2017年07月24日

てっとりばやくしあわせになる方法

中島らもさんがなにかの本で
てっとりばやくしあわせになる方法を紹介していた。
自分の頭をポカポカ一定のリズムでたたきつづけるのだそうだ。
頭をたたけば、とうぜんそれなりにいたいおもいをする。
なんでそれが「しあわせ」につながるのかというと、
たたくのをやめたら 確実にくるしみから解消されるので。
あたまをたたきながらも、もうすこししたら たたかなくてすむ、
「しあわせ」な瞬間がおとずれるのをこころまちにする。
たたきはじめるのが自分なら、やめるのも自分であり、
自分ひとりで 勝手に いたがったり、しあわせになったりする。

ブログもあんがいよくにていたりして。
自分で勝手にかきはじめておきながら、
かくことがない日はウンウンいってネタをさがす。
たまにすんなり記事がかけ、はやい時間に更新できると
いちにちの のこり時間がたくさんあり、
すごくしあわせな気分にひたる。
勝手につづけているのは自分なわけで、
自分ではじめ、自分でくるしんでいる。
あたまをたたけば ただいたいだけだけど、
ブログをかくと たのしいことだってたまにはある。
やがていたみがここちよい刺激にかわり、
そのうちやめることさえできなくなる。
もはやヨレヨレになりながら まえへすすむしかない。

よくかんがえてみると、自分であたまをたたくのは、
ただの冗談で、かならずしもしあわせとは 関係ないかもしれない。
わざわざそんなことをはじめるより、
なにもせず ボーっとしていたほうが「しあわせ」なのでは。
ただ、世の中には、いろんなしあわせがあるので、
いったいどれがほんとうのしあわせなのか わからなくなってくる。
ものがあっても なくても、
しあわせなひとがいるし、そうでないひともいる。
さんまさんが発見したように、
ポン酢しょーゆがある家こそしあわせだというとらえ方もできるし、
愛がなくてもしあわせだというひともいる。
そんななかで、あたまをたたくのが
絶対にまちがっているとはだれにもいえないだろう。
しあわせだとおもえば、どんな場合でもしあわせであり、
いまわたしは しあわせだとおもっているから しあわせなのだ。

posted by カルピス at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

夏にむけて コンディションをととのえたい

3週間さきにせまったレースにそなえ、2時間ちかくはしる。
おとついにも、おなじコースをはしったけど、
1時間ほどしたら気分がわるくなったのであるいた。
熱中症になりかけていたのだとおもう。
からだがまだあつさになれておらず、
体温調整がうまくいかないようだ。
きょうはしっかり水分をとり、ゆっくりだけど
とにかくさいごまではしりつづける。
あつさにくじけないで はしりとおせたのは 自信になった。

昼ごはんのあと、30分ひるねをしてから田んぼの草かりへ。
2時間ほど草刈機をつかう。
とちゅうでなんども水をのみ、シャツが汗でびっしょりだ。
家にかえると、まず水風呂につかって からだの熱をとる。
そのあとビール。
エアコンをつけないと、部屋の温度は30℃もあるけど、
からだがひえていれば 風をすずしくかんじる。
汗をかいた分、水分をおぎなえば、
じっとりした汗はでず、皮膚がスベスベしている。
しっかり汗をかき、そのあとの水分補給が
あつい日のコンディションづくりにはかかせない。
コンディションさえよければ、
熱風がふいていてもぜんぜんくるしくない(ときもある)。
すべてはコンディションだ。

仕事にでかける日はどうしようもないけど、
やすみの日はあつさをたのしみたい。
あついあついとグチをいってもしかたないから。
夏でなければ味わえないものはいろいろある。
それらは、あつい夏のほうがよりたのしい。
わたしがたのみとする「夏」用品は、
水風呂・ビール・アイスティー・スイカにジントニック。
それに扇風機・ひるねをくみあわせて、
エアコンにあまりたよらない夏にしたい。
なんだかんだいっても、ほんとにあついのは あと1ヶ月ほどだ。

posted by カルピス at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

伊藤理佐さんの「鰻、全力応援!」が かっこいい

伊藤理佐さんが朝日新聞に連載中のコラム
「オトナになった女子たちへ」がいつもながらおかしい。
きょうは、ウナギを応援するはなし。
「鰻、全力応援!」だ。
 我が家では「鰻」を応援している。「がんばれ!」と思っている。(中略)ヨシダサン(伊藤さんのオット)と話し合った結果、うちは「安い鰻を食べない」という応援の仕方になった。「鰻屋さん」も応援することにした。「高いけど、たまに、鰻を、鰻屋さんで食べる」という方針だ。

挿絵は、伊藤さんとヨシダサンがビールをプハーッとやりながら
ウナギをつついており、「こう見えても 応援中・・・」とある。
食事とか、エネルギーの摂取としてではなく、
応援と位置づけるやり方があったのだ。
スーパーにならんでいるウナギをみると、
とんでもない値段についグチをいいたくなるけど、
そして けっきょくとてもじゃないけど かえないのだけど、
応援だったら、たかいからといって みすてるわけにはいかない。
「全力応援!」するしかない。
まったく、目のつけどころがすばらしい。
伊藤さんにかかると、日常生活はあそびにみちている。

わたしはなにかに確信をもって応援しているだろうか。
「鷹の爪」をだいすきだというわりに、
壁かけカレンダーすら かわずにすませるし、
サッカーの日本代表を応援していながら、グッズひとつもってない。
応援は、無償の行為であり、
応援したからといって、直接のみかえりはもとめない。
勝利がみかえりのようにおもえるけど、
ことがそれほど単純なら サポーターに苦労などない。
応援しているチームが、かつこともあれば、まけるときもある。
まけたからといって 応援をやめるようなら、
それは「応援」とよばない。
応援は、いわば究極のペイ=フォワードだ。

東京にすむ 義理の兄は、
松江にくるたび 老舗の鰻屋さんをかならずたずねる。
わたしにすれば、ものすごくたかいウナギ料理だけど、
東京からわざわざくるのだから、
旅費や滞在費をかんがえると、
すこしぐらい(すこしじゃないけど)ウナギ代がかかるといって、
スーパーの中国産ウナギで我慢するのは たしかにまちがっている。
義理の兄がしてるのは、伊藤理佐さんとおなじ
「全力応援!」だとおもえば、ものすごくふにおちる。
配偶者の実家があるからといって、毎年わざわざかえってくるよりも、
べつの町へ旅行すればいいのにと、不思議におもっていたけど、
ウナギの応援なのだから、義理の兄がえらんだスタイルは、
正統派の応援者として、まったくただしい。

伊藤家のすばらしいところは、
個人のこのみとしてではなく、
「ヨシダサンと話し合った結果」
我が家の方針をさだめたところにある。
ふたりによる熟慮のうえだから、ただ「すきだから」よりも、
採択のおもみが ぜんぜんちがう。
ひとりでの応援がまちがっているわけではないけど、
その一段うえをいくあそび方にわたしはしびれる。
たとえビールをプハーッとやりながらの応援でも、
いかにも高段者の生活者として 伊東家がかっこよくみえる。

posted by カルピス at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

むすこがお世話になった保育園の移転・新築計画

むすこがお世話になった保育園から
「応援する会」の案内がとどいた。
移転・新築するにあたり、ご協力をおねがいしたい、とある。
建物がふるくなり、改築が必要だけど、
市は整備費をすんなりはだしてくれない。
待機児童への対応として、定員数をふやすための計画なら
市からみとめられやすいので、
おもいきってあたらし場所へ移転・新築するという。
すでに市からは計画がみとめられ、
来年の4月からの開所にむけて建物の設計や、
近隣の自治会への説明会をひらいていく段階へとすすんでいる。
そして、いちばんの問題は財源の確保となるので、
「応援する会」をたちあげて、関係者に寄付をつのることとなった。

むすこが卒園してから14年もたつけれど、
この保育園にすっかりお世話になったという気もちが
いまもわたしにはある。
わたしだけでなく、おおくの保護者がおなじおもいをもっており、
会にあつまった元保護者からは、
当時をなつかしみ、感謝の気もちをあらたにし、
ちからになれることがあれば なんでもしたい、
という発言がおおくきかれた。

むすこがかよった保育園は、
「さくら・さくらんぼ」とよばれる保育をおこなっており、
ゼロ歳児から泥だらけになって「あそびきる」。
年長さんになってもよみ・かきや計算の勉強はまったくしない。
ものがたりをきき、それを絵にかいたり、
リズム体操やダンス、和太鼓にとりくむ。
ちいさな子どもたちは、
年長さんのたくましいすがたに あこがれてそだち、
年長さんがとりくむ和太鼓や体操を
尊敬のまなざしでみつめている。

わたしだってむすこにたいし、
親として できるだけのことをしたとおもっているけど、
ひととして大切なちからを
この保育園により やしなってもらえた。
わたしはむすこがなにをしても、
ひととしてちゃんとそだったとしんじられたので、
安心してほったらかした。

寄付をつのる、といわれると、
じっと下をみてやりすごしたいものだけど、
「応援する会」にかけつけた保護者・元保護者からは、
まえむきなアイデアがいくつもだされた。
職員の方だけでは負担がおおきすぎるので、
保護者の役員会で事務局をつくり、
これからの運動をすすめることになる。
いくらすぐれた方針の保育でも、
寄付となればまたべつな苦労をともなう。
でも、この園のためならと、
ファンとなった保護者がたくさんいる。
おおくのひとの協力をえて、
きっとすてきな新園舎ができあがるだろう。

posted by カルピス at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

たまには「おしゃべり」がしたくなる

すこしまえの「今日のダーリン」に
糸井重里さんが「おしゃべり」についてかいている。
お酒を飲む人たちが、「飲もうや」と集まるのも、
飲もうが飲むまいが「会おうか」と連絡とりあうのも、
学校や会社に「もうちょっといよう」と居残るのも、
電話しているのも、メールしているのも、
「ほんとうにしたいこと」は、ひとつなんじゃないか。
 
おしゃべりがしたい、ということ。

そういえば、たしかにそうだ。
おしゃべりがしたくての のみ会なので、
おしゃべりができそうにない会に わたしはいかない。
きっとわたしは「おしゃべり」をしないひとと、
職場でうけとめられているだろうけど、
自分では基本的に「おしゃべり」がすきだとおもっている。
自分ではなすだけでなく、ひとのおしゃべりをきくのもすき。

なにをおしゃべりしたいかというと、
こたえのない問題を、あーでもない こーでもないと
こねくりまわすのがたのしい。
たとえば「いかに生きるか」でもいいし、
なぜ日本人は外国語をまなぶのがにがてか、
みたいな問題もこれまでにずいぶんはなした。
イメージとしては、大学生が友だちのアパートにあそびにいき、
そこにまたほかの学生も顔をのぞかせ、
お酒をのみながらおしゃべりするかんじ。
仕事のはなしや、職場の人間関係については
はなしが生々しくなりやすいので できるだけさけたい。
外国のパブでよくありそうな、
先週おこなわれたサッカーの試合を
ファンどうしがふりかえっておしゃべりする、
みたいなのが、いかにも人畜無害でこのましい。
みじかくて 気のきいたセリフをさらっと口にする、というのは
いきな会話ではあるだろうけど、おしゃべりとはまたちがう。
おしゃべりには、あるていど かわされることばの量が必要だ。

すきなおしゃべりについての基本線はかたまっているけど、
日々の生活では あたりさわりのない会話にとどまっている。
友だちはすくないし、なんだかんだで毎日いそがしくすぎていくし。
だからこそ、糸井さんがいうように、おおくのひとが
わざわざ「おしゃべり」のためにあつまろうとするのだろう。
そとにでかけるのがおっくうなわたしは、
おしゃべりの機会をみおくることがおおい。
ブログはひとりでするおしゃべりみたいなものだろうか。
たまには時間をムダにつかい、
あーだこうだ おしゃべりしたくなった。

レストランでの食事をみたときに、
おしゃべりなカップルは不倫ちゅうのふたりで、
おしゃべりをしてないカップルが夫婦だと、
なにかの本にかいてあった。
わたしと配偶者の関係は、まさしく「夫婦」で、
おしゃべりにならない。
ここはひとつ、てっとりばやい解決策がもとめられる。

posted by カルピス at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする