2021年05月30日

川崎フロンターレがJ1リーグでの新記録 開幕20戦まけなし

J1リーグ第17節、川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ
開幕から20戦まけなしの記録がかかった試合。

前半は圧倒的にフロンターレがおしこむ展開がつづく。
しっかりしたまもりから攻撃をくみたてたいアントラーズに対し、
フロンターレのポゼッションは、その守備を機能させない。
なんどか決定的なチャンスがおとずれたあと、前半19分に
レアンドロ=ダミアンが山根からのスルーパスをきれいにきめる。
その後もフロンターレがボールを支配し、鹿島にはいいところがない。

アントラーズがもちなおしたのは、後半からだ。
守備の圧力がまし、フロンターレはパスがつながらなくなる。
こうなるとフロンターレはぜんぜんこわいチームではなく、
フロンターレのよさをけすのは、徹底したプレッシャーなのがわかる。
そして後半16分に、上田が同点ゴールをあげる。
VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)までもちこまれるも、
そのまま得点がみとめられる。

フトンターレは失点した直後に三苫をさげ、長谷川をいれる。
きょうの三苫は、前半こそチャンスをつくれたものの、
アントラーズの守備にしだいにくるしみ、
後半はあきらかにやる気をうしなっていた。
三苫の欠点は、気分にむらがあること、
とだれかがいっていたけど、きょうの三苫は
その欠点がそのままでてしまった。

フロンターレは、後半の飲水タイムでいきおいをもりかえす。
三苫にかわってはいった長谷川が
左サイドの起点となり、なんどかゴールまでせまる。
後半のアディショナルタイムは5分。
3分をすぎ、さいごの交代として投入された小林が、
はじめてまわってきたボールをゴールにむすびつけた。
終了間際の劇的なかちこし点となる。
そして 2分後に、そのまま試合終了。
かちがきまったときの鬼木監督は ほんとうにうれしそうだった。
鬼木監督は、これでJ1リーグでの100勝目となり、
これはJ1リーグでの最速記録ともなった。
アントラーズの相馬監督とは、おなじチームでたたかったことも、
相馬監督、鬼木コーチという関係の時期もあったという。
20試合まけなしがかかっていただけでなく、
両監督にとって、きょうは特別な試合だったようだ。

いつもの圧倒的につよいフロンターレではなく、
後半はアントラーズにおしこまれていた。
結果的には かてたとはいえ、連動したプレスをかけられると、
フロンターレはいつものボールまわしができなくなる。
鬼木監督は どんな手をうって、この欠点を修正するだろうか。
フロンターレには、まだのびしろがあるということなのだろう。

posted by カルピス at 21:54 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

ヘッドコーチから監督へかわると かてなくなる現象

今シーズンのJ1リーグは、好調のチームと
いまひとつのチームとにはっきりわかれてきた。
成績不振から、監督が交代したチームもいくつかでている。
鹿島アントラーズはザーゴ氏にみきりをつけ、
チームOBの相馬直樹氏を監督にまねいた。
相馬新監督になってからのアントラーズは
3勝1わけで、まだまけてないそうだ。
こんなふうに、監督の交代がうまくいくといいけど、
なかなかすんなり結果がでないこともめずらしくない。

徳島ヴォルティスは、J2で昨シーズンまで指揮をとっていた
リカルド=ロドリゲス氏が浦和レッズへひきぬかれた。
J1に昇格した今シーズンは、スペイン人の
ダニエル=ポヤトス氏を監督にまねいたものの、
新型コロナウイルスの影響で、なかなかチームに合流できなかった。
監督がるすのあいだ、かわりに指揮をとっていたのが
ヘッドコーチの甲本氏で、ポヤトス監督にひきつぐまでの
10試合を、4勝2わけ4杯の成績でしのいだ。
この成績は、前回ヴォルティスがJ1リーグでたたかった
2014年をすでにうわまわるもので、3連勝も記録している。
監督不在の期間としては上出来といってよい。

4月15日に、ポヤトス氏がいよいよチームに合流し、
これから本腰をいれて監督のサッカーが展開される、
とだれもが期待していたことだろう。
しかし、現実はなかなかうまくいかないもので、
ポヤトス監督になってから、徳島はすっかり調子をおとし、
4連敗とまだかち点をあげられていない。
ふたたび甲本ヘッドコーチが指揮をとるわけにはいかず、
徳島ヴォルティスとしては判断がむつかしい状況だろう。

新監督がチームに合流するのをまっていたかのように、
かてなくなるのは、わりとよくみかける。
新監督がくるまでのつなぎとして、
チーム事情をよくしるヘッドコーチが指揮をとるので
チームがひとつにまとまりやすいし、
選手たちも必死にわるいながれをかえようとする。
しかし、新監督がくると、みぢかい時間で
まったくべつのサッカーをもとめられることもあり、
結果がでないと すべてがわるい方向にまわりはじめる。
いまの徳島ヴォルティスも、にたような状況ではないか。
ヘッドコーチのときのほうがうまくいっていたのでは、
ポヤトス氏としてはかっこがつかないし、
まわりだってどんな態度をとればいいのかこまってしまう。
選手たちにもまよいがでるだろう。
すべては新型コロナウイルスによるめぐりあわせとはいえ、
ポヤトス監督が気の毒というしかない。

posted by カルピス at 21:55 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

J1リーグ第12節 アビスパ福岡のサッカーにわくわくする

J1リーグ第12節、アビスパ福岡対浦和レッズをみる。
福岡というと、J1リーグに昇格しても、
なかなか定着できない いまひとつなチーム、
という印象をもっていたけど、この試合はおもしろかった。
カウンターサッカーといっても、
福岡はガチガチにひいてまもるのではなく、
たかい位置での連動したプレスをかける。
なんといっても攻撃にきりかえたときの迫力がすごかった。
ゴツゴツとからだをあててボールをうばい、
味方へのパスのスピードもはやい。
全力ではしりつづけるサッカーは みていてわくわくしてくる。
どのプレーも、自分たちのサッカーへの自信にあふれている。
全員によるサッカーを、たかい質をたもったまま90分つづけられる。

前半のはじめころは、浦和が圧倒的にボールを支配していたのに、
福岡がはじめてせめあがりクロスをあげると、
いったんはボールをおさめたキーパーの西川がハンブルし、
こぼれたボールをブルーノ=メンデスがおしこむ。
浦和からすると、攻撃しつづけていたのは自分たちなのに、
アッというまに先制点をうばわれてしまい とまどっている。
浦和はゴールちかくまでせめこむものの、
なかなかシュートまでいけないし、
なんどかおとずれた決定的なチャンスを、
福岡のゴールキーパー、村上がスーパーセイブする。
浦和がとくにわるいのではなく、福岡がよくまもった試合だ。
両チームとも特徴をだしあい、よくはしり、
みごたえのあるゲームとなった。

後半終了間際、交代ではいったジョン=マリが、
強烈なボレーシュートをきめる。
西川はとめたものの、ボールのいきおいがまさり、
ゴールへとこぼれていく。ズドンとおもいシュートだった。
これで試合がきまり、福岡が2000年以来という3連勝をかざった。

今シーズンのJ1リーグは、調子のいいチームと、
なかなか波にのれないチームとに、はっきりわかれている。
上位にいる川崎と名古屋だけでなく、
横浜F・マリノスと鳥栖がチームの特徴をだし
つよさを印象づける試合をつづけている。
福岡も、浦和との試合だけでなく、
広島・FC東京と、強豪チームをくだし、
長谷部監督のサッカーがJ1リーグでも通用するところをみせた。
上位にいるチームの破壊力はどこもすさまじく、
これからのリーグ戦がたのしみとなる。

posted by カルピス at 10:49 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

W杯2次予選 日本対モンゴル 得点差におぼれず、課題をもとめつづけた日本代表

W杯2次予選 日本対モンゴル 0−14で日本

モンゴルのホームゲームを日本でおこなうという、
かわった状況での試合だった。新型コロナウイルス対策として、
モンゴル国内では スポーツの国際試合ができないそうで、
第3国での開催をさぐったものの、適当な会場がみつからない。
苦肉の策として、日本でモンゴルのホームゲームを、
ということになったという。
日本のアドバンテージにならないよう、試合は無観客でおこなわれ、
しずかなピッチにスタッフの声がよくひびいた。

結果は0−14と、日本の圧勝におわったものの、
どちらのチームもさいごまで気をゆるめずボールをおいつづける。
前半から日本は得点をかさね、勝利がまちがいながれとなる。
これだけのワンサイドゲームになると、
手ぬきやごうまんなプレーにおちいりやすいところを、
日本の選手はだれもが貪欲にゴールをねらいつづける。
後半にはいると、森保監督はシステムを4-1-4-1にかえ、
選手交代のあとはまた4-2-3-1にもどしている。
得点差がひらくとお祭りさわぎとなり、だれた内容におちいりやすい。
この試合では森保監督がシステムをかえることで、
状況におうじた攻撃という課題を選手にあたえている。
監督の期待に選手たちはこたえなければならず、
いろんな形での攻撃を真剣にためす試合となった。

伊藤純也のスピードがきょうもひかった。
右サイドから質のたかいクロスをあげてチャンスをつくる。
自分で得点をきめたときにも笑顔はなく、
すぐにつぎのプレーにそなえていた。
ほかの選手たちも集中力をたもちつづけ、
それによって得点が14までのびていった。
試合のながれがきまってからも、モンゴルの選手はよくはしり、
せめようという姿勢はかわらなかった。
ホームの試合を日本でたたかうという、変則的な状況でも、
さいごまでゴールをねらう姿勢は好感がもてた。
得点差はひらいたものの、どちらの選手からも、
たかい意欲がつたわってくるいい試合だった。

posted by カルピス at 21:56 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

サッカー国際親善試合 日本対アルゼンチン 3−0で日本の完勝

サッカー国際親善試合
日本対アルゼンチン 3−0で日本

U-24日本代表が、中二日で ふたたびアルゼンチンと試合をする。
おなじあいてと、中二日という設定がおもしろい。
オリンピックでは、じっさいに中二日で
グループリーグがおこなわれるため、おなじ状況を想定した日程だ。
1試合目の日本は、ときどきチャンスをつくりながらも、
アルゼンチンのちからづよさにやられたかんじだった。
あいてはゴツゴツからだをあててきて、日本選手をつぶしてしまう。
なによりも、三苫のドリブルが通用せず、攻撃にリズムがうまれない。
ドリブルをとめられるし、三苫のだすパスが相手にひっかかる。

2戦目となるきょうの試合は、三苫にかわって相馬が先発してきた。
三苫よりボールがおさまり、ほかの選手との連携から、
得意のドリブルできりこみチャンスをつくる。
久保も、まえの試合よりボールにからめるようになっている。
ボランチの田中蒼がよくボールをおさめ、いいところにパスをちらす。
ただ、単純にクロスをあげても、アルゼンチン守備陣はくずせない。
なかなかうまくいかないなーと、おもっていた前半終了間際、
これまでにない縦の攻撃から 先制点がうまれた。
瀬古がだした縦パスを、林がうまくおさめ、
ゴールキーパーと1対1となり、きれいにおしこむ。

アルゼンチンは、まえの試合とおなじように、
からだのつよさを全面にだしてくる。
セカンドボールをおさめるのはアルゼンチンだし、
球ぎわのつよさもあいかわらずだ。
でも、なかなか攻撃がつながらず、
逆に日本になんどもチャンスをつくられてイライラしている。
アルゼンチンは、とにかく足をだしてくる。
ボールだけでなく、日本選手にむけて。
ファール覚悟でボールをおさめようと、日本選手をふきとばす。

後半にはいると、アルゼンチンはさらにちからでおしてくる。
あいての時間がつづき、いやな ながれだった後半23分、
久保のコーナーキックを板倉が頭であわせる。2点目。
その5分後に、ふたたび久保から板倉のヘディングで3点目。
キックまえの場所どりでは、アルゼンチン選手がなりふりかまわず
日本選手をこずいている。2点をリードされ、
試合はこびがおもうようにいかず、あれたプレーが目につく。
まけているときの南米選手らしいい、やらしい態度だ。
アルゼンチンは攻撃といっても、ひとりでせめあがるだけ。
まわりとの連携がなく、3点リードされて気もちがきれている。
けっきょく試合は3−0のまま、日本の完勝におわる。
後半43分に三苫がはいってきたけど、
みせ場をつくるには時間がたりない。
修正した三苫のせめあがりがみたかった。

posted by カルピス at 21:56 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする