2015年03月09日

Jリーグがはじまる J2からあがってきたチームのいきおいがすごい

2015年のJリーグがはじまった。
今シーズンは、なんといっても
2シーズン制の採用に注目があつまる。
第1ステージにつまづいても、第2ステージでやりなおせるのだから、
優勝あらそいが単調にならない。
といって、2シーズン制むけの対応がなにかあるかというと、
そんなにかわった策をとれるわけではないので、
けっきょくはつよいチームが上位に顔をだすだろう。
個人的には1シーズン制のほうがすっきりしていてすきだけど、
優勝への関心をたかめ、お客さんにたくさんきてもらわなければ
リーグの存続があぶないという判断があった。

第1節を 「Jリーグタイム」でみたにすぎないので、
ほんの表面的な印象でしかないけど、
J2からあがってきたチームにいきおいがあり、これからがたのしみになる。
J2といえども、ひじょうに激戦リーグなので、
J1にあがってきたチームが、それなりにちからがあるのは当然ではある。
浦和対湘南の試合など、すくなくとも前半までの湘南は、
とてもJ2からあがってきたチームにはみえなかった。
とにかくはしりぬくという自分たちのスタイルをもち、
そこにまよいがないチームはとても魅力的だ。
残念ながら1-3でまけてしまったけど、
これからの活躍に期待したい。
松本山雅にしても、はじめてのJ1とはいえ
熱心なサポーターにささえられ、
はっきりした特徴のあるチームなので、
リーグをおもしろくしてくれる存在になりそうだし、
J1でもじゅうぶんに通用するちからをもっているようにみえる。

新監督をむかえたチームが5つあり(神戸・横浜・柏・鳥栖・甲府)、
チームをどうまとめていくのかに期待したい。
スタートにつまづいても、第2ステージでやりなおせるのだから、
2シーズン制は新監督にとって有利な制度だろう。

第1節では、きめるべきひとが得点をあげていた。
大久保・工藤・武藤(2)・大前(2)・佐藤・宇佐美・豊田・闘莉王など、
2015年の得点王をあらそいそうなメンバーが名をつらねた。
なかでも宇佐美(ガンバ)と武藤(FC東京)は、
得点王への意欲を口にしているのがたのもしい。
闘莉王はPKをけりながらも、お約束のようにきめられなかった。
あのひとがPKをきめたところをみたことがない。
そこがまた闘莉王の魅力なのだけど。

気になったのは、疑問のでるジャッジがいくつもあったことで、
基準があいまいというより、みのがしがおおかったようにおもう。
いつもいわれていることだけど、
選手だけでなく、審判の方々にも適切な試合はこびをもとめたい。

代表監督がバヒド=ハリルホジッチ氏きまったのも
あかるいニュースだ。
ハリルホジッチ氏といえば、
2010年のWカップ南アフリカ大会で、
たいくつとしかいいようのない試合はこびだったアルジェリアチームを、
ブラジル大会ではみごとにベスト16にみちびいたことで、
つよい印象がのこっている。
フモフモさんによる代表のよび名がおかしかった。
http://blog.livedoor.jp/vitaminw/archives/53102063.html
さまざまな「◯◯ジャパン」リストをみると、
どれもなれるのがたいへんそうだ。
どこにおちつくのか 興味ぶかい。
わたしは「◯◯ジャパン」といういい方がきらいなので、
「日本代表」か「A代表」でいいんじゃないかとおもう。

スポンサードリンク



posted by カルピス at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック