2017年11月29日

『鳩の撃退法』(佐藤正午・小学館)

『鳩の撃退法』(佐藤正午)をよみだしたらとまらなくなった。
というのはちょっとおおげさだけど、
すごくおもしろいのはたしかだ。
まだ上巻の2/3くらいをうろついており、
本来なら、紹介するのは はやすぎる。
でも、あまりにもケタはずれの小説なので、
さいごまでよみおえたとしても、ストーリーの紹介や、
気のきいた感想なんて わたしの手にあまる。
よんでるとちゅうでの紹介でも、
ぜんぜん問題ないとひらきなおった。

ここでかきたいのは、
キンドル版がでていてたすかった、というはなしだ。
『鳩の撃退法』を、はじめは図書館からかりてよみはじめた。
うかつなことに、しばらく「つんどく」してから手にしたので、
返却日までには とてもよみおえられそうにない。
図書館に延長をねがいでると、予約が2件はいっており、
はやくても1ヶ月はまたなくてはならない。
図書館の線はあきらめた。
できるだけはやく、いますぐにでも、 小説の世界にもどりたい。
どうしたものか。
すこしかんがえてみると、
わたしには3つの選択肢がある。

・本屋さんでかう
・アマゾンに注文する
・キンドル版をかう

本屋さんに、『鳩の撃退法』がおいてあるとはかぎらないし、
アマゾンに注文しても、すぐにはよめない。
キンドル版をかうしかなかった。
キンドル版があってよかった。

キンドル版は、80%オフの1118円でかえる。
本だと上下巻とも1998円で、文庫本にはまだなってない。
キンドル版がでてなかったら、
どれだけ味けない何日かになっていただろう。
いまは、ひるま職場にいるときから、
お風呂とねるまえの読書をたのしみにしている。
生活、というか意識が『鳩の撃退法』を中心にまわっており、
これだけのよろこびをあたえてくれた本はひさしぶりだ。

こんなぶっとんだ本はよんだことがない。
樋口毅宏さんの『さらば雑司ヶ谷』を、
もっとやすっぽいハードボイルドにしたかんじ。
「やすっぽい」は、けなしているのではなく、
佐藤正午さんでなければかけない魅力であり、
これまでよんだことのないタイプのおもしろさだ。
むだぐちばかりたたいているようで、
やがて発言のすべてがからんでくる。
なにげなくかたられているセリフの行間に、
こんなにいろんな意味がかくされているなんて。
ひとが口にすることばは、
ひとつひとつの意味をきっちりおさえていくと、
たくさんの情報がうかびあがってくる。
『鳩の撃退法』は、計算しつくしたものがたりの構成と、
いっけんなんのへんてつもない会話のつみかさねにより、
読者をいろんな場所へひっぱっていく。
この本のおかげで、わたしはしあわせな数日を手にいれた。
キンドル版でも、紙の本でも、
ぜひ手にとるようおすすめしたい。
もうすぐ文庫化もされるそうだけど、
わたしはとてもそれまで まてなかった。

posted by カルピス at 22:02 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

「夜回り猫」(深谷かほる)になけた

「夜回り猫」(深谷かほる)の第324回になけた。
http://www.moae.jp/comic/yomawarineco
お腹をすかせながら夜回りをしている遠藤さんに、
「猫さん よかったら 食べものあるよ」
と犬が声をかけてくる。
「犬殿これは?」とたずねると、
「撲のだよ 父さんにもらった」という。
でも、じつは、そのフードをおきみやげに、
この犬はすてられたのだ。
それをしりつつ、犬は父さん・母さんをうらまないで、
ふたりをみおくっている。
うらむどころか、のこりすくなくなったフードを、
「僕のだよ」と、遠藤さんにすすめたところだった。

遠藤さん(夜回り猫)はいう。
おまいさん 心で泣きながら
黙って見送ったのか 偉かったな・・・

すてられながら、犬(ラブ)は、
さっていった父さん・母さんの無事をねがっている
きっと よほどのことだ
父さん 母さん 無事かな・・・
どこかで楽しく暮らしてくれればいいんだけど

遠藤さんはラブをちからづける。
「大丈夫・・・大丈夫! きっと大丈夫だ」

わたしは、この手のはなしにすごくよわい。
「心で泣きながら 黙って見送った」ラブの心情をさっすると、
なんとかしあわせに生きてと、ねがわずにおれない。
そんなラブを、「大丈夫だ」とはげます遠藤さん。
ことばえらびが的確で、ひとこと ひとことがツボをおさえている。
「犬殿 一緒にゴミでもあさらないか?」
とさそえるようなひとに わたしはなりたい。

posted by カルピス at 06:28 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

『ひとり上手な結婚』(山本文緒:文・伊藤理佐:漫画・講談社文庫)

『ひとり上手な結婚』(山本文緒:文・伊藤理佐:漫画・講談社文庫)

山本文緒さんと伊藤理佐さんが、
結婚をまえになやむ わかい男女からの相談にこたえていく。
おふたりとも、わたしがすきな表現者だ。
たまたまこの企画でいっしょになったのではなく、
まえからなかがよかったみたい。
わたしがすきなひとどうしが、
おたがいにみとめあう関係だというのがうれしい。

「トイレの跳ねが耐えられない!」など、
よせられる相談はさまざまだ。
回答する側は、ふたりで相談してからこたえるのではなく、
質問によっては、ちがう方針のアドバイスとなるときもある。
おふたりとも、しっかりした生活者であり、
地獄をみてきたひとなので、ぬるいアドバイスなどおくらない。
まっとうに生きていくうえで必要な、
きびしい(ときにはつめたい)意見をきかせてくれる。

「猫を飼いたい」という 女性からの質問があった。
ネコをかいたいけど、結婚するかもしれない あいての男性は、
「世話ができない」
「動物と一緒に住むなんて信じられない」など、
まるでその気がない、というなやみだ。

伊藤さんは現実にネコとくらしているので、
当然ネコ側にたったアドバイスをおくるかとおもっていたら、
原理原則をおさえた きびしいかんがえをのべている。
ネコや犬はペットであり、家族ではない、
というのが伊藤さんの基本方針だ。
よくある「崖話」では
知らない人間とうちの猫だったら
そのひとが「うちの親 殺した」とかじゃないかぎり
人間の方 助けます

猫・・・しかも「まだいない猫」が
人間・・・しかも「今の彼氏」より
大事なはずが ありましぇん

そのあと、
「猫問題」じゃなくて「彼氏問題」では?
と喝破しているのがさすがだ。

ネコは動物であり、人間の命のほうがとうといにきまっている。
どちらか一方しかたすけられない場合、
人間をえらぶのが当然だ。
と、知識としては理解しているつもりでも、
じっさいに そんな場面にでくわしたら、
おそらくわたしは とっさにうごけない。
「ちょっとまってね」と、時間をかせいで
ネコがたすかる道を、なんとかして さがそうとするだろう。
伊藤さんを「しっかりした生活者」というのはこういう点だ。
やっていいことと わるいことが はっきりしている。

ネコとくらせないような男と いっしょになる必要はない、と
わたしならこたえるだろう。
ネコが万事であり、相性がわるいのだから、
いまのうちにわかれたほうがおたがいのためだ。
人間なんだから、なんとか自分で崖からはいあがりなさい。
「猫問題」ではなくて「彼氏問題」、
という伊藤さんのみたてが、きっとただしい。

posted by カルピス at 12:49 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

『ラーメン放浪記』にまなぶ創意工夫の極意

『ラーメン放浪記』(富沢順)

たまたま手にしたマンガに、創意工夫の極意がかたられていた。
各話よみきりのストーリーは、毎回おなじながれだ。
主人公の青年が、いきだおれ寸前でたすけられ、
「ラーメンがたべたい・・・」とうわごとをつぶやく。
彼にかかわったひとたちは みんな親切で、
ちかくのラーメン屋さん
(なにかと問題をかかえている)へつれていき、
すきっぱらをとにかく解決しようとラーメンをたべさせる。
この青年は、じつはメンをうつことにかけて
ものすごい実力者で、2000とおりのラーメンをつくれるという。
彼がつくるものすごくおいしいラーメンにより、
お店は人気をとりもどしていく。
青年が、ラーメンにかたむける愛はすさまじく、
ラーメンによってひとをしあわせにできるとしんじている。
そしてさいごにかならず
いつだって答えは はるか彼方にある

と、ラーメン道の奥ぶかさがかたられるのだ。

はじめこれを「後方(こうほう)」とかいてあるのかとおもった。
すでにこころみてきた工夫のなかに、
こたえはちゃんとあるのだ、という意味だとおもった。
なんというふかいことばだろう。
こたえが、はるか前方にあるのはあたりまえだけど、
はるか後方にあった、というのは
現実の意外性をさりげなくあらわしている。

いろいろためしてみたものの、
けっきょくはじめのこころみがいちばんいいところをついていた、
というのをわたしはなんどか経験している。
なにかを計画したときも、
さらにそれをよくしようといろいろおもいつくけど、
たいていは、もとの計画のまますすめたほうが、まちがいない。
なにかが必要になり、あたらしくかわなくては、
とおもっていたものを、
じつはすでにもっていた、なんてのもわりとよくある。
あくまでも、わたしは、のはなしであり、
いろいろ工夫するなかで、レベルをたかめていった経験のあるひとは、
それなりにふかい人生を味わっておられるのだろう。
残念ながらわたしはそうでないことがおおかったので、
その学習をいかし、だんだんと工夫しない人間になったみたいだ。

「はるか 彼方にある」よりも、
「はるか 後方にあった」のほうがおもしろいとおもうけど。

posted by カルピス at 06:51 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

老人って、内面はわかいころとかわらないのかも

『ラジオ・ガガガ』(原田ひ香・双葉社)

ラジオ番組が脇役となっている短編集。
第1話の「3匹の子豚たち」にでてくる信子さんは
ラジオをきくのがすきな75歳の老人だ。
なんの状況説明もなく、いきなりラジオ番組のはなしがでてくるので、
いったいどこで・だれが・なにをしているのかがわからない。
苦情をいっているのではなく、これはひとつのテクニックだ。
情報がなければわからないほど、
老人と中年(たぶんわかものも)の内面に差はない。
本当に聴いてんのかよ、お前。ラジオ深夜便なんて老人相手のスローテンポな番組、聴いたことないくせに。あんなつまんないラジオ、私だって聴かないのに。27歳の男が?逆に気持ち悪いわ。

これは、ケアホームでの初日に、
信子さんが職員から趣味をたずねられている場面だ。
わかもののような胸のうちをきいているだけでは、
信子さんの年齢がつかめない。

老人というと、みかけが年よりであるとともに、
その内面までふけこんでいるようにおもいがちだけど、
信子さんは、わかいころからかわらないようにみえる。
信子さんだけでなく、老人は胸のなかで、
わかいころとおなじ思考をくりひろげているのではないか。
まわりが年よりあつかいをするし、
自分でもからだがまえのようにはうごかないので、
年よりであることをうけいれるしかないけど、
気もちはわかい、というよりも、わかいころとかわらない。
ただ、じっさいに口にするとややこしくなるので、
おとなしくほほえむだけでやりすごす。

このまえひさしぶりに配偶者の顔をじっとみたら、
ずいぶんふけこんでいたのにおどろいた。
むこうも、わたしの顔をもしじっくりみたら、
おなじようにおもうだろう。
自分では そんなにまえとかわってないつもりでも、
まわりからみればりっぱな中高年世代だ。
あと20年すれば、だれがどうみても老人であり、
老人としてあつかわれるようになる。
くりかえすけど、内面はまえといっしょなのに。

「3匹の子豚たち」をよみすすめるうちに、
信子さんがラジオをきくようになったきっかけや、
3人のむすこが、それぞれのやり方で
信子さんを心配しているのがわかってくる。
微妙な距離感で子どもたちをそだてたのは、
ほかならぬ信子さんであり、
その信子さんをささえてきたのが深夜放送と、
よくねられた構成がうまく、ラストがまたきまっている。
もうするべき仕事はすべておえた、とおもっていた信子さんが、
おもいがけず、あたらしいスタートをきれそうだ。

posted by カルピス at 21:44 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする