータルZ」の記事をとりあげ、
そしてそのたいていが林雄司さんの記事についてなので、
このごろは気がひけるようになった。
でも、こころをうごかされたできごとをかく、という意味において、
きょうはやはりこの記事をとりあげないわけにいかない。

記事は、林さんがホバーボードづくりに成功したとつたえている。
http://portal.nifty.com/kiji/150908194501_1.htm
ホバーボードとは、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で
マーティくんがのっていた空とぶスケボーのことをいう。
ローラーでころがるスケボーではなく、
まるでサーフィンしているみたいに
空中にうかび、すすんでいく。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の
未来の地球は2015年という設定なので、
25年かけて現実が映画においついたことになる。
林さんはたった1時間、しかも1300円という
しんじられない費用で「浮遊感を実現」した。

浮遊のメカニズムについて、くわしい説明もある。
うかんでみたい方は、ぜひ記事を参考にチャレンジしてほしい。
ほかのライターのこころみに刺激をうけ、
しかしまったく発想をかえながら
「浮遊感」に成功した林さんをたたえたい。
たくみにホバーボードをあやつり、
いろんなポーズをきめる林さんがかっこいい。

それにしても、ホバーボードによる「浮遊感」の
撮影現場がみたかった。
「ういているようにみえる」だけなのだから、
じっさいの光景としては
ものすごく「?」だったのではないか。
とおりがかりのひとから
「なにをしてるんですか?」とたずねられたときの
「こんなに簡単だけど難しい質問はない」
がすごくおかしい。
ホバーボードづくりのたいへんさを
このコメントがすべてあらわしている。
林さんの頭のなかは、どこまでも自由だ。

posted by カルピス at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 林雄司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする