2019年06月28日

1歳をすぎ、気もちがつうじるようになってきたココ

すこしまえの「ほぼ日」に
「つうじてきてる。」として、
糸井さんがブイコの成長をとりあげている。
このごろ、1歳を過ぎてからね、
いままでより
気持ちが通じてる気がする。
人に人格があるみたいに、
犬にも、犬人格があるようでさ。
それが形成されてきてるんだ、きっと。
<『ブイコはいいこ(未刊)』より>

わたしの家にいるココ(ネコ)も、
1歳をすこしすぎ、このごろ「つうじてきてる」。
もっと子ネコだったときは、
ただわちゃわちゃさわいでるだけだったけど、
さいきんでは、あまえたり、要求をうったえたり、
家族と気もちがつうじるのをかんじるようになった。
外であそぶたのしさをおぼえてから、
わたしたちのスキをうかがって、
なんとか外へでようとする。
だめなときは、ハナをならして不満をうったえる。
さみしいときは、ひざのうえにのってくれる。
けさは、風呂場からの脱出をはかり、
くるしまぎれか 操作パネルに足をひっかけたようで、
湯船をお湯でいっぱいにしていた。
0v0o2-8tsGE8SwEQaSN5J5NWIc-s1tuamTAno1fIjaCZCNuF2eeBaUyTDMvAfnT8k6SKSRwoBTmLhLzaodLk9FoYeLIhL6JkuQGI2Fqo0gxFzZxMXfm2FDRYf8c59HXinHDRg3jw6WWaQIuXC0EMEpPEe63YA9JC_ejJhaCOm1faBBhgqo6YQ0-VzHe5Y-O1ALh_cZJeQBjJI0Boz525CnGY.jpg
ブイコは幼稚園にいってるそうだけど(どんなところだろう?)、
ココにはともだちのコナツがいて、
ときどきあそびにきてくれる。
コナツはメスのキジトラで、どこに本宅があるのかわからないけど、
お腹をすかせてわがやにくるのではなく、
かといって、ココがめあてでもないようで、
ときどきふらっとやってきては、
いつもすこしこまったような顔をしながら、
ココのあいてをすこしつとめてくれる。
ココのしつこさにめんどくさくなるとかえっていく。
ネコ用のごはんはたべず、
人間がたべているおかずは、気にいったらたべる。
すきなのはカツオブシ。
ココの家庭教師として、ネコの道をおしえているのかもしれない。
ココがまだ子どもすぎて、レッスンにならないので、
ココの成長をしずかにみまもっている、としたらうれしい。
ToaqLWCdxanej_5UCQMbYQI_X3hqRegnXsOck4IbxcyCuy-KWOycYmOMcRQGnn3u_YS1j4IVRXZbW-YZWHFyKNxcxmaY4gxp-PFMK36xej838wdKd0ciDAZPVAlBOzHbFKPCeRBH8oTi71AyeUbqI9T-xmBFB0l8J9XXQZPeUJZm1oqIFYJYd7HrVTEC8AG5iaFtn-ZMuvLbEaLaOgzLxiSJ.jpg

スポンサードリンク



posted by カルピス at 20:19 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: