2020年01月14日

沖縄旅行2日目 ヤンバルの森へ

恩納村にあるホテルから、沖縄島北部にある
「ヤンバル学びの森」へむかう。
沖縄島北部は、ヤンバルエリアともよばれ、
ふかい森のひろがる植生になっている。
記録映画「標的の村」では、
米軍機のオスプレーに反対する高江村のひとたちが、
すわりこみをする場面があった。
島根県出身の安次嶺雪音さんも この運動に参加しており、
映画を宣伝するために、松江市にこられていた。
ヤンバルが、どんな森なのかみたくなり、
この旅行でたずねたいとおもっていた。

「ヤンバル学びの森」では、
ほんの700メートルほどの初心者むけ散歩コースをあるく。
これだけでは、ヤンバルのことなどわかるわけがない。
いいホテルにとまってうかれるのではなく、
安次嶺雪音さんが経営する宿泊施設にとまれば、
ヤンバルの森をすこしは体験できるだろう。
URwre6ZjvWTTD5huwEjctWUY-BofbJb3q6cSVlkTPHPylkblfxtQ_ovhEefei4m2APqGz22yBdESVt9IzQbpF5PZBiNyEQUQzoJ16AIejtLOEi6Qg5fxp2eLfXGj86sbzYZkw5Psxml5U_J-gqpHAImzpnCAg48tckw-mH7Hxu3Q3Lfm6J0ZxV2EFHKNyEcuFu24YIBLtkFWyetb0vb-U4kx.jpg

国頭村にもどり、道の駅で昼ごはんをたべていると、
「歓迎FC東京」の のぼりがたくさんたっていた。
FC東京が、この地方でキャンプをはっているらしい。
あとでホテルにはいり、大浴場へいくと
FC東京の選手たちもお風呂にきていた。
この地方は、まわりにあそぶ施設がないため、
選手がサッカーづけになるには いい環境なのだろう。
stlBHbLJddx2WByWEO9qMZI2FIdoqeS02OcWXpwEr3yiRhdRVCKi4PSG25RKGnvCkzjAr9R8hoQTt3u78ExOmx-61bz8mSb-N7AohAB9aJrrrada53z_B5YPo3LKWZ9ZCwS54bRbaXdWcapAyAzrjVGuVzpt5qUcSm2EMznRKiuSb6FMwnjq20D9BUOwtuNq6r8EU0yOtaKnYKdrTg1onFVp.jpg
とくにすることがないので、午後からは
1時間のドライブで古宇利大橋へでかける。
海のなかを一直線にのびる姿がうつくしく、
ガイドブックではかならず紹介されている。
zzzzz_zzzzz_744_496_keep_attraction-1321-1-9989d36fff600cb39342f9a7ba6b63a698020f33.jpg
【ガイドブックではうつくしい橋だけど】
ただ、自分たちで橋をわたっている最中は、
まったく印象がかわる。
とくになんということのないふつうの橋にしかおもえない。
橋のむこう側につき、すこし角度をつけて橋をみると、
なかなか説得力のある橋へと また姿をかえる。
自分で橋をわたるより、写真でみるほうがうつくしいという
観光地にありがちな橋だった。
a4FFUML6CgdgDsVPehPIx8nLAU9GKD2T2jtkt7Tu2MEA3i9ueUZRu9rkoEfOL0fIOB79lNM5-kDvkXW59u1LwCMuSAiDRe3aseBNHm0qewTgwLElgV8Qyr3S62_SXoJqh3MlDBFwIa6Z5sZqL2iy8ULIdRRiArNzV45aYUv0v8ZTaGDtdtubfOUVGu4fO9bz4m1lrFPWKBsvrvmY8pd3ZPw_.jpg
【自分でとおおればただの橋】
夕ごはんは、ホテルのちかくにある海鮮食堂へ。
ちらし丼、にぎり、白魚のバターいためなど、
お腹いっぱいたべて5000円弱だった。
Nw5DTfQ3Ue9GTorM4aqrzPAT69L3HOJ4eFRPaFvW6yLvbASUB9_RrSsA1xk8HPtRx-Edq7PFQJH58SQhf1MJX3awi6fvU_g1gJZqAYz7RVd5lFX4Lk2kzOBnygVjp-NbpjKPDeOJz_LNRpe69rCEqjjwOiWm_pJsqKXMG028Q6TEHVi6Af9N8EIOFJmEZyOe67HDrHfUdvidpQgcO2B0LAdC.jpg

スポンサードリンク



posted by カルピス at 21:30 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: