2019年10月08日

田中泰延さんの『読みたいことを書けばいい。』がおもしろそう

ほぼ日で、きょうから田中泰延さんのおはなしがはじまった。
https://www.1101.com/n/s/yomitaikoto/2019-10-08.html
田中さんは『読みたいことを書けばいい。』
という本をだされている。
わたしもすこしまえに、
「よみたいことをかけばいいんだ」を発見した。
なんていうと、たちのわるい冗談みたいだけど、
10%くらいはほんとうだ。
ラジオをきいているとき、本についてはなされると、
しぜんと きき耳をたてる自分に気づいた。
どうやらわたしは、自分が関心をもつはなしをききたいらしい。
わたしが関心をもつのは、
本のほかに旅行やトレーニングについての話題で、
したがって、よみたい本やブログは、あたりまえながら、
関心のあるものについてかかれたものとなる。
もちろん、本や旅行についてのものなら なんでもいいわけではなく、
信頼できるひとがかいた書評なり旅行記にかぎられてくる。

本についてかかれたいくつかのブログをよんでみたけど、
あまりしっくりいくブログにであえなかった。
だったら、自分がよみたいような記事を
自分でかけばいいのでは、とおもいはじめる。
というわけで、わたしがかくブログは、
わたしが興味をもったことについてかいてあり、
たくさんのひとによんでもらいたい、
という気もちはあまりない。
田中さんのおはなしと、
いくぶんかさなる点があるような気がする。
あすからのはなしが、どう展開していくのだろう。
僕が一生懸命書いたコラムが182PVだとして、
たとえば宇多田ヒカルさんが
「神保町で食べたトンカツが厚切りで」
と書いたら、256万8320PVになる。
だから「何を書いたか」では勝てない。
なにも絶望しろと言ってるんじゃないんです。
自分が何かを書いてネットに載せたりしたら、
たくさん読んでもらえるんじゃないかと思う心を
一度捨てましょうと言ってるんです。(中略)
だったら僕とかみなさんが何かを書くにしても、
一生懸命に書くのは大事やけど
「書いたものが誰かに影響を与える」とは
思わないようにしましょうよ。
というのが、この本を書いた原点です。

田中さんのおはなしは、7日連続で連載されるという。
あすからの2回目以降をたのしみにしている。

スポンサードリンク



posted by カルピス at 22:18 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: