2017年05月13日

米づくりでは なぜ種まきではなく 苗をうえるのか

田んぼにいって草かりをする。
田んぼのなかではなく、まわりの草かりだ。
このまえ種もみいりの団子をまいてから10日たった。
そのあいだ、適度に雨がふり、気温もあがっている。
田んぼをみると、稲とおもわれる芽がでている。
ほんとに稲ならいいけど。

このまえ種もみいりの粘土団子をつくっているとき、
手つだってくれたひとにたずねられた。
「麦をつくるときは 畑にちょくせつ種をまくのに、
 なんで米はこんな団子をつくるの?」
そういえば なんでだろう。
種もみをそのまままくと 鳥や虫にたべられるといわれるので、
わたしは種のはいった粘土団子を田んぼにまいている。
わたしだけでなく、日本でおこなわれている直播栽培のほとんどは、
種もみをいったん団子状にしてから田んぼにまいている(はず)。
でも、麦は畑に種をまいてつくるのだから、
稲だっておなじやり方ができるのではないか。
鳥にたべられないためには、種をまいたあとで土をかければいい。
麦をつくるときのように。

アメリカでは、どうやってお米をつくっているのだろう。
ネットをみると、有名なカリフォルニア米は、
水をはった水田に、飛行機で種をまいている。
とくに土をまぶしたりはしないで、種もみをそのままばらまく。
アメリカは雨がすくないので、田んぼに水をはったまま
水田としてはたもたないだろうとおもってたけど、
種まきのときからずっと田んぼに水をはってそだてるのだという。
収穫は小麦とおなじように、
めちゃくちゃおおきな機械でかりとっていく。

日本では、大規模でしられる八郎潟でも
飛行機による種まきはせず、ほかの地域とおなじように
田うえによる米づくりだ。
アメリカのように、飛行機で種をまけば、
圧倒的にはやくすむけど、それだけ無駄もおおいはずだ。
よほど規模がおおきくないと、飛行機はつかえないかもしれない。

わたしがかりている田んぼは、7アール(20m×35m)しかない。
しかし、たった7アールでも、機械をつかわず
手で田うえをしようとすれば ものすごく時間がかかる。
種もみを直接まいたほうが、ずっと楽なのに、
米つくりというと、田うえとセットになっているのが
わたしには不思議でしょうがない。
それほど田うえは、安定した収量をえるのに、
てきしたやり方なのだろう。

苗をうえるより、種まきのほうが
原始的でかんたんそうにおもえるけど、
じっさいには苗をうえたほうが お米をつくりやすい。
稲作は、スタートしたときから苗うえとセットになっていた、
という説を本でよんだ。
おそらく、この説はただしい。
この本により、わたしのなかで 稲作の起源は すでに決着がつき、
照葉樹林文化や、縄文時代へのロマンはもうない。
いまわたしが直播栽培にこだわっているのは、
福岡正信さんがとなえられた自然農法を
自分でもためしてみたいからだ。
ひとが余計な手をださなくても、自然が稲をそだててくれるはずで、
わたしは できるだけしずかに 稲の成長をみまもりたい。

posted by カルピス at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 農的生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする