2017年11月10日

ブラジルをあいてに1-3

善戦したというべきだろう、ブラジルをあいてに1-3。
ブラジルは、これまでだと、ゆっくり試合をはじめ、
ここというときだけギアをあげるプレーがおおかったけど、
チッチ監督にかわってからは、守備と攻撃に、
全員が連動してうごきまわるようになった。
ボールをうばうと、すぐにトップスピードでのカウンター。
ますますスキのないチームになった印象だ。

ブラジルは、もちろんうまかったし、
とくに前半はスピードがはやく、
ファールでしかとめられなかった。
とはいえ、日本の3失点のうち2点はPKがらみで、
完全にくずされたのは1点だけだ
(あいてのミスにもたすけられたけど)。
この試合では、ビデオアシスタントレフリーが導入され、
あやしげなプレーについて主審がビデオをみて確認する。
1本目のPKは、このビデオアシスタントレフリーによるもので、
もったいない失点だった。

後半は、日本のプレッシャーがよくきいて、
攻撃のかたちをつくれていた。
それだけに、前半だけで3点をうばわれたのは くいがのこる。
槙野のヘディングで1点をかえしたあとも、
追加点をねらってせめつづけたし、あわやというプレーもあった。
もうすこし運が日本に味方してくれていたら、
あんがいいい試合になっていたのでは。
でもまあ、そんなグチをいってもしかたない。
日本はこれまでにブラジルとなんども試合をしてるので、
リスペクトしすぎることなく、普段着のプレーができていた。
10回やって1回かてるかどうかのあいてなのだから、
今回は、その1回ではなかった、ということなのだろう。
後半から乾がはいったけど、あまりボールにさわれず、
攻撃にからめなかった。
試合のはいりかた、乾のいかしかたが、つぎのベルギー戦の課題だ。

ネイマールには、PKとはいえ、
この試合でも点をいれられてしまったし、
気もちよくうごきまわられた。
ブラジルはネイマールがゲームをくみたてており、
ネイマールにボールがわたると対応がむつかしい。
でも、自分がイエローカードをもらうと、
その直後の井手口のプレーにたいし、
おおげさにいたがって、ピッチをのたうちまわっていた。
ネイマールは以前から役者ぶりがめだつ選手で、
あまりの熱演にうんざりさせられる。
つぎにブラジルと対戦するときは、
なんとかネイマール対策を工夫して、
おおげさにいたがる演技にクギをさしてほしい。

posted by カルピス at 23:51 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

国際親善試合、ハイチを相手に3-3のドロー

国際親善試合、日本対ハイチ(3-3のドロー)

前半の17分に日本代表は2点目をいれる。
2-0と、大量得点の予感さえする。
ふつうなら、試合がおわった瞬間だ。
でも、ハイチは意外にしぶとくて、
前半のうちに1点、後半にはいると
たびたび日本のゴールまえにつめよって、圧力をかけてくる。
何発うっても得点につながらない日本と、
すくないチャンスをゴールにむすびつけるハイチ。
たしかにハイチの選手はパワーとスピードにあふれ、
個人の技術もわるくない。
時間がたつにつれ、選手間の連携プレーもうまくいきはじめ、
ずるずるとせめこまれるうちに、2-3と逆転されていた。

失点のひとつひとつは、キーパーの責任ではないようにみえるけど、
絶対的な危機をなんどかしのがなければ、一流のキーパーといえない。
ゴールをまもった東口には酷かもしれないけど、
きょうのうごきでは、安心してゴールをまかせられない。
守備陣も、あれだけ自由にペナルティエリアをつかわれては、
失点をふせげないだろう。
おしこまれると、最終ラインが非情にもろかった。

攻撃では、乾の存在がひかったものの、
時間がたつにつれ集団にうもれてしまう。
あまりスタミナがない選手なのだろうか。
後半に原口がはいると、左サイドで起点になって、
なんどもクロスをあげたりドリブルできりこんだりと、
相手がいやがるプレーをした。
ぜったににまけないという、原口選手らしいつよい気もちをかんじる。

ペナルティエリアでの日本人選手は、
なかなかシュートをうとうとしない。
前半には、ちからずくにシュートをはなっていたのに、
後半にはいると、ゴールまえでのパスがめだちだした。
香川はとくに自信なさげなプレーで、味方にパスをだしてしまう。
3点目は香川の得点になったけど、
ただ足にあたっただけともいえる「シュート」だ。

みていてたのもしかったのは、井手口・原口・大迫で、
乾も前半のはやい時間帯まではよかった。
守備陣は、どう評価すればいいのだろう。
相手におしこまれたときに、
バタバタとうきあしだってしまうのが、日本のわるいクセで、
きょうもまた試合をおちつかせる選手がいないまま
3点つづけて失点してしまい、逆転をゆるした。
代表レベルの試合では、あってはならない展開だ。
ボールをもたされると、なかなかせめきれず、
そのうちカウンターをかんたんにきめられる。
Wカップアジア最終予選のオーストラリア戦がよかったので、
そのままちからをつけていってくれたら、本戦では期待できそう、
とおもっていたのに、そのあとの3試合はピリッとしない。
いまはまだ、いろんなくみあわせをためしている時期だ。
課題を整理して、カウンターへの対応を改善してほしい。

posted by カルピス at 22:44 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

みていないサウジアラビア戦を「分析」する

9月4日は、ブログをかきはじめて6年目となる記念日だった。
10年連続をめざし、いまようやくその2/3までこぎつけた。
あんがいへっちゃらかも、とおもう日があるかとおもうと、
適当なネタをおもいつかず、むりやりのりきることもある。
きょうもまた、そんないちにちかもしれない。
なにしろ、みてもいないのに、サッカーの試合についてかくのだから。

サッカー日本代表は、Wカップアジア最終予選の最終戦で、
サウジアラビアと対戦した。結果は0-1の完敗。
8月31日におこなわれた対オーストラリア戦にかち、
6どめのWカップ出場をきめていたからよかったようなものの、
もしあの試合をおとしていたらとおもうと ぞっとする。
どうしてもかたなければならないサウジアラビアと
アウエーでたたかうなんて、
ナイーブな日本代表には たえられそうにない。

時差の関係で、試合は日本時間の午前2時30分
(9月6日)からはじまった。
もうWカップの出場がきまっているので、
深夜におきて(あるいは ねないで)
つきあうほど大切な試合ではない。
録画して、夕方にゆっくりみようとたのしみにしていた。
結果のわかった試合を録画でみる是非はともかくとして、
消化試合ともいえる試合なので、安心してみられるはずだ。
でも、録画に失敗し、試合結果だけをしることとなる。
そのうち試合のようすが耳にはいってきて、
あまりかんばしくない内容だったのをしる。

オーストラリアとの試合が、
攻守とも すばらしくはまっていたので、
わたしは手ばなしでよろこび、
日本代表のさらなる可能性によいしれた。
でも、かたなければ2位以内にはいれない
サウジアラビアが相手では、状況はかなりきびしくなる。
ましてやアウエーなのだから、
気象条件やスタンドからのブーイングなど、
おおくの点が日本にとって不利な環境だ。
日本チームは、先取点をゆるしたあとも、
自慢の堅守速攻がちぐはぐなまま、
ずるずると試合終了をむかえたようだ。
オーストラリア戦といれかえた選手たちが、
めだったはたらきをしなかったようで、
収穫にとぼしい最終戦となった。
なんどでもくりかえしていうけど、
ほんとうに、オーストラリア戦で
Wカップ出場をきめていてたすかった。

試合をみていないのに、
その試合についてブログにかくのは「あり」だろうか。
村上春樹さんの小説にでてくる「撲」なら、
試合をみずにブログをかくのが、はたしてただしい行為だったのか
わたしにはわからない、とかいって、なやんでみせる場面だろうけど、
こんなのに「ただしい」も「ただしくない」もない。
サッカーの感想から、ただの日記へと、
わたしのなかでのジャンルがうつっただけだ。

とはいえ、だいぶまえの読書で、
村上龍さんが、よんでいない本の解説をかいたとしり、
おどろいたことがある。
それにくらべれば、まだ罪はかるいのではないか。

posted by カルピス at 22:06 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

祝 日本代表 2018Wカップ ロシア大会へ

Wカップアジア最終予選、
対オーストラリア戦に日本が2-0と勝利し、
2018ロシア大会への出場をきめた。
ロングボールでいっきょにゴールまえにせまり、
フィジカルのつよさでゴリゴリおしてきたオーストラリアは
すでに過去の姿となった。
いまは、キーパーからパスをつないでせめあがるサッカーをめざし、
世界で通用するチームへと、戦術をきりかえちゅうだ。

解説の木村さんが、なんどもくちにしていたのは、
「パスをつないでくれて、ほんとうにたすかった」
というセリフで、
事実、オーストラリアは後半にケーヒルをいれても
戦術そのものはかえないで、あいかわらずパスをつないできた。
オーストラリアにとって、
チームをつくりなおしている期間なのだから、
めさきの勝利にこだわらず、パスをつなぎつづけるのは、
適切な方針かもしれないけど、
日本にとって、そのほうがやりやすかったのはたしかだ。

とはいえ、前半41分に浅野が先制点をいれるまで、
せめながらも、シュートをはなちながらも、
日本は得点をうばえずに、いやな展開になりかけていた。
実況アナウンサー氏は、
「点がはいらなかったら、どうしようかという前半でした」
とあとからふりかえっている。
これまでの日本がそうだった。
シュートをたくさんはなちながら 決定力をかき、
自分で試合をむつかしくしている。
きょうは、後半に2点目を井手口がきめ、
戦術をかえてこないオーストラリアにもたすけられた形で、
あぶなげなく試合をおえている。

香川・本田・岡崎という、これまでの中心選手にかわり、
浅野・井手口・大迫・乾が先発でピッチにたつ。
選手たちは90分をつうじてよくはしり、
相手にプレッシャーをかけつづけた。
つぶされても、なんどでもボールにからんでいく姿勢が、
試合終了のホイッスルがなるまでかわらない。
はしりつづける選手たちがたのもしかった。

試合終了後のインタビューで、
ハリルホジッチ監督は、インタビューというよりも、
ひとりでかってに演説していた。
「ありがとう。メルシーボクー。ファンタスティック!」
4年前もこんなかんじでスタジアムがよろこびにつつまれた。
Wカップの出場をきめたときの監督・選手たちの感激は、
みているものの胸をうつ。
4年前も 相手はオーストラリアで、会場もおなじ埼玉スタジアム。
後半ロスタイムにえたPKを 本田がゴールのまんなかにきめて、
劇的なかたちで同点においつき、ブラジル大会への出場をきめた。
あのときと、きょうの試合の両方に先発したのは
川島・長友・長谷部、そして吉田の4名だ。
いまの日本代表は、若手とベテランが、
いいかんじで融合したチームといえるかもしれない。
オーストラリアに2-0での完勝は、
ハリルホジッチ監督になってからのベストマッチだった。

posted by カルピス at 23:07 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

コンフィデ杯でしるサッカー強豪国のレベル

すこしまえにロシアでひらかれていた
コンフィデレーションズカップをみていたら、
Jリーグの試合とまるで迫力がちがい おもしろかった。
シュートの精度やゴールキーパーの技術におどろく。
ひるがえって、コンフィデ杯のあとにJリーグをみると、
なにもかもがものたりない。
くらべるほうがムチャなはなしであり、
JリーグはJリーグで、いいところがあるのだから、
いまさらサッカー先進国にあこがれてもしょうがない。
とはわかっていながらも、世界との差は、
まだこんなにあるのかと、再確認させられた大会だった。

先日は、ドルトムントとセビージャを招待しての親善試合が
Jリーグのあいまにおこなわれた。
サッカーライターの西部謙司さんが
「ヨーロッパトップクラブと試合をする意味」という題で、
もっと強豪チームとの試合を、と問題提起している。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/nishibe/kiji/20170726s00002368279000c.html
Jクラブがヨーロッパ勢との差を詰めるには、ある意味気の遠くなるぐらいの努力が必要だとわかったのではないか。でき上がっているチーム(Jクラブ)が個の能力だけで あしらわれてしまっている以上、まず個のレベルを上げないとどうにもならない。しかし、レベルアップした個はヨーロッパに吸い上げられてしまう。(中略)こうした現状を目の前につきつけられるだけでも、ヨーロッパのトップクラブを招待した価値がある。

J1の下部リーグにJ2があり、そのまたしたにJ3とJFLがある。
日本代表やJ1だけが日本のサッカーではなく、
下部リーグは下部リーグで、おもしろい試合がおこなわれ、
サッカーファンの人生をゆたかにしてくれている。
どこにサッカーのおもしろみをみいだすかは、
サポーターひとりひとりによってちがってくる。
とはいえ、Jリーグのレベルが、世界とくらべたときに
歴然とした差があるのも事実であり、
それを解消していくためには、世界のトップレベルのチームと、
もっと試合をくんで、現状を認識するしかない。

コンフィデ杯での試合は、グループリーグでも、
3位決定戦でもおもしろくみれた。
試合によっては選手をがらっといれかえたり、
若手主体でのぞんだりしているけど、
それによって試合の質がおちるのではなく、
機会をあたえられた選手がいいプレーをみせている。
コンフィデ杯に参加した国は、これからのチームづくりにむけて
貴重な経験になっただろう。
アジアからは2015年のアジア杯で優勝した
オーストラリアが参加していた。
アジア杯の準々決勝で、日本がアラブ首長国連邦にまけたとき、
にがしたのはアジア杯の優勝だけではなく、
2017年のコンフィデ杯の参加権だったことに、
あとになって気づく。

posted by カルピス at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする