2021年11月10日

健康診断の結果をまえにすると、だれもが意気地なし

朝日新聞に連載ちゅうのコラム、
「オトナになった女子たちへ」(伊藤理佐)をよんでいたら、
減塩ちゅうの「ヨシダさん」(理佐さんの夫)が ソバをたべるとき、
メンをツユにつけず、ただつけるふりをしてたべたとある。
ヨシダさんにかぎらず、奇想天外な発想で
よむものをおどろかす才能のもちぬしたちが、
健康診断の結果をまえにすると、
無条件に医者のいうことをききいれて
小市民的な生活をおくるのに すこしがっかりしてしまう。
ほかのジャンルでも、医者のいうことなんか ききそうにないひとが、
すぐに薬をのみはじめたり、なにかをひかえたりする。
健康診断の結果なんて気にしないで、
それまでどおりの生活をおくってほしいのに。
そういうひとは、はじめから健康診断をうけないのかもしれない。
ひとのことばかりはいってられない。
わたしだって、 健康診断の結果に異常があれば、
なんらかの方法で改善をはかろうとする。
薬をのまないまでも、基準をはずれた数値をみると、
あまりいい気もちはしない。
だれもかれも、なんで「健康」のまえでは
こんなに意気地がないんだろう。

posted by カルピス at 21:40 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする