2020年06月05日

2ヶ月ぶりにプールでおよぐ

2ヶ月ぶりにプールでおよぐ。
4月9日に、島根県でも新型コロナウイルスの感染者がでたため、
その翌日から県立プールは休館となった。
緊急事態宣言が解除されてからも慎重な対応がつづき、
今週になってようやく施設が再開された。
県立プールには、トレーニングジムも併設されており、
いまはプール・ジムともに利用できるようになった。

ただし、「新しい利用方法」がつくられて、
かなりめんどくさい手つづきが必要になっていた。

・マスクをつけていないと施設にはいられない
・利用は2時間まで
・受付で体温・氏名・住所・連絡先をかきこむ
・トレーニングをするひとは、更衣室がつかえず、
 シャワーもあびられない
(更衣室は「密」になりやすいので閉鎖)
・プールにはいるひとは会議室できがえる
 いちどに7名までしか会議室にはいられない
・トレーニングルームをつかうひとには消毒セットがかしだされる
 練習ちゅう、可能なかぎり消毒セットをもちあるき、
 マシンをつかったあとに消毒するようもとめられている

かえるときにトレーニングルームをのぞいたら、
マスクをつけてトレッドミルにのっているひとがいた。
マシンをつかうひとも、半分くらいはマスクをつけている。
更衣室がつかえないので、家できがえてからこなければならず、
これから汗をたっぷりかく季節なのに
トレーニングのあとシャワーもつかえない。
トレーニングちゅうは消毒をこまめにして、
そのうえマスクまでがエチケットになるとたいへんだ。
これからしばらくは、この「新しい利用方法」にそっての
施設利用がもとめられるわけで、
これだけめんどくさいと、わたしはとてもついていけない。
それにしても、島根でさえ「密」をさけるのが
こんなにたいへんなのだから、
都会ではどうやって交通機関や施設を利用しているのだろう。
いまさらながらコロナのやっかいさにうんざりしてくる。

2ヶ月ぶりとなった水泳は、およぐ筋肉がおちただろうから、
どれだけつづけておよげるだろうかと、心配していた。
ゆっくりながら、あんがいたのしく1500メートルおよぐ。
およぐのは、はしるのとまったくちがう自由さがある。
これからまた 感染者がでる日も あるだろうけど、
「新しい利用法」でコロナとの共存をはかり、
プールをひらきつづけてほしい。
プールをでるときはつかれきっており、
わかいころの部活動をおもいだした。

posted by カルピス at 20:53 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

マスクをつけてのジョギングになじめない

マスクをつけてジョギングなんかできるか!と
一週間まえは あたまから否定していたけど、
どんどん社会的な圧力がましてきて、
マスクをつけてのランがもとめられるようになった。
いまは、みかけるランナーの半分ぐらいのが
マスク(でなければ、それっぽい布)をつけてはしっている。

ランナーにマスクをもとめる心理は、
じっさいの効果がどうこうよりも、気もちの問題だろう。
わたしはマスクをつけたくないけど、気になるひとの気もちはわかる。
コロナについてのいろんな情報がとびかい、
いろんなエチケットがだんだんきびしくなる。
まえは、マスクをつけてのジョギングなんて、
なにかの冗談かとおもってたのに、
いまはあたりまえのエチケットになってきた。
冗談というと、すべてが冗談みたいだ。
なんねんかあとに、いまのソーシャルディスタンスや、
飛沫感染をふせぐためのビニールなどをみたら、
注意がきがなければわからない風景だろう。

大都市で、ひとごみのなかをはしるわけではなく、
人口密度のひくい島根なのに、
マスクをつけてはしるのがエチケットとなるとつらい。
マスクをつけてのさんぽでも息ぐるしいのに、
はしったりできるものか。
なんとか抵抗しようと、3日まえから、はしるコースをかえた。
これまでは、市民ランナーや散歩ちゅうのひとがおおい
宍道湖ぞいが定番のコースだったけど、
マスクを気にしながらはしるのはいやなので、
ひととであいにくい道をつないではしっている。
宍道湖ぞいより風の影響をうけないし、
坂がおおく、足がきたえられそうだ。

とはいえ、なんだかんだいっても、外をはしれるのだから、
島根はまだのんびりしているのだろう。
ずっと家ですごすしているひとは、
なにに好奇心をむけるようになるのか。

いつもデイリーポータルZのことでもうしわけないけど、
大北栄人さんによる「家に眠る40年前のお酒を開ける」
がおもしろかった。
https://dailyportalz.jp/kiji/open-old-liquor
緊急事態宣言が明けない。これはもう家にあるお父さんの洋酒を飲んでいいというメッセージではないだろうか。トロフィーのとなりに置いてあるようなホコリのかぶったあの洋酒の瓶である。そりゃお父さんは大事にしているお酒かもしれない。しかし今や外に出られないのだ。私たちの好奇心は外ではなく内に向かう。

親戚や友だちの家にいくと、
応接間っぽい部屋に、洋酒のビンが何本もおいてあった。
わたしの父は、日本酒しかのまなかったので、
こうしたおしゃれなビンは家になかった。
でも、「お父さんの洋酒」という、権威的なイメージはよくわかる。
「こんなときだから」できるまえむきなこころみが
いろいろなところで紹介されているけど、
わたしはもっとためにならないことを
「こんなときだから」やってみたい。
いま、家をでられなくて、しかたなく家のなかでやっている
「こんなときだから」できたあれやこれやに
デイリーポータルZがちからをいれている。
1年寝かされた酒が入っている。それはすごい。参考価格は18900円だそう。これ持ってスラム街を歩きたくないレベルで高い。
しかもここから41年が経っていて合計62年! 赤ちゃんが年金もらえそうになるほどに熟成されている!

「スラム街を歩きたくないレベルで高い」
「赤ちゃんが年金もらえそうになるほどに熟成されている」
ゆたかな比喩の数々は、うちにこもったくらしの成果にちがいない。

posted by カルピス at 21:52 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

連休恒例のウォーキングに出発

連休恒例の、ながあるきにでる。
きょねんは、出雲大社から松江までの42キロをあるいた。
ことしは松江市の郊外にコースをくみたて、
レース仲間とふたりで24キロあるく。
気温が27℃まであがり、長ズボンではあついくらいだ。
とちゅう、ジョギングちゅうのランナーをなんにんかみかける。
ほとんどのひとがマスクをつけてはしっていた。
いまでは、ランナーにもマスクがもとめられる
社会的な圧力があるのか。
マスクをつけるなんて、呼吸制限のトレーニングじゃあるまいし、
たのしくはしれない。これだけはなじめそうにないコロナ対策だ。
都会とちがい、ひとがとおらない道をはしっているのだから、
マスクをつける意味はないだろう。
いまやマスクはパンツとおなじで、つけなければ
精神的にはずかしいものになってしまった。
口元をみせるのはふしだらだという社会になりつつある。

玉造温泉が中継地点だった。
旅館がならぶながい一直線に、車とひとをみかけない。
連休ちゅうなのに、シーンとしたとおりが異次元の世界をおもわせる。
観光業界が、どれだけダメージをうけているのかがうかがえる。
UTo4S1NZhEQdRyG_rlES3iRtougcFZagal4E-b97FgebuGpx80bW8tsec4lGAhHf4YEz9qLyOM8FxsHyj8LUkxYh_Ag0qybfm00A2CF_xYUS_VQ6lGkQjx-J4pzt5IdINosDGRXPANjNxozP859RUiq3FEKQIsZwbYEaxw1ngMm-JVsqeKj72ZmxD7Pa_yWT5bRBmdpr4bUPjBua20iMmHKP.jpg
{ポツンとうつっているのはつれのレースなかま}

わたしがすきなタイのことをおもった。
タイは観光の国で、たくさんの外国人がおとずれる。
バックパッカーむけの「カオサン」どおりなどは、
外国人旅行者のほうがタイ人よりもおおいくらいだ。
タイマッサージの店は、タイじゅうのいたるところにある。
国内需要もあるとはいえ、観光客をあてにしてる
マッサージやツアー、レストランはたいへんだろう。
いちどは店をたたんでも、再開するだけの体力があればいいけど。

きょねん42キロをあるいたのだから、
20キロちょっとなんて、散歩みたいなものだ、
となめてかかっていたら、けっこう足がはげしくつかれる。
とちゅうでたべたのは、ちいさなおにぎり3個と菓子パン1つ。
5時間で3万2000歩の、おてがるな遠足をたのしんだ。
家にかえったらビールで乾杯、とおもってたけど、
おやつにハンバーガーをたべたらねむってしまった。

posted by カルピス at 18:25 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

1996年のウィンブルドン女子準決勝で 伊達がみせた驚異的なねばり

1996年のウィンブルドン女子準決勝、
グラフと伊達の試合が「伝説の名勝負」として放映された。

このごろはあたらしい番組をつくれないせいか、
再放送とか、むかしの名試合がおおい。
伝説の名勝負というからには、伊達がいい試合をしたのだろう。
たのしみにみはじめたけど、
でも、1セット目は、グラフのつよさを徹底的にみせつけられた。
伊達がむつかしいボールになんとかおいついても、
さらにそれをうわまわるスーパーショットでとどめをさす。
伊達がひろってもひろっても、得点をあげるのはグラフだ。
2人とも、もちろんうまいのだけど、
たとえばフォルトのボールをどうさばくかなど、
ゲームと関係ないところにあらわれるふたりの達人ぶりがかっこいい。

2セット目にはいっても、あいかわらずグラフのペースだ。
ただ、だんだん伊達のうごきがつながるようになる。
1、2ゲームはうしなったものの、
そのあとつづけて6ゲームを伊達がとる。
試合のくみたてがうまく、グラフを左右にふっておいて、
重心がうつったのと逆の方向にボールをうちこむ。
グラフのサーブは驚異的なスピードだけど、
この日はなかなか第1サーブがきまらない。
反対に、伊達のフォアへのふかいリターンが効果的だった。
グラフのいらいらがまし、
うまくいかないなーという表情がみてとれる。

試合のとちゅうで観客席から
「グラフ、ぼくと結婚して!」と声がかかる。
場内にわらいがわきおこり、グラフもほほえみをうかべ、
「お金はいくらもってるの?」とかえす。
これでまたわらいがおこったのだけど、
伊達はこのとき「わたしじゃだめ?」
といおうとおもっていた、とネットにでていた。
シャイなので、くちにできなかったそうだ。
試合ちゅうの静寂にたいし「サンキュー」と
アナウンスがあるテニスにおいて、
こんな場面がうまれるのだから、
さすがはウィンブルドン、というかんじ。

2セットがおわったところで日没順延となり、
3セット目は翌日にもちこす。
この日のグラフはサーブがさえ、かんたんにキープする。
おたがいに2つずつゲームをキープしたあと、
グラフはブレイクをはさみ3ゲームつづけてとる。
1ど目のマッチポイントはだてがキープしてのがれたものの、
つぎのゲームはあっけなくおとし、6−3でやぶれた。
2セット目でみせたねばりが この日は再現できなかった。
「伝説の名勝負」だったのは2セット目だけで、
のこりはずっとグラフが主導権をにぎっていた試合だ。
それだけに、伊達のいきおいを3セット目にもちこせなかった
日没順延のあつかいが残念だった。

24年まえのこの試合を、わたしはまったくおぼえていない。
新型コロナウイルスの影響で、
テレビとラジオの番組づくりがむつかしくなっており、
そのおかげでグラフと伊達のつよさがよくあらわれた
「伝説の名勝負」をたのしめた。
伊達選手がえんじた2セット目の驚異的なねばりは
「伝説の名勝負」の名にあたいする。

posted by カルピス at 21:49 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

「みんなで筋肉体操」は、家でする筋トレのさきがけだった

家からできるだけでない生活、ということで、
家でもできるトレーニングがネットで発信されている。
体感をきたえたり、腹筋がバキバキになるようなことが
アピールされているけど、どれもなかなかたいへんそうだ。
いくら効果があっても、たのしくなければながくつづかない。
「筋肉はうらぎらない」で有名になった
「みんなで筋肉体操」は、いまおもえば、
家でする筋トレのさきがけだったといえる。
そして、わたしとの相性がとてもよかった。
最高にがんばって、やっとできる、という
ギリギリの線をついてくるので、
ついのせられてがんばってしまう。
お風呂のまえにとりくむことがおおく、
夕ごはんがおわり、パソコンにむかっていると、
からだはもううごきたがらない。
つかれてるから、きょうはやめようと、なんどおもったことか。
でも、筋肉体操をあきらめて歯みがきをはじめると、
そのうちからだと頭がすっきりしてきて、
「今夜の筋肉体操」をする気になってくる。
わたしの場合、歯みがきは、トレーニングのスイッチになっている。

もともとわたしは家にいるのがすきなほうで、
おなじリズムをまもって一週間をすごしてきた。
新型コロナウイルスにより、できなくなったのは、
図書館の利用と水泳で、休館になったのだから我慢するしかない。
あとは、食料品のかいものと、本屋さんへのおでかけぐらいだ。
野外ですきなのはジョギングと自転車だから、いまでもできる。
ただ、社会の雰囲気がおもたくなり、
感染への不安から、ときどき気もちがゆれることがある。
いまは、仕事にかよっているから 正気をたもちやすいけど、
強制的に家だけの生活になれば、かなりつらいだろう。
家のそとで、だれかとおしゃべりすることが、
どれだけ気をやわらげるか、はかりしれない。

このまえ「目の前のことに全力で」とかいた。
筋肉体操をしてるときは、まさに
「目の前のことに全力で」とりくんでいる。
筋肉体操が5分間だから、ではなく、
トレーニングとは、そもそも
「目の前のことに全力で」とりくむものだ。
ただ、リラックスしてすごす時間は、シングルタスクより、
マルチタスクのほうがたのしい。
おしゃべりや雑談は、なにかの目的があってするものではなく、
そのことじたいが目的になっている。
お酒もまた、シングルタスクよりもマルチタスクのほうがいい。
「目の前のことに全力で」お酒にのぞむのもありとはいえ、
ふつうお酒は、たべながら、音楽をききながら、本をよみながら、
だれかとおしゃべりをしながらたのしむ。
シングルタスクでないところにお酒のよさがある。

posted by カルピス at 22:30 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする