2020年07月03日

『クロールー凶暴領域ー』

『クロールー凶暴領域ー』
(アレクサンドル=アジャ:監督・2019・アメリカ)

フロリダの町にハリケーンがちかづいてきた。
はげしい雨に町は水びたしとなる。
連絡がとれない父親を心配し、
女子大学生のヘイリーは、家のようすをみにいく。
地下室で、ようやく父親をみつけたけど、
地下室にはワニが何匹もはいりこんでいた。
地下室だけでなく、池みたいになったとおりにも、
ワニがうじゃうじゃいる。

ストーリーはかんたんだけど、家のなかやまわりを、
ワニがうようよおよいでいる、という設定がおっかない。
まえに『ワニの町へ来たスパイ』というミステリーをよんだ。
こちらはルイジアナ州が舞台で、ストーリーにワニがからんでいる。
アメリカ南部の町は、そんなふうに、
ワニが身ぢかな存在なのだろうか。

ヘイリーは、やっとみつけたお父さんを、
地下室からたすけだそうとするけど、
ワニが何匹もいるので、うっかりうごけない。
おれが排水管をたたいてワニの気をひくから、
おまえはおよいで階段までいけ、なんて
お父さんが提案していたけど、
ちょっとあぶないんじゃないかとおもう。
そのすこしあとでは、ワニは水しぶきに反応するので、
水しぶきをたてなければ大丈夫だ、といいながら、
とおりのむこうにうかんでいるボートを、
ヘイリーにとりにいかせたりする。
はじめはぬき足さし足でヘイリーはすすんでいたのに、
とちゅうから「いそいでおよげ!」に方針がかわる。
けっこうテキトーな指示をだすおとうさんだ。

そもそも、いくら水泳選手でも、
服をきたかっこうで、ワニよりはやくはおよげない。
ただ、作品の冒頭に、ヘイリーが水泳大会でおよぐ場面があり、
あれぐらいはやくおよげるひとなら ひょっとして、
とおもわせるから、わかい水泳選手をヒロインにすえたのはうまい。
はじめのころヘイリーは、半分水につかりながらワニからにげていた。
それが終盤になると、ワニとおよいで勝負、にかわってくる。
あいてがサメだと、およいでにげるのはぜったい無理だけど、
ワニだったらなんとかなるような気がする。
何匹のワニにおわれながら、必死でにげるヘイリーがリアルだ。
もと水泳選手だったわたしだけど、
いまではきわめてゆっくりしかおよげない。
冒頭の水泳大会で、選手たちがみせたおよぎはほんものだった。
きれいで迫力のあるクロールをみて、
この映画への評価があまくなったみたいだ。

posted by カルピス at 20:43 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

映画『風と共に去りぬ』にひそむ人種差別

映画『風と共に去りぬ』が、黒人差別的だという理由から、
アメリカの動画配信サービス
「HBO Max」のラインナップからはずされた、
ときょうの朝日新聞にのっていた。
脚本家のジョン=リドリー氏による批判がきっかけだという。
映画は南北戦争前の南部を美化し、有色人種の最も痛ましいステレオタイプを永続させている

わたしが高校生のころ『風と共に去りぬ』をみたとき、
「奴隷制って、そんなにわるくなさそうじゃない?」
という感想をもった。
スカーレットにつく めしつかいの黒人女性は、
お屋敷のすべてをしきってるようだったし、
男性の使用人も、やりがいをもってはたらいていた。
黒人と白人が、おたがいにたすけあって生きているようにみえた。
うっかり そうおもわせてしまうつくりだから
この作品が問題にされるのだろう。
奴隷制や人種差別についての知識がないと、
映画をみたとおりにしんじてしまう。
「HBO Max」は、本編のまえに歴史の解説をつけたうえで、
ふたたび『風と共に去りぬ』の配信をはじめたという。

アメリカのミネアポリスで、黒人のフロイド氏が
警官にころされた事件から1ヶ月以上すぎた。
アメリカだけでなく、世界じゅうで抗議のうごきがつづいている。
アメリカはなんてひどい国だろう、と批判するのはかんたんだけど、
日本にだって外国人にたいする差別があるし、
女性差別、障害者差別と、あらゆるところに差別がはびこっている。
フロイド氏の事件がきっかけで、
アメリカの黒人だけでなく、白人も参加して、
人種差別に抗議するうごきがたかまっているという。
白人にとっても、いまのアメリカにのこる差別問題は、
けして他人事でなくなっているのだろう。
そんなふうにして、目のまえにおきていることに、
声をだしていくしかない。
『風と共に去りぬ』のあつかいはそのひとつであり、
かつては『ちびくろサンボ』が問題視されたし、
色えんぴつからは「はだいろ」がなくなった。
フロイド氏の事件をおもくうけとめ、
人種差別がなくなる方向へ 世界がかわるよう ねがっている。

posted by カルピス at 21:40 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

いまさらながら『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
(タランティーノ:監督・2019年・アメリカ)

むだなおしゃべりがやたらにおおく、
いったいなにがいいたいのかよくわからないまま
ずるずるとストーリーがすすんでいく。
ラストは、ディカプリオの家におしいってきたヒッピーたちを、
プラピとディカプリオがめちゃくちゃな暴力でやっつけて、
おとなりさんから「たいへんだったね」と家に招待される。
そこでエンディングとなるのだけど、
わたしは、いままでがながすぎたオープンングで、
本編がここからはじまるのかとおもった。
タランティーノ作品らしい、いかれた映画だ。
わるくないけど、え、これでおわり?とずっこけた。
まあ、ディカプリオとブラピが主役で、
タランティーノ作品なのだから、いいじゃないの、というかんじ。

ディカプリオは、おちめの役者リック=ダルトンをえんじ、
ブラピはクリフ=ブース役で彼のスタントマンをつとめる。
ブラピは過去になにかと問題をおこし、
いまではスタントマンの仕事がまわってこない。
ディカプリオは、酒をのみすぎて、
セリフをおぼえられなくなった、おちめの役者だ。
むかしは主演をつとめてきたキャリアがありながら、
いまでは自信をなくし、2番目のポジションで満足している。
8歳の子役に演技をほめられてなみだぐんだり、
なんとかぶじに演技をおえると、緊張がほぐれてぐったりとなる。
ディカプリオがよくこの役をひきうけたとおもう。
自宅ちかくにまぎれこんだヒッピーにわめきちらしたり、
プールにゴムボートをうかべて酒をのむのが習慣だったりと、
いいとこなしのディカプリオにくらべ、
ブラピは自分をうしなわず、なにをやってもかっこいい男だ。

おちめのディカプリオに、これからイタリアへいって
マカロニウエスタンにでろとすすめるプロデューサーが
アルパチーノだったとは、わからなかった。
映画『大脱走』の撮影現場で
ディカプリオがオーディションをうけていたり、
プラピがブルース=リーとカンフーでたたかったりと、
いろんとあそんであり、ゴージャスな作品にしあがっている。

ネットには「シャロン=テート事件」が背景と、
さかんにかかれているけど、そんなのしらなくても
この作品をみるぶんにはぜんぜんかまわない。
シャロン=テート役のマーゴット=ロビーが
ミニスカートをひらひらさせてあるくのが かわいい。
60年代のハリウッドの雰囲気を、
タランティーノがお金をたっぷりかけて再現した作品だ。

posted by カルピス at 21:02 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

映画『タイタニック』のおもいで

車のなかでラジオ番組の「音楽遊覧船」をきいていたら
映画『タイタニック』の主題歌がリクエストされた。
1997年に公開されたというから、もう23年もまえの作品だ。
『タイタニック』みたいな超大作は、
どうしてもななめにかまえてしまい、
公開したときには みずにすませることがおおい。

『タイタニック』がもうすぐ公開されるというころ、
わたしがつとめていた介護事業所に、
見学と体験をかねて中学生のひとクラスがきていた。
牛乳パックをつかった紙すきをいっしょにしていたら、
ひとりのおしゃべりでげんきのいい男の子が、
こんどくる『タイタニック』についてはなしだした。
主演のディカプリオの魅力、
監督のジェームズ=キャメロンが
これまでにつくってきた作品のおもしろさ。
新作の『タイタニック』が、どれだけすごい作品か。
あまりにも熱のはいったおしゃべりなので、
大作映画にはいかない主義のわたしも、
では、みてみようか、という気になった。

23年たったいま、内容については断片しかおぼえていない。
さむさによわいわたしは、
つめたい海にしずんでいくディカプリオをみて、
ああいう死に方はいやだとおもった。
船がしずむとわかっていながら、
最後まで演奏をつづけた音楽家も印象にのこる。
じょうずにつくられた作品で、映像の迫力と、
主演のふたりがむすばれずにわかれた場面など、
ふかく満足して映画館をでたようにおもう。

はなしをもとにもどすと、
車のなかに『タイタニック』の主題歌がながれ、
いっしょにのっていたひとが、「ポーランド」といった。
ポーランドから出航したはなし、と記憶していたらしい。
「いや、ポーランドではなくアイルランドでしょ」
とわたしはわかったようなことをいった。
家にかえってしらべると、イギリスのサウサンプトンを出発し、
ニューヨークをめざした航海ではないか。
よくしっているひとがきいてなくてよかった。

わたしに『タイタニック』をみるようすすめてくれた
男の子は、どんなおとなに成長しただろう。
いまは30代後半になっているはずだ。
自分が興味をもっているものについて、
初対面のおとなにも、熱心にかたる素直さを
いまもたもっていてくれたらうれしい。
『タイタニック』というと、ディカプリオよりも、
あの中学生のことがあたまにうかぶ。

posted by カルピス at 22:00 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

ネコ映画としての『ゴッドファーザー』

『ゴッドファーザー』
(フランシス=フォード=コッポラ:監督・1972年・アメリカ)

BSプレミアムで放送されていた。
もうなんどもみてるけど、
「こういうときだからこそ」と
あんまりよくわからない理由をつけて録画する。
何回かにわけてみた。

オープニングで印象にのこるのは、
ドン=コルレオーネがひざにだいているネコだ。
子ネコというほどちいさくはないけれど、
性格はまだ赤ちゃんで、ドンの手にずっとじゃれついている。
葬儀屋のボナセーラがドンにおねがいしている最中、
ドンはひざにだいたネコをずっといじっている。
ただネコをなでるのなら、そうむつかしくないだろうけど、
あそぶのに夢中になっているネコを、
いいかげんにあやす手つきがすばらしかった。
ネコの出演は、まえから予定されていたものではなく、
マーロン=ブランドがたまたまネコをスタジオでみつけ、
撮影につれてきた、といわれている(ウィキペディア)。
ボナセーラの陳情のなまなましさと、
むじゃきにあそぶネコとのギャップが、
作品にリアリティをあたえている。

パート1の一週間後、こんどはパート2が放映された。
パート2のすぐあとに、旅番組「世界ふれあい街歩き」が
シチリアのパレルモをとりあげていた。
ゴッドファーザーのあとでパレルモ。
ただの偶然なのか、意図的な配置なのか。
「世界ふれあい街歩き」では、ほかの文化にたいして寛容で、
とてもくらしやすい町としてパレルモを紹介している。
一見すると、こぎれいで、いごこちのいい町にみえる。
ただ、番組でナレーターをつとめる女性のはなし方が、
かわいらしくふるまいすぎ、鼻についた。
たのしくて、たのしくて、みたいな案内ではなく、
目にはいったものを、淡々と紹介するだけでじゅうぶんなのに。

パレルモといえば、「ゴッドファーザー」により、
マフィアの町としての印象がつよい。
そして、村上春樹さんも『遠い太鼓』のなかで、
パレルモのことをかなりわるくかいている。
まずとにかく街が汚い。すべてがうらぶれて、色褪せて、うす汚れている。街を構成する建物のおおかたは一言でいえば醜悪である。そして街を行く人々の顔は無表情で、どことなく暗い。車が多すぎて、騒音がひどく、都市機能は見るからに貧弱である。そしてこれはあとでわかったことだが、街には暴力犯罪があふれ、人々は猜疑心が強く、よそ者に対してひどく冷たい。

『遠い太鼓』が出版されたのは1990年だから、
30年のあいだに、画期的な改革がおこなわれた可能性もあるけど、
これだけひどくかかれると、
うえつけられたイメージはなかなかかわらない。
ただ、レストランとアイスクリームだけは村上さんもほめていた。

家族を土地のマフィアにころされたビトーは、
アメリカでちからをつけたのち、ふたたびシシリーをおとずれる。
たとえあいてがヨボヨボの老人であっても、きっちり復讐をはたす。
どんなにむかしのことでも
わすれないでおとしまえをつける風習は、
そうかんたんにかわらないのではないか。
パレルモの素顔をしるには、自分がいってみるしかないけど、
村上さんの記述の印象がつよく、
たずねたい気がぜんぜんおこらない。

posted by カルピス at 21:43 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする