2019年03月24日

国際親善試合、日本対コロンビア 0−1でコロンビア

国際親善試合、日本対コロンビア
0−1でコロンビア

たのしみにしていたコロンビア戦だけど、
よかったのは前半だけで、後半にはいると、
ほとんどの時間帯で防戦一方となる。
W杯でなんとかコロンビアにかてたのは、
前半のはやい時間に、相手が10人となったからで、
まともにぶつかると さすがにつよい。
点差以上に ちからの差をみせつけられて、
0−1のまま、あっけなく試合がおわった。

コロンビアがギアをあげてきたのは後半からだ。
反対に、日本は別のチームになったようにげんきがなくなる。
日本の失点は、ハンドによるPK だけだけど、
内容としては完敗だった。
1点だけにおさえられたのが幸運におもえる。
コロンビアは、先発メンバーだけでなく、
交代ではいってくる選手もふくめてレベルがたかい。
彼らが全力でボールをうばいにくると、
日本はセカンドボールをひろえなくなり、
おしこまれた時間帯がつづいた。

ひさしぶりにみる中島は、
ボールをもつと、なにかやりそうな雰囲気がある。
右にボールをもちだして、強引にはなつシュートが魅力的だ。
でも、後半にはいると、
相手の監督が 中島のうしろのスペースをつかいだし、
そこを起点にせめられるようになる。
後半には堂安にかわって乾がはいり、
はじめて中島と乾が2列目でならぶ。
右の乾は、あまりこわさがないけど、
そのぶん絶妙なアシストを期待できそうだ。

はじめて代表にえらばれた鈴木武蔵が
センターフォワードをつとめたけど、
ちからがはいりすぎて からまわりしていた。
後半20分、鈴木にかわって香川がはいる。
注目をあつめたけど、それほど効果的なうごきはできなかった。
大迫の不在をどう解消するかは、
こたえが なかなかみつからない。
日本で印象にのこるのは、右サイドバックの室屋だ。
なんどもかけあがり、右からの攻撃をつくっていた。
つぎのボリビア戦では どんなはたらきをするだろうか。
全体的に、日本よりも、コロンビアのよさがめだつ試合だった。

スポンサードリンク



posted by カルピス at 22:01 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: