2017年12月01日

配偶者への誕生日プレゼントにタブレット末端

12月1日は、配偶者の誕生日。
いつもはくるしまぎれに音楽CDでごまかしたり、
福袋みたいに焦点のさだまらない、
数で勝負のプレゼントだったりするけど、
ことしはしばらくまえから 有力な案をあたためていた。
タブレット型端末だ。
配偶者は、いまだにガラケーをつかっており、
パソコンももってない。
SNS難民のわたしがいうのもなんだけど、
このままいくと、彼女は立派なネット難民になる。
ネットをみると、手ごろな値段でタブレットがでていた。
8インチなので、幅ひろい用途にたえるだろう。
きいたことのない中国製品だけど、
OSはアンドロイドなので ふつうにつかえるはずだ。

村上春樹さんの短編「ファミリー・アフェア」に、
いささか素行に問題のあるお兄さんが、
妹とその交際相手にシャブリをかう場面がある。
 僕は近所のスーパーマーケットに行ってメモにあるすべての買い物をすませ、酒屋に寄って4500円のシャブリを買った。シャブリは僕から婚約した二人へのプレゼントのつもりだった。そういうことって、親切な人間にしか思いつけない。

わたしはこのお兄さんがすきで、
いつかこのセリフをつかってみたかった。
絶好のチャンスをとらえ、ここで高々と宣言したい。
結婚相手にタブレットをおくるなんて、
親切な配偶者しかおもいつかない。
シャブリ2本分の値段しか しなかったし。

プレゼントだけど、最初にいくつか設定をすませないと、
ネットにうとい配偶者はスタートでつまづくだろう。
Wi−Fiのパスワードと、
グーグルメールの登録をわたしがうちこんでから、
朝はやい時間にタブレットを手わたした。
「ほしかった」と、
配偶者から おもいがけないストレートな感想がかえってきた。
いつもだと、こんな率直なものいいをしないひとなので、
ほんとうに「ほしかった」のだろう。
いいプレゼントができたようで、わたしも安心する。
タブレットがあればSNSにつなげられるので、
あつかいになれたら そのあとスマホをはじめてもいいし、
やってみてたのしくなければ それはそれでいい。
ネットができる環境にあるかどうかが大切で、
確信的なネット難民になるかどうかは、
配偶者のかんがえしだいだ。
わたしと彼女がSNSでつながる状況はまずこないだろうけど、
いつも頭をなやます誕生日プレゼント問題を、
ことしはなんとかクリアーできて よろこんでいる。

スポンサードリンク



posted by カルピス at 21:28 | Comment(0) | 配偶者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: