2018年05月02日

個性的なフォームではしる女子1万メートルの選手たち

すこしまえに神戸でおこなわれた 女子1万メートルのレースをみた。
1万メートルなので、400メートルトラックを25周する。
ロードレースは、テレビでよく放送するけど、
競技場での長距離レースはあまりみたおぼえがない。
集団ではしる選手たちをカメラがとらえるので、
ひとりひとりのはしりをよく観察できた。
日本のトップレベルがあつまった大会で、
それぞれ自分にあったフォームではしっているのにおどろかされる。
うでをほとんどふらなかったり、
かとおもえば、両うでいっしょにからだのまえで
前後ではなく、左右にふっているひともいた。
なんでもありのフォームではしる選手たちが たのもしくみえた。

初心者むけランニングの番組「ランスマ」(NHK-BS)をみていると、
ランニング指導者の金哲彦さんが
からだのつかい方をいろいろおしえてくれる。
肩甲骨と骨盤をうごかすのがコツらしい。
からだのましたに体重がかかるようにともいわれる。
ちょっとしたアドバイスをうけただけで、
すごくはしりがかるくなったと、
おどろいている参加者たちがうらやましい。
わたしは自分がはしっているところをみたことがない。
おそらく問題ありありのはしりなのだろう。
何十年かけてかためてしまったフォームが、
ほんのすこしいじっただけでよくなるなら すごくありがたい。
それとどうじに、いまさらどうにもならないだろうと、
半分あきらめてもいる。

神戸でのレースをみていたら、
どんなはしりでもいいんだと気がらくになった。
トップレベルがそうなのだから、市民ランナーが
そんなにフォームを気にしなくてもいいじゃないかとおもう。
きっとこれははなしが逆で、
市民ランナーだからこそ、フォームに気をつけたら、
というのが「ランスマ」の立場なのだろう。

ふるいはなしをもちだせば、
女子の水泳で、むかしジャネット=エバンズというひとがいた。
リカバリー(空中でうでをまえにもどすうごき)のとき、
ひじをたかくたもったフォームがいいとされていた時代に、
エバンズ選手はプロペラみたいにうでをブンブンふりまわしている。
それで世界記録をだしたのだから すごくかっこよかった。
マラソンの君原選手だって、からだをどちらかにかたむけたはしりが
トレードマークだったし、
宗兄弟だって、はしりの特徴から
どちらがおにいさんで、どちらがおとうとかわかったものだ。
金さんのアドバイスがわるいとはいわないけど、
そのひとのもち味をいかしたはしりができるよう、
もうすこしあたたかな目でみてあげたらとおもう。
体重をまえにかけすぎたひとがいたら、
その特徴をたもって、楽にはしる方法はないものか。
わたしも信頼できるコーチに
自転車とランニングのフォームをみてもらいたいけど、
いったんわたしのフォームをうけいれたのち、
とてもいいけど ここがもうすこしだけ、と
おもいっきり やさしくアドバイスしてほしい。

サッカーは戦術よりも気迫だ、とだれかがいっていた。
たしかにびびっていては、どんな戦術をとろうがまずかてないので、
うっかり賛成してしまいそうになる。
神戸のレースをみていると、ランニングだって、
けっきょくは気迫がものをいうような気がしてきた。
いい選手がかつのではなく、かったひとがいい選手だ。
日本新記録をだせば、フォームがどうのと きっといわれなくなる。

スポンサードリンク



posted by カルピス at 21:13 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: