2022年09月17日

『世界一簡単なフランス語の本』すぐに「ル・モンド」の社説がよめる

『世界一簡単なフランス語の本』
(中条省平・幻冬社新書)

わたしはわかいころ、かなりの時間とエネルギーを、
フランス語の学習にあてた時期がある。
たくさんの本やカセットをかい、コツコツと勉強をつづけた。
にもかかわらず、フランス語はわたしの手をするりとぬけ、
けっきょくはものにならなかった。

中条さんは、フランス語をものにすることが、
どれだけむつかしいかをよく理解したうえで、
「読めれば、できる」というあたらしいこころみをうちだしている。
本書をおわりまでよめば、フランス語の新聞、
「ル・モンド」の社説でもよめる、
というのが本書のセールスポイントだ。
あくまでも声にだして「よめる」であり、
よめるからといって、意味までもわかるわけではないけど。
そもそも英語のつづりがめちゃくちゃなのであり、
さらにいえば、日本語だって漢字をつかわないでかけば、
ごく初期の学習者でも、よむだけならかんたんにできる。

中条さんは、まずフランス語のアルファベットを
カタカナで「よめる」ようにする。
そのあとで、「コマンタレブー」とか「ジュテーム」とか、
だれでもきいたことのあるフランス語から
文のなりたちを説明する。
むつかしい発音記号なんて、いっさいなし。
日本語にない発音も、堂々とカタカナであらわしてくれる。
ややこしい動詞の活用も、語尾のつづりがどうあれ、
発音はどれもたいていっしょだと 大胆に整理してある。

そして、じっさいのフランス語は「ブー」とか「メルシー」
とかのばさない、ということもしっかりおさえている。
はずかしながら、わたしがしらなかったこともおおく、
この本に目をとおしたことで、
まちがいなくわたしのフランス語は上達した。

「世界一簡単」といっても、フランス語をまったくしらないひとには、
すこしこの本はしきいがたかいかもしれない。
大学の、第二外国語にフランス語をえらび、挫折したひとなどが、
この本のターゲットとなる。
わたしは、みごとにドンピシャの対象者で、
フランス語の勉強は、じつに30年ぶりだった。
そんな初心者もどきのわたしでも、さいごまで目をとおすうちに、
ちゃっかりフランス語のエッセンスを身につけたような気がする。
フランス語学習の再入門書として、本書をつよくおすすめしたい。

posted by カルピス at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月01日

「全国書店員が選んだいちばん!売りたい本 本屋大賞」

「web本の雑誌」に、
「本屋大賞ができるまで」が連載されている。
https://www.webdoku.jp/column/sugie/2022/04/14/052723.html
「本屋大賞」の創設にかかわった杉江さん(「本の雑誌」社員)が、
18年まえをふりかえり、賞をつくったいきさつをふりかえるものだ。
わたしは「本屋大賞」とあまり相性がよくなく、
1位になったものでおもしろかったのは、
『博士の愛した数式』(小川洋子)と
『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子)しかない。
ノミネートされたほかの作品のほうが、
おもしろくよめた年がおおい。
1位との相性のわるさに気づいてからは、
話題になっていてもあえて手をださなくなった。

とはいえ、連載ちゅうの「本屋大賞ができるまで」をよむと、
本をうりたいという、関係者たちのあついおもいがつたわってくる。
あたらしいことをはじめるとき特有の高揚感にあふれている。
高頭さんがすくっと席を立ち、ホワイトボードに歩み寄る。
「私たち書店員は、本を読むプロではないから「おもしろい」と評価することはできません。その代わり、私たちは本を売るプロです。だから、ここは...と言って、「おもしろい」を消して、「売りたい」と書き換えた。


posted by カルピス at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月26日

『よるくま』(酒井駒子・偕成社)

『よるくま』(酒井駒子・偕成社)

朝日新聞に連載されている
「きみが生まれた日」でとりあげられていた。
ていねいにかかれた絵と、色づかいが印象的だ。

じっさいに手にとると、絵本のよさが
とてもいいかたちでいかされている。
青色の表紙に黄色い字で
「よるくま」とタイトルがかかれている。
青と黄のつかい方が絶妙で、夜のしずけさと、
家のあたたかさがつたわってくる。
大切な宝物にしたくなる一冊だ。

ある夜、男の子の家に、くまのこがたずねてくる。
その子の名前が「よるくま」で、タイトルとなっている。
目がさめたらおかあさんがいなかった、
といってさみしがるよるくま。
男の子は、「よるくま」といっしょに
おかあさんをさがしに外へでる・・・。

おかあさんがいないさみしさ、不安、
おかあさんがみつかったときのよろこび。
よむうちに、あたたかなもので胸がみたされてくる。
ちいさな子にとって、おかあさんがただいるだけで、
どれだけ安心をあたえてくれるか。

奥付をみると、1999年の10月に1刷がだされ、
2010年の8月までに75刷、
2010年に2版の1刷がだされると、
2021年の8月までに42刷をかぞえている。
どれだけたくさんの親子が、
この絵本であたたかな気もちになったのだろう。
わたしの姪が、もうすぐ赤ちゃんをうむそうなので、
この絵本をプレゼントしたくなった。

posted by カルピス at 20:40 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月31日

『狩られる者たち』ややこしいけど猛烈なおもしろさ

『狩られる者たち』
(アルネ=ダール・田口俊樹・矢島真里:訳・小学館文庫)

『狩られる者たち』をよみおえる。
ややこしく、いりくんだはなしで、
なんどもページをさかのぼってよみかえさなくてはならず、
お酒のせいもあって なかなかさきへすすまない。
めんどくさくなってなげだすか、というわけではなく、
妙にひっかかるものがあり、なんとか作者のかたりについていく。
序盤をすぎると、複雑怪奇なできごとにこころをうばわれ、
すっかりダールの独特な世界にはまっている。
どうやらこの作品には、前編となるもう一冊があり、
それにも目をくばる必要がありそうだ。

『狩られる者たち』をよみおえると、
すぐに前編である『時計仕掛けの歪んだ罠』をよみたくなる。
かいにゆくのをつぎの休日にすると、
そのあいだにべつの本をよみはじめてしまう。
できれば、というか、どうしても
ダールの作品をつづけてよみたかった。
夜の9時半に、きゅうにおもいたって本屋さんへゆく。
ふだんは夕ごはんのあと家をでたりしないけど、
夜10時までひらいている本屋さんがちかくにあるのだから、
お世話にならない手はない。

夜の本屋さんは、ひるまとはまたちがったいい雰囲気だった。
お客さんがすくなく、店員さんもどことなくのんびりした表情だ。
海外ミステリーの棚をのぞくと、
さいわい『時計仕掛けの歪んだ罠』がならんでいた。
たのしみにしていたピーター=スワンソンの邦訳3冊目である
『アリスが語らないこと』も目についたのでかっておいた。
夢中になれるミステリーが手もとにあるのは とてもしあわせだ。

posted by カルピス at 21:33 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月16日

「下着の捨てどき」が気になる

『下着の捨てどき』(平松洋子・文春文庫)

タイトルにひかれた。
わたしの好奇心が、というより スケベごころが
ついタイトルだけでこの本をえらんでしまったけど、
ひとりの女性が、どういう基準で下着をすてるのか、
おとこだったら とても気になるのではないか。
女性は、いったいどういうときに、
これまでつかってきた下着をすてようときめるのか。

平松さんにとっての、下着をすてようときめる瞬間は、
捨てどきかな?と頭を掠めたとき

なのだそうで、おおくの場合、
下着がゆるくなったとかんじはじめると、
すてる日がちかいようだ。
そういわれると、あたりまえのようにおもいがちだけど、
「捨てどきがむつかしいのは、自分を問われているから」
と平松さんは分析しており、なるほどな、とおもう。

自分のことでいうと、わたしはパンツをきっぱりすてられない。
もうすこしはけそうな気がして、
洗濯機にいれ、よごれがめだったり、
かなりゆるくなってから、ようやくすてる決心がつく。
もうひとつ、これまでなんどもかいてきたけど、
ズボンのことをパンツといわず、
下着のパンツを ちゃんとパンツという女性がすきだ。
酒井順子さんみたいに。

posted by カルピス at 21:34 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする