2015年09月21日

ラグビーWカップ 南アフリカ戦の勝利に にわかファンのスイッチがはいる

ラグビーWカップがはじまるまえに、
特集番組がいくつかくまれた。
サッカーのWカップばかりが日本では注目をあつめるけれど、
世界的にみると ラグビーWカップもまた おおきな大会なのだそうだ。
テレビ局が特番をくんだ背景には、
今回の日本代表が歴代でいちばん実力があり、
もしかしたら意外な活躍をするのではという予感、
もしくはムードがあった。

というのが南アフリカ戦のまえの情報で、
しかし試合が午前零時におこなわれるため、
ま、いいかと実況放送をあっさりみおくった。
おきてみると、日本が奇跡的な勝利をおさめたと
ネットにたくさんの記事がのり、
後半終了間際のありえない逆転勝利をつたえている。
あわてておひるからの再放送をみた。

じつはラグビーのルールをよくしらない。
ボールをまえにはこぼうとめざしながら、
まえにボールをパスしてはいけないオフサイドルールが
サッカーよりもあきらかに厳密だ。
手でボールをあつかうだけに、サッカーほど偶然に左右されず、
実力の差がそのままでてしまう。
サッカーでは、まもりをかためることで、
はるかに格下のチームが上位チームにたいし
0-1なんて試合にもちこめるけど、
ラグビーではありえないようだ。
かつての日本のように、何十点の差をつけられ、
実力の壁をおもいしらされる。

極限まできたえあげられた選手どうしが
すごいスピードでぶつかりあっている。
ひとりの天才による個人プレーで
なんとかできる範囲はすくない。
チーム全体でちからをあつめなければ
相手のいきおいをうけとめられないし、
こちらからの攻撃もつながらない。
サッカーしかしらない目には、
集団でつぶしあいをしているようにみえる。
筋肉のかたまりである相手選手に、
日本選手がなんどもぶちあたっていく。
わたしのなかの とぼしい愛国心がさわぐ。
165センチと、こがらな選手もいっしょにプレーしている。
こわくないのだろうか。
ケガをしないのだろうか。
相手への闘争心をもやしながら
サッカーほど露骨に個人的な報復にでないし、
おおげさにいたがったり ファールをもらおうとしない。
すべてのプレーが、ボールをまえにはこぶためだけむけられる。
献身的なプレーでチームにつくす選手たちが
わたしの琴線にふれる。

それにしても、わたしはいつもながらのにわかファンだ。
サッカー女子Wカップのときも、
ソチオリンピックのときもこうだった。
世間が注目するようになったのと
おなじタイミングでやっとおもい腰をあげる。
これまでラグビーの試合をみたことがなかったのに、
奇跡的な日本の勝利にいっしょになって感動する。
ほんもののすごさをかぎとる本能的な反応と
自分では位置づけている。
メディアにあやつられているだけかもしれないけれど、
こころのたかまりに いつわりはない。
だからこそただしい にわかファンだ。
2011年に女子の日本代表がアメリカをやぶったときと
おなじ興奮によいながら、
選手たちの健闘に感謝した。
(※試合についての正確で感動的な情報として、
 フモフモさんのブログをぜひおよみください)

posted by カルピス at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする