2017年05月01日

『トゥルー・ロマンス』本筋以外でみどころがいっぱい

『トゥルー・ロマンス』
(トニー=スコット:監督・1993年・アメリカ)

わかい男がバーで女性をくどいている場面からはじまる。
カンフー映画はどう?とさそわれ、
「わたしがカンフー映画へ?」と
女性はあきれているのに、
「しかも3本だてだぜ」と
得意そうに もっとはずしていくのがおかしい。
いかにもタランティーノらしい作品だけど、
監督ではなく、脚本としての参加だ。

なかでもすきな場面は、
デニス=ホッパーとクリストファー=ウォーケンのやりとりだ。
うばわれた麻薬をとりもどそうと、めぼしをつけた家に
イタリア系マフィアの相談役としてウォーケンがおとずれる。
麻薬をもってにげたむすこについてきかれても
父親(デニス=ホッパー)は「しらない」とつっぱねるけど、
ウォーケンはネチネチとプレッシャーをかける。
こわそうな連中にかこまれ、ビビってあたりまえの場面で、
デニス=ホッパーは歴史の本からえた知識をはなしだした。
シシリア人はおおむかし ムーア人におかされまくった過去があり、
シシリア人にはニガーとおなじ血がながれていると挑発する。
ウォーケンは、「おもしろい男だ」と愛想のいい笑顔をふりまき、
デニス=ホッパーのほほを両手でやさしくつつみ、
チャーミングにキスをする。
デニス=ホッパーは、おまえは黒ナスだと、
さらにおいうちをかけ、にっこりほほえむ。
ゆたかなジェスチャーをまじえながら、
おいしそうになんどもタバコをふかくすいこむ。
ギリギリの神経戦がすごくスリリングだ。
主役のわかいふたりを、このベテランふたりが、
かんぜんにくってしまった印象をもつ。
この場面みたさの『トゥルー・ロマンス』でさえある。

ブラッド=ピットがほんの端役ででてくるのもおかしい。
いつもラリってソファーにねそべるジャンキー役で、
部屋をおとずれるマフィアやら警察やらに、
しってることをぜんぶ親切におしえてあげる。
だれからもお荷物あつかいされる 人畜無害のブラッド=ピットは、
『トゥルー・ロマンス』ならではのみどころだ。

サミュエル=L=ジャクソンの名前も字幕にでてくるので、
どの場面かと注意してみていたら、
さいしょのほうであっけなくころされる麻薬の売人役だった。
メインストーリーよりも、脇に関心をむけてしまいがちな、
すてきなB級作品にしあがっている。

posted by カルピス at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする