2017年07月26日

村上春樹の「午後の最後の芝生」にでてくる女性は、防衛家のヒトビトの「母さん」だ

村上春樹の「午後の最後の芝生」にでてくる女性は
なんだかかわったはなしかたをする。
まえの記事で、ジャンヌ=モローにいている、
なんてかいたこともある。
http://parupisupipi.seesaa.net/article/368213203.html
「亭主は休みになると芝生ばかり刈ってたよ。それほど変人ってわけでもなかったんだけどね」(中略)
「亭主が死んでからは」と女は言った。「ずっと業者に来てもらってんだよ。あたしは太陽に弱いし、娘は日焼けを嫌がるしさ。ま、日焼けはべつにしたって若い女の子が芝刈りなんてやるわきゃないけどね」

このまえふとおもいついた。
この女性は、朝日新聞に連載ちゅうのマンガ、
「地球防衛家のヒトビト」(しりあがり寿)にでてくる「母さん」だ。
もし本人でなければ、「最後の芝生」にでてくる女性のいもうとさんが
「母さん」かもしれない。
ややこしい関係だけど、ふたりとも雰囲気がそっくりなのだ。

でも、「母さん」を小説の中年女性にすえると、
ものがたりのふかみがまるでちがってくる。
小説をかいたことがないのでよくわからないけど、
登場人物をひとりいれかえるだけで、
小説はまるでちがう作品になってしまうのに気づいた。
「最後の芝生」の中年女性と、「防衛家のお母さん」は、
たとえよくにたしゃべりかただったとしても、
いれかえがきかない存在だ。
おたがいに、自分のホームでないと生きられない。

『55歳からのハローライフ』(村上龍)に、
「空を飛ぶ夢をもう一度」という短編がおさめられている。
重病の友人につきそいながら、
バスにのって さいごの旅にでかけるはなしだ。
あらすじはすこしもにてないのに、
ふるいアメリカ映画『真夜中のカウボーイ』のラストをおもわせる。
登場人物のひととなりは、映画とぜんぜんちがうのに、
その場面の雰囲気がよくにているので、パクリにみえてしまう。
パクリといってわるければ、
オマージュでも、インスパイアでもいいけれど、
村上龍さんは、確信的に『真夜中のカウボーイ』を
自分の小説にとりこんでいる。

小説のなかに、雰囲気はにているけど、
キャラクターとしてはぜんぜんちがうひとをもってくると、
作品世界がまったくくずれてしまう。
それに対し、病人をバスにつれこむ設定だけがおなじで、
あとはまるでちがう状況をえがいていても、
元ネタがすぐにわかる作品もある。

なぜいっぽうは、にていても、とりかえがきかないのに、
もういっぽうは、にてないのに、全体の雰囲気がいっしょになるのか。
いいところをついたつもりだったけど、
このままではうまく整理できていない。
この夏の課題としたい。

posted by カルピス at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

『ベスト10 本の雑誌』本の雑誌がえらんできた28年間のベスト10

『ベスト10 本の雑誌』(本の雑誌社)

1989年から2016年まで。28年間に本の雑誌が選んだ年間ベスト10がこれだ!

とある。
28年にわたるながい年月のなかで、
「本の雑誌」がとりあげてきた最良の記事を
10えらんだのかとおもっていたけど、ちがった。
『本の雑誌』は、毎年1月号に、その年のベスト10をえらんでおり、
この本は、28年分の座談会をぜんぶまとめたものだ。
28年分の「年間ベスト10」があつめられると、
たしかにこれは、ひとつのまとまりであり、
本えらびに役だちそうだ。
1500円(プラス税)なのですこしまよったけど、
目黒考二さんの「まえがき」をよむと、
この本は かうだけのねうちがあるとおもえてくる。
きちんと議論せず、声の大きい者、早く発言した者の推薦本がいつも上位を独占している、という批判はあるかもしれない。そう指摘する人がいたら、すみません、と言うしかない。本当にそうなのだから。ただひとつ言えることは、こういうベスト10はお遊びだということだ。もともと本に順位をつけること自体が可笑しいのである。本とはそういうものではない。だからこれは、お遊びにすぎない。

わたしも、ずいぶんテキトーなはなしあいで
ベスト10がきまってしまう座談会をよみ、
さすがにこれはいいかげんすぎると、しばしばおもっていた。
でも、「お遊び」とおもえば 納得できるし、
よくそのスタイルを28年間もつづけたものだと感心する。
その年のベスト10を参考に、本をよんでみると、
わたしにはさっぱりよさがわからないものがある。
本の雑誌がえらぶベスト10と、わたしのこのみは、
たいして相性がよくないけれど、
一年にいちどのおまつりとして、毎年たのしみにしている。

ベスト10えらびをまとめてよんでいると、
1回の座談会を もっとながく紙面にのこしたほうが
いいようにおもえてくる。
討論を、たった7ページにまとめてしまうのではなく、
議論をつくして作品のよさをつたえてほしい。
一年にいちどのイベントなのだから、
ほかの企画はサラッとながして、
圧倒的なボリュームを、ベスト10えらびにささげたほうがいい。
なぜ自分はこの本をえらんだのかを、
推薦するものが、くわしくはなしてくれたら、
読者はきっとその本をよみたくなる。
バランスなんてかんがえず、
「超大型特集」としてのベスト10をよんでみたい。
そうすると、別冊の形になってしまうのだろうか。
ほかではみられないいいかげんな座談会を、
もっとおもうぞんぶんによみたい。

posted by カルピス at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

『55歳からのハローライフ』(村上龍)

『55歳からのハローライフ』(村上龍・幻冬舎文庫)

定年後の生活が、5つの短編におさめられている。
だれにとっても定年後のくらしは はじめての体験で、
お金があってもなくても、配偶者がいてもいなくても、
おもっていたとおりにはすすまない。
なにがそんなにむつかしいのだろう。

「キャンピングカー」は、
ひとりよがりに男がえがきがちな
定年後の「夢」についてのはなし。
主人公の男性は、早期退職したら、
妻をさそって、キャンピングカーによる
気ままな旅行をたのしみにしていた。
でも、秘密にしていた計画を家族にうちあけると、
妻はおもってもみなかった反応をしめす。
自分にはほかにやりたいことがあるのだから、
「気ままな」旅行はぜんぜんありがたくないし、
キャンピングカーに1000万円もつかうのは
経済的にも賛成できない、というのが妻のいいぶんだ。

男性がたのしみにしていた老後の計画は、
妻のネガティブな反応でいっぺんにくずれる。
男性は不機嫌になり、家族との関係がぎくしゃくしはじめる。
お金のことが心配というのなら、再就職してやると、
男性はしりあいに かるい気もちではなしをもちかけた。
でも、以前のつきあいがいかにふかくても、
いったん会社をやめてしまえば、むかしの肩書は通用しない。
あわてて再就職・転職セミナーにでかけても、
営業職だけについていたこの男性は、
ほかの会社が必要とするキャリアにとぼしく、
とても一流企業への再就職などかなわない。
自分がおかれている現実のきびしさに、男性はようやく気づく。
ハローワークで仕事をさがしても、
自分の能力を発揮できそうな仕事はなく、
検索にひっかかるのは、
交通整理やビルの清掃といったものばかりだ。

交通整理やビルの清掃でいいではないかとわたしはおもう。
キャンピングカーでの旅行だって、
妻がのり気でないなら、ひとりでいけばいいのに。
でも、妻との「気ままな」旅行が この男性の夢であり、
定年退職後の優雅な生活のシンボルだったのだから、
ひとりで、というわけにはいかないのだろう。
それに、だれも自分を正当に評価してくれないのがつらい。
男って、めんどくさくて かなしい生きものだ。
妻はぜったいによろこんでくれると
きめてかかっていたおもいこみが あわれをさそう。
わたしには、1000万円もするキャンピングカーは
とてもかえないし、興味もない。
わたしがやりたいのはスーパーカブでの旅行なので、
はじめから配偶者をあてにしてはいない。

とはいえ、わたしだって老後に配偶者をさそい
フランスのワイナリーをたずねたい、なんて
ときどきおもいえがく。
わたしが配偶者にこの提案をしたとき、
さっと顔がくもらないよう ねがうばかりだ。

posted by カルピス at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

『走れ、走って、逃げろ』少年はなぜまえをむきつづけられたのか

『走れ、走って、逃げろ』
(ウーリー=オルレブ・母袋夏生:訳・岩波書店)

ワルシャワのゲットー(ユダヤ人居住区)からにげだした少年が、
森と農村を放浪しながら生きのびるはなし。
家族はどこにいるのかわからなくなり、
仲間ができたかとおもうと、ドイツ兵がきてバラバラにされ、
親切な農家で仕事ができるようになったかとおもうと、
ユダヤ人であることが村のひとにしれ、
家をでなければならなくなったり。
これでもかと過酷な試練がうちよせるけど、
少年はまえむきな気もちをたもちつづけ、
生きのびることだけをかんがえる。
日にちは数えなかった。瞬間瞬間を、一時間一時間を生きていた。朝から夜までを生きた。

うでを脱穀機にまきこまれ、
すぐに手術すればたすかるのに、
医者はユダヤ人を治療するのをことわる。
ほかの医者がきてくれたときには
壊疽がすすみ、うでをきりおとさなければならなかった。
片腕になっても、少年はけしていじけない。
どうしたら まえとおなじように仕事ができるかと、
工夫と練習をかさねて、なんでもひとりでこなせるようになる。

めちゃくちゃかわいそうなはなしだけど、
「かわいそう」と少年にむかっていえば、
きっと彼は、そんなあわれみはいらないというだろう。
ほかのひととおなじ仕事ができること、
ひとりでも生きていけるちからを身につけたことに
少年はほこりをもっている。
たびたび困難がおしよせても、
少年は自分で方針をきめ、自分でうごく。
少年はどうしたら生きのびられか 知恵をしぼる。
生まれもったあかるい笑顔でにっこりほほえむと、
親切なひとが食事や仕事をあたえてくれるときもある。
「イエスさまにみさかえあれ」と、
宗教にのっとって きちんとあいさつすると、
相手はそれなりの態度で少年にせっしてくれた。
少年は戦争をいきのび、
やがて学校にかよい、大学まですすむ。
彼のつよさは、けして自分をあわれむのをゆるさない。

しりあいとはなしていたら、
岩ガキをどうやってたべるか、というはなしになった。
岩ガキをこじあけるのは、あんがいむつかしいらしい。
苦労してくちをひらいても、
しりあいはあまりカキがすきではないそうだ。
「かわいそうでしょー」といわれる。
そうか。たしかにかわいそうかも。
ナチにおわれて放浪しながら生きる少年は、
自分をかわいそうとおもっておらず、
カキをまえによろこべないしりあいは、
みずから「かわいそうでしょー」という。
「かわいそう」にはいろいろあるなー。

posted by カルピス at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

『アホは神の望み』(村上和雄)

大橋悦夫氏がシゴタノ!で
『アホは神の望み』(村上和雄・サンマーク出版)にふれておられた。
http://cyblog.jp/modules/weblogs/28141
いかにもわたしごのみのタイトルなので、
図書館でかりてよむ。
計算だかい秀才よりも、「神はバカ正直なひとにほほ笑む」と、
いろんな実例をあげて愚直に生きることの大切さがかかれている。
ひっかかったのは、
純粋な理論研究も大事だが、その理論が現実の生活に役立ってこそ意味がある

というところで、
梅棹忠夫さんの『私の生きがい論』にある
できるだけやくにたたないで生きたい、というのと
正反対のとらえ方だ。
一般的には、もちろん 「役立ってこそ意味がある」のほうが
うけいれられるだろうけど、
どうも「やくだつ」をいいはじめると
おもしろさと不思議さがうすまってしまう気がする。
たとえばバカボンのパパは、社会やひとのやくにたちたいとは、
おそらくかんがえていない。
ただすきだから、やいたいから まわりの目を気にせずに、
のびのびとふるまっている。
バカボンのパパみたいなひとこそ 神さまから愛されるはずなのに、
「やくにたたない」からダメときりすててはもったいない。

「ひらがな」についてもふれてある。
平易なものの中にこそほんとうに深いものは存在しているのではないでしょうか。深いことはやさしく伝えられるべきで、やさしくかみ砕いていえない真理は本物ではないーは私にはそう思えます。

わたしの文章は、ひらがなのわりあいがかなりたかく、
なれないひとには、かえってよみにくいようだ。
よんでみて わかりにくいというよりも、
ひらがなのおおさがあまりにも異質なため、
生理的な嫌悪感をまねくのではないか。
よみやすく、わかりやすい文章をこころがけているのに、
反対の感想をきくのは残念だ。
よみにくくならないよう、みじかいセンテンスをこころがけ、
ときには「わかちがき」もとりいれて、
漢字がはたしている視覚的なくぎりとしている。
ただ、ますますひらがながおおくなる傾向も
たしかにかんじている。
まえは、訓よみは原則としてひらがなで、という
おだやかな方針だったけど、
いまではさらに戦闘的となり、
音よみでも できるだけひらがなをつかう。
そのほうが わたしにとって 視覚的にうつくしいからで、
このままいくと、数年後には、
ほとんど漢字をつかわないブログになりそうだ。
10年つづけてブログかこうと 目標にしているけれど、
もしかしたら 10年目にかくブログは、
ひらがなだけの文章でゴールインするかもしれない。
きっとそれがわたしの文章の完成形だ。

posted by カルピス at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする