2017年07月17日

夏にむけて コンディションをととのえたい

3週間さきにせまったレースにそなえ、2時間ちかくはしる。
おとついにも、おなじコースをはしったけど、
1時間ほどしたら気分がわるくなったのであるいた。
熱中症になりかけていたのだとおもう。
からだがまだあつさになれておらず、
体温調整がうまくいかないようだ。
きょうはしっかり水分をとり、ゆっくりだけど
とにかくさいごまではしりつづける。
あつさにくじけないで はしりとおせたのは 自信になった。

昼ごはんのあと、30分ひるねをしてから田んぼの草かりへ。
2時間ほど草刈機をつかう。
とちゅうでなんども水をのみ、シャツが汗でびっしょりだ。
家にかえると、まず水風呂につかって からだの熱をとる。
そのあとビール。
エアコンをつけないと、部屋の温度は30℃もあるけど、
からだがひえていれば 風をすずしくかんじる。
汗をかいた分、水分をおぎなえば、
じっとりした汗はでず、皮膚がスベスベしている。
しっかり汗をかき、そのあとの水分補給が
あつい日のコンディションづくりにはかかせない。
コンディションさえよければ、
熱風がふいていてもぜんぜんくるしくない(ときもある)。
すべてはコンディションだ。

仕事にでかける日はどうしようもないけど、
やすみの日はあつさをたのしみたい。
あついあついとグチをいってもしかたないから。
夏でなければ味わえないものはいろいろある。
それらは、あつい夏のほうがよりたのしい。
わたしがたのみとする「夏」用品は、
水風呂・ビール・アイスティー・スイカにジントニック。
それに扇風機・ひるねをくみあわせて、
エアコンにあまりたよらない夏にしたい。
なんだかんだいっても、ほんとにあついのは あと1ヶ月ほどだ。

posted by カルピス at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする