2018年07月27日

からだをあまやかす日々

生きてるだけでまるもうけ、ということばがあるけど、
これだけあつい日がつづくと、
生きてるだけでせいいっぱい、であり、
なにかをなしとげなくても、ただいちにちをやりすごせば、
それだけでひと仕事をやりとげたといえる。
いまはせいいっぱいからだをあまやかす時期とさだめ、
からだのもとめに耳をかたむける。

いまさらそんなことをいわなくても、
ひごろからわたしは自分にあまい人間で、
脳がもとめるままに、からだをあまやかし、ストレスをさけている。
いまは、さらに輪をかけて、からだをやすめるのが優先課題だ。
すべてをあつさのせいにでき、
社会的にゆるされる雰囲気があるので、
たいしたことをしなくても、ただ生きていればいい。
猛暑はあんがいわたしにむいているのかもしれない。

その場のあつさをやりすごすために、
どうしてもつめたいものをたくさんのんだり、
冷房にたよりがちとなる。
からだは、それなりのダメージをうけているはずで、
いまからからだをいたわっておかないと、
秋にはひどい夏バテがやってきそうだ。
そうはいっても、目のまえのあつさをなんとかしないと、
いちにちがおわらないわけで、
夜のお酒は、氷でガンガンにひやした白ワインのソーダわりと、
おなじく大量の氷をいれた焼酎のロックにたよっている。
いつもの夏は、ジン・トニックをたのしんでいたけど、
おいしすぎて、どうしてものみすぎるのでことしはやめた。

水分の補給には、きりふだとしてスイカにたよる。
からだの熱をとるよう、こまめに水風呂につかる。
ひるねは、猛暑でなくてもやすみの日の大切なイベントだ。
夜はエアコンをきってねるため、
睡眠の質はどうしてもひくくなり、
朝おきたときからすでにボーっとしている。
水風呂とひるねが、生存戦略のかなめかもしれない。

天気予報をみると、台風がちかづいてくるため、
日曜日は雨となり、気温は29℃を予想している。
30℃をしたまわるのは、なんにちぶりだろう。
いまいちばんのごちそうは、30℃以下のお天気なのではないか。

スポンサードリンク



posted by カルピス at 21:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: