2022年09月17日

『世界一簡単なフランス語の本』すぐに「ル・モンド」の社説がよめる

『世界一簡単なフランス語の本』
(中条省平・幻冬社新書)

わたしはわかいころ、かなりの時間とエネルギーを、
フランス語の学習にあてた時期がある。
たくさんの本やカセットをかい、コツコツと勉強をつづけた。
にもかかわらず、フランス語はわたしの手をするりとぬけ、
けっきょくはものにならなかった。

中条さんは、フランス語をものにすることが、
どれだけむつかしいかをよく理解したうえで、
「読めれば、できる」というあたらしいこころみをうちだしている。
本書をおわりまでよめば、フランス語の新聞、
「ル・モンド」の社説でもよめる、
というのが本書のセールスポイントだ。
あくまでも声にだして「よめる」であり、
よめるからといって、意味までもわかるわけではないけど。
そもそも英語のつづりがめちゃくちゃなのであり、
さらにいえば、日本語だって漢字をつかわないでかけば、
ごく初期の学習者でも、よむだけならかんたんにできる。

中条さんは、まずフランス語のアルファベットを
カタカナで「よめる」ようにする。
そのあとで、「コマンタレブー」とか「ジュテーム」とか、
だれでもきいたことのあるフランス語から
文のなりたちを説明する。
むつかしい発音記号なんて、いっさいなし。
日本語にない発音も、堂々とカタカナであらわしてくれる。
ややこしい動詞の活用も、語尾のつづりがどうあれ、
発音はどれもたいていっしょだと 大胆に整理してある。

そして、じっさいのフランス語は「ブー」とか「メルシー」
とかのばさない、ということもしっかりおさえている。
はずかしながら、わたしがしらなかったこともおおく、
この本に目をとおしたことで、
まちがいなくわたしのフランス語は上達した。

「世界一簡単」といっても、フランス語をまったくしらないひとには、
すこしこの本はしきいがたかいかもしれない。
大学の、第二外国語にフランス語をえらび、挫折したひとなどが、
この本のターゲットとなる。
わたしは、みごとにドンピシャの対象者で、
フランス語の勉強は、じつに30年ぶりだった。
そんな初心者もどきのわたしでも、さいごまで目をとおすうちに、
ちゃっかりフランス語のエッセンスを身につけたような気がする。
フランス語学習の再入門書として、本書をつよくおすすめしたい。

posted by カルピス at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする