2017年08月06日

あつさのなか、スイムラン(出雲市多伎町)を完走する

出雲市多伎町でひらかれたスイムランに参加する。
ショートの部・ロングの部をあわせて418人と、
きょねんよりすこしへったそうだ。
天気予報どおり、ものすごくあつい日となる。
道路わきの温度計は、37℃をさしていた。
きのう地元で6キロほどはしったときに、
水分をじゅうぶんとったつもりでも、
さいごにはフラフラになった。
このコンディションのなか、スピードはとてものぞめないので、
目標を完全に完走へときりかえる
(はしるまえからの まけおしみと いいわけ)。

8月6日は、広島に原爆をおとされた日なので、
8時15分に黙とうをささげる。
あつくても、タイムがヨレヨレでも、
平和だからこそ こうした大会に参加できる。
自分の体調もふくめ、この場にたてたことを ありがたくおもう。

水泳は、例年どおり9時の時報とともにのスタートする。
ワクワクするより、どちらかというと、
「たのしむんだ」と、いいきかせるようにスタートをまつ。
2.4キロの水泳(ロングの部)は、
いつもなら50分ぐらいでおよげるのに、きょうは57分もかかった。
そんなにほかのスイマーから邪魔をされたわけではないのに、
ふつうにおよいで これだけタイムがわるいのはさいさきがわるい。
ランでタイムをかせげないぶん、スイムでは
ふだんどおりのタイムでゴールしたかった。

水泳をおえると、おおいそぎでシューズをはき、
Tシャツをきてはしりだす。
ランのコースには、エイドステーションが
ほぼ2キロごとにおかれていて、
ふつうならじゅうぶんに水分補給ができるところだけど、
きょうは ふつうにポカリをのむだけでは すぐにつらくなった。
そのうちコツがつかめてくる。
ボランティアのかたに 頭から氷水をかけてもらい、
スポンジでもからだをひやし、そのうえでポカリを紙コップに2杯のむ。
これを、それぞれのエイドステーションでかかさずくりかえすと、
なんとか2キロはつづけてはしれるのがわかった。

わたしのランは、いつもながらスピードがないので、
ほかのランナーにどんどんぬかれていく。
でも、ことしだけは、ゆっくりのランが
作戦として ただしかったとおもう。
このあつさのなか、ゴールまでいいペースをたもてるわけなく、
さいごにはわたしがぬきさるのだと、
策士になったつもりで ゆっくりはしった。
あながちこの作戦はまちがいではなく、
ぬかれた選手を、ランの後半でふたたびぬきかえしている。
37℃のなかをはしるなんて、むちゃなはなしであり、
あつさ対策の練習などできないのだから、
ゆっくりはしるしかない。
ゴールしたときのタイムは3時間24分。
これまでに参加した11回のうち、2番目にわるいタイムだ。
でも、さいごまではしれたし、
ラストスパート(のようなもの)もできた。
熱中症で2人が救急車で病院へはこばれたそうで、
予想どおり、たいへんなコンディションでの大会だった。

ひといきついてから「おもてなしテント」へいって、
スイカやサザエのお皿をうけとる。
たのしみにしていたソーメンは、「なくなりました」といわれる。
おそいランナーへのおもてなしは、そうあまくない。
とはいえ、スイムランに参加でき、たのしめるのは、
関係者の方々が ささえてくださるおかげだ。
あつさのなか、エイドステーションや大会運営など、
ほんとうにたいへんなご苦労をかけている。
しるして感謝したい。

スポンサードリンク



posted by カルピス at 17:19 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: