2022年06月16日

チュニジア戦での完敗

6月に4試合の代表戦が日本でおこなわれた。
パラグアイ・ブラジル・ガーナ・チュニジアとの4連戦で、
はじめの2試合はキリンチャレンジカップとして、
あとの2試合はキリンカップとして、いずれもなか3日の日程だった。
なか3日は、Wカップのグループリーグを想定したもので、
きびしい日程を体験するのがひとつの目的でもあったようだ。

この4カ国のなかで、パラグアイとガーナ戦は日本がかったものの、
相手の不出来にたすけられた形で、いまひとつものたりなかった。
2試合目のブラジル戦では、まともにサッカーをさせてもらえなかった。
あるていど予想されたことで、PKによる1失点におさえたことは、
善戦したといえるかもしれない。
それにしても、この試合では枠内にシュートがとんでおらず、
Wカップ本番であたるドイツとスペインとの試合をおもうと、
かち点1をとるのもむつかしい現実をおもいしらされた。

そして4試合目のチュニジア戦。
日本はボールをもち、シュートまではこぎつけるものの、
枠内シュートがゼロで、決定機をきめきれない。
三苫と伊東によるサイドからの突破が通用せず、
クロスをあげてもあぶなげなくしのがれてしまう。
かといって、中央から突破する連携もなく、
せめあぐねるうちに、3点をつみあげられてしまった。
3失点は、いずれもキャブテンの吉田がからむもので、
4連戦のつかれがたまっていたのだろうか、
この日の吉田はまったくいいところがなかった。

グループリーグの4カ国目は、コスタリカにきまった。
ベスト16にのころうとするには、
ドイツ・スペインには、なんとか かち点1でしのぐとして、
コスタリカ戦での勝利がどうしても必要となる。
コスタリカだってそうおもっているわけで、
らくな試合はひとつもないのが日本のおかれている状況だ。
3試合、いずれの試合もちからをぬくわけにはいかず、
かといって、おなじメンバーを3試合ともならべると、
よいコンディションをたもてない。

ワールドカップまえになると、バタバタした試合を披露し、
いつもファンを心配させる日本代表だけど、
こんかいほど八方ふさがりなのは はじめてではないか。
ほしいのは、絶対的なエースストライカーと、
精神的な支柱となるディフェンダーだ。
どこの国だってそうだろうけど。

posted by カルピス at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月18日

おめでとう大分トリニータ。天皇杯決勝戦へ

サッカー天皇杯準決勝、川崎対大分は、
圧倒的に川崎がおしこみながらも、
PK戦のすえ、大分の勝利におわる。
大分は、J2への降格がきまっており、
片野坂監督が指揮をとるのは、この天皇杯までとなる。
選手も監督も、なんとか天皇杯を手にして
サポーターをよろこばせたいという意気ごみが
試合開始とともに、つたわってくる。

試合は、すべての時間帯において、川崎がまさっていた。
ただ、大分のゴールキーパー 高木が、
スーパーセーブを連発し、川崎はどうしてもゴールをわれない。
高木はいったい 川崎のシュートを、何点とめたのだろう。
それでも川崎は、延長後半に小林がゴールをこじあけ、
これで試合はきまったかにおもえた。
しかしその2分後に、大分のエンリケが
きれいにヘディングをきめ、ギリギリの時間帯で同点においつく。
試合はそのまま決着がつかず、PK戦へ。
おしこんでいたチームがPK戦でまけるのはよくあることで、
川崎7人目の山根を高木がとめ、4対5で大分の勝利におわる。
川崎としては、延長戦にはいるまでに きめておきたかった。
大分の勝利がきまった瞬間、片野坂監督は
両手で顔をおさえたまま ピッチにたおれこむ。
大分で5年間指揮をとり、J3からJ1まで昇格させた片野坂監督。
決勝での浦和戦が、片野坂体制さいごの試合となる。
このままのいきおいを決勝にももちこみ、
なんとか浦和をやぶって天皇杯を手にしてもらいたくなった。

posted by カルピス at 20:56 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月02日

W杯アジア最終予選、オマーンに0−1でやぶれる

W杯アジア最終予選、日本対オマーン

らいねん秋におこなわれるカタールでのW杯にむけ、
アジア最終予選がきょうからはじまった。
日本はBグループにぞくし、らいねんの3月まで、
5カ国によるホーム&アウエー方式で試合をすすめてゆく。

新型コロナウイルスが、世界じゅうで いまだにおちつかないなか、
W杯は予定どおりカタールでひらかれるみこみだ。
ヨーロッパでは、客をいれない国があるとはいえ、
それでもサッカーがなくては、生きていくはりがないと、
リスクをおかしてサッカーの試合をつづけている。
日本だって、完全にサッカーを中止したのは
ほんの数ヶ月にすぎず、そのあとは、無観客だったり、
観客を制限したりして、通常のリーグ戦を再開した。
感染予防の方法や、試合の運営など、
Jリーグのほうがプロ野球にお手本をしめしていた。
日本のサッカーが、ふかく生活に根づいてきたのをかんじる。
リスクがあろうがなかろうが、
サッカーの存在が、おおくのひとをささえている。
サッカーなしの生活はもはや日本でかんがえられない。

最終予選の初戦はオマーンとのホームゲームだ。
オマーンは、「ひいてまもってカウンター」、かとおもっていたら、
戦術とテクニックにすぐれたいいチームだった。
セルビア人の監督にかわってから、サッカーの質がかわったそうだ。
前半はせめあいがつづき、日本のリズムがうまれない。
まあ、そのうちオマーンのやり方に、
日本の選手たちがなれてくるだろう、とおもっているのに、
いつまでもおなじながれのまま前半がおわる。

後半にはいっても、オマーンはまだまだげんきにせめてくる。
日本は古橋・堂安・久保と、2列目の選手を
たてつづけにかえるけど、なかなかシュートまでいけない。
初戦でひきわけはいやだなー、とおもっていたら、
後半44分に、オマーンが右サイドからのクロスをあげる。
つめていた選手がすこしさわっただけで、
ボールはゴールへとすいこまれていった。
オマーンあいてにこれほどくるしみ、
1点もうばえないまま まさかホームでまけるとは。
試合終了間際にいれられた点がひびいたとはいえ、
90分をとおしてオマーンは いいサッカーをつづけていた。
ひいてまもるだけではなく、日本のパスをなんどもカットし、
カウンターへとつなげてゆく。チャンスのかずは、
オマーンのほうが日本をうわまわっていたかもしれない。
日本は、きめるべきときに きめられなかったつけが、
さいごにひびいてきた。初戦での敗戦はいたい。

森保監督は、スターティングメンバーに、
アジア最終予選を経験しているベテランの選手をならべた。
それだけ最終予選のむつかしさに配慮し、
この試合を重視していたのに、慎重にはいりすぎてしまったか。
オマーンは日本のやり方をよく研究してきたようで、
パスをなんどもカットされ、攻撃につなげられていた。
日本の2列目に仕事をさせず、日本のパスをよく予測して、
自分たちのカウンターにつなげていた。
オマーンがこんなにいいチームだったとは。

中東のオマーンがあいてなのに、
レフェリーはおなじ中東の国(どこかわすれた)のひとだった。
判定をみていると、あきらかに日本に不利な笛におもえる。
そんななか、後半6分に、長友がPKをあたえてしまった。
長友の手は、からだにくっついていたけど、
レフェリーによっては、いくらでも日本に不利な判定をくだすだろう。
さいわい、このレフェリーはVARを採用し、
結果として、この判定はくつがえされた。
そんな幸運があったにもかかわらず、
日本はさいごまで自分たちのリズムをとりもどせなかった。
なにがどうわるいのか、修正できないまま、
ズルズルと時間だけがすぎてゆき、
決定的な時間に先取点をゆるしてしまう。
日本がまけるときは、いつもこんなかんじだ。
つよい国にたいしてはいい試合をするのに、
格下とやるとなぜかリズムをつくれない。
ドリブルできりこみ シュートまでもってゆく選手、
そう、三苫がいたらなー、という試合だった。

posted by カルピス at 22:02 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月06日

サッカー男子U-24、3位決定戦 日本対メキシコ 1−3でメキシコ

すこしまえの朝日新聞に、星野智幸さんの
「五輪が盗むスポーツ」がのった。
女子サッカーの岩渕真奈選手のカナダ戦やチリ戦でのプレーは、これまでとは別次元でチームのために無私となっていて、私はとても胸をうたれた。でもその姿は、強権的独裁的に五輪を開催してよかったのだという正当化に利用されてしまうのだ。そして、観客やファンと選手が分断される。

「正当化に利用されてしまう」が問題の本質だ。
選手に五輪の運営批判は期待できない。
選手たちは、自分の競技でがんばるしかなく、
がんばればがんばるだけ、その気もちを利用されてしまう。

きょうはサッカー男子U-24、日本対メキシコによる
3位決定戦がおこなわれた。
どちらのチームにとっても、中2日の6連戦。
選手たちはさすがにつかれており、
日本は前半そうそうにPKを献上し、その後も
前半22分にフリーキックをきめられる。
連戦のつかれにより、集中がきれてしまったのではないか。
後半13分には、コーナーキックから3点目をきめられている。
いずれもフリーキックによる失点で、
三苫が1点をかえしたものの、1−3の結果におわり、
銅メダルにはいたらなかった。

日本は、メキシコの倍以上のシュート(22本)をはなちながらも、
決定機にきめきれなかった。
試合後に久保が号泣したのは、決勝トーナメントにはいってから、
1点もとれなかった ふがいなさがあるようにおもう。
おしいチャンスはいくつもあった。
3点をリードされ、せめるしかない日本は、
リスクをかくごのうえで まえがかりになってゴールをねらう。
しかし、試合終了間際にいくつも決定機をつくりながらも、
得点は三苫の1ゴールだけにおわる。
あのシュートがきまっていたら、と、
何本ものタラレバシュートがもしきまっていたら・・・。
この試合でも、審判の笛はメキシコ有利にふかれ、
とくにPKをあたえた場面では、
VARのチェックさえおこなわれなかった。

日本選手たちのプレーは、みるもののこころにせまった。
ただ、だからといって、新型コロナウイルスがひろがるなか、
オリンピックをひらいた 関係機関のあやまりが きえるわけではない。
さいごにもういちど星野智幸さんの記事から引用する。
 あくまでも競技の中で意思表示するしかない選手たちに、五輪という舞台作りを根本から批判することは難しいだろう。結局は排除されるだけだから。
 でも、私が願うのは、現役中に難しいのであれば、せめて引退してから、スポーツファンにこんな苦しい思いをさせる五輪のあり方を変えるよう、努めてほしいということ。多大な犠牲と不公正の上で成り立っている五輪に参加した選手たちには、それを変える責任があると思う。

posted by カルピス at 21:25 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月29日

サッカー男子、U-24日本対フランス 4−0で日本

サッカー男子、U-24日本対フランス
4−0で日本

1週間まえ、まだ開会式がはじまるまえの7月22日。
おなじグループAにぞくするフランスとメキシコの試合をみて、
そのうまさとはげしさに、このさき日本がむかえる
グループリーグのむつかしさをかんじたものだ。
こんなにつよいチームとおなじグループにはいりながら、
日本は金メダルをめざすというけど、本気なのか。
その日本が、メキシコを2−1でやぶり、そして
フランスをも4−0でしりぞけた。
フランスというと、前回のロシアW杯の優勝国でもあり、
チームがうまくまとまったときのつよさはおりがみつきだ。
ただ、この大会では、メキシコに1−4でやぶれ、
南アフリカには 4−3と、逆転でなんとかここまできた。
日本戦に、2点以上の点差でかたなければ
グループリーグをかちのこれない きびしい状況だ。

前半の20分までは、さすがにフランス、というかんじで、
うまくボールをまわし、日本に攻撃をさせない。
得点がほしいのだから、フランスはせめるしかない。
日本も、ただひいてまもるのではなく、
ポゼッションをたかめ、相手陣内での時間をつくりはじめる。

前半の27分に久保、44分に酒井と、
相手ゴールキーパーがはじいたところに、
ぬけめなく つめていた2人がきめている。
いずれも上田のシュートが起点となった。
3試合目ではじめて先発した上田が 攻撃のリズムをうみだしている。
前半のうちに2点を先取し、日本はいきおいがでてきた。
相手とのちから関係がみえてきて、自信をもってプレーしはじめる。
後半にはいると、フランスはますますせめざるをえない。
しかし、オーバーエイジ枠のジニャックのがんばりが目につくだけで、
ゴールまえにあつくせまるプレーがみられない。
そのうちに、三好が3点目をあげ、フランスはこころがおれたようだ。
コロムアニが三好のひざしたをふみつけ、
レッドカードにより退場となっている。
試合開始から、フランスはエラーをアピールすることばかりに熱心で、
日本選手のなにげないプレーに、おおげさな反応でたおれこむ。
そのくせ自分たちは、あいての足をふみつけることに余念がなく、
強豪国としての尊厳が みじんもかんじられない
2流のチームになりさがっていた。

それにしても、たとえU-24とはいえ、フランスをあいてに
4−0で日本がかてるようになったとは、感慨ぶかい。
トルシエ監督の時代にフランス代表と練習試合をしたとき、
どろだらけのあれたピッチコンディションということもわざわいし、
日本は0−5の完敗にくっした。
まともにはしり、ボールをあつかえたのは、
中田英寿だけ、というなさけない試合だった。
まさに、おとなとこどもの差が 両国にはあった。
あれから幾星霜。
こんかいの試合では、フランスにまったくいい場面をつくらせず、
完璧にふうじこんだ。4−0という結果と、その内容も、
日本にとって最高の試合だったといえる。

こんかいのフランスチームは、クラブが選手をだしたがらず、
おもうような選手構成ができなかったときく。
日本にもおなじ問題があるとはいえ、国内チームにかぎれば、
オリンピックがすきな日本は、まだ選手の選出に理解がある。
いったい、オリンピックにおける男子サッカーとはなにかと、
根源的な疑問をいだかざるをえない。
ユーロや南米選手権がおわったばかりで、
やれやれと気もちがきれている各国代表の選手たち。
7月の大会という あつさのなかで、中2日という過酷なスケジュール。
おまけに新型コロナウイルスの感染拡大で、
選手と関係者全員が、試合に集中できる環境にない。
おおくの選手にとって、まるでバツゲームみたいな大会が
オリンピックの男子サッカーなのでは。

それにしても、よわいときのフランスは、
いつもこんなかんじでグループリーグをかちあがれない。
W杯南アフリカ大会では、選手と監督との対立など、
チームがバラバラになり、とても試合にのぞめる状況ではなかった。
こんかいもまた、フランスは、フランスらしくやぶれたともいえる。

posted by カルピス at 22:18 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする