2017年06月30日

認知症のかたのちからを うまくひきだしている ハーブショップのこころみ

しりあいのハーブショップで雑談していたら、
さいきん認知症の方に ビニールハウスの手つだいをしてもらっている、
といわれた。
おじさんにあたる方だそうで、
苗がたくさんはいっている箱をちがう場所へうつしたり、
ハウスまわりやポットの草とりをおねがいしているという。
草とりでは、ポットにはえた草を
ただぬいてください、とおねがいすると、
どのポットが草ぬきをおえたものかわからなくなり、
なかなか仕事がすすまなかったそうだ。
そんなとき、おわったら、ちがう場所へポットをうつす、
というルールをきめると、いっぺんでまちがいがなくなっている。
また、箱をうごかす仕事のむときは、
ハウスのむこう側にロープをはって、
このロープよりむこうへはこんでくださいと、
視覚的にわかりやすくすれば、
どこまではこべがいいのかを、
わすれずにとりくめるようになったという。

その認知症の方は、家にいるとふさぎこみがちだったけど、
ハウスではひとの役にたてるし、お金ももらえるので、
よろこんで仕事にこられるようになっている。
けしてむりにハウスですごしてもらっているのではなく、
店長さんにすれば、自分がやる仕事を
その方がやってくれるので、すごくたすかっているそうだ。

仕事のおわりをはっきりさせたり、
どこまで箱をもっていけばいいのかを、
みてわかるようにする工夫は、
ふだんわたしがしている障害者支援にも共通する。
はなしをきいていると、店長さんは
わたしよりもずっとじょうずに
認知症のかたのちからをひきだしている。
まったくの民間事業所であるハーブショップが
介護とか支援とかを意識しないで、
いかにも自然なかたちをとりながら、
認知症のかたの居場所となっている。
町づくりのすばらしい実践が、
おもいがけなく 身ぢかな場所でおこなわれていた。

認知症の方とすごすとき、
どうしてもできなくなったことに目がいきやすいけど、
店長さんのように、できることをみつけていけば
能力をいかせる仕事はきっとたくさんあるし、
そこではたらいてもらえば、おたがいがたすかる。
認知症の当事者や家族の方、
中途障害で 仕事をつづけられなくなった方など、
こうした関係を、おおくのひとがもとめているのではないか。
介護として、なにかをやってあげることばかりを意識するのではなく、
そのひとが得意な活動をみつけ、
どうしたら自分だけでとりくめるかを工夫すれば、
老人や障害をもったひとでも、もっと自然なかたちではたらける。
年をとれば、障害をもてば、
自動的に介護施設へまわされるのではなく、
できるだけそれまで自分がおくってきた生活をつづけながら、
はたらいて、まだひとの役にたてるのだという実感は、
施設にいるよりも ずっとまえむきな気もちをうみだすだろう。

ハーブショップの店長さんは、
社会のために役だとうとか、ボランティアになれば、なんて
まったくおもっていない。
ハウスでの仕事を手つだってもらうと、
ほんとうにたすかるから きてもらっている。
無理のない自然なかかわり方で、おたがいがいい気分ですごせる。
すばらしいとりくみに、すっかり感心した。

posted by カルピス at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

『自閉症の僕が跳びはねる理由』(東田直樹)

『自閉症の僕が跳びはねる理由』
(東田直樹・角川文庫)

すこしまえにNHK特集「自閉症の君が教えてくれたこと」をみた。
会話ができない東田さんなのに、
しっかりした文章をパソコンにうちこむようすにおどろいた。
重度の自閉症であり、おちつかないと
あたりをピョンピョンとびまわる東田さんが、
パソコンにむかうと 高度に知的な論理をくみたてていく。

この本は、
「いつも同じことを尋ねるのはなぜですか?」
「自閉症の人はどうして耳をふさぐのですか?」
といった、
「なぜ◯◯なのですか?」という質問にこたえるかたちで
自閉症のひとが どうかんがえ
なににこまっているのかがまとめられている。
わたしは仕事として日常的に
自閉症の方とせっしているけれど、
なぜ◯◯なのか、わからないことばかりだ。
ほんとうに、なぜおなじことをなんどもたずねるのだろう。

ここにあげられた回答は、
東田が自分についてかたったもので、
ほかの自閉症のひとにはあてはまらないかもしれない。
それでも、自閉症の方が この本のように
自分のかんがえをかたってくれたのは、とても参考になる。
どうか、僕たちが努力するのを最後まで手伝って下さい。

僕たちの勉強を手伝ってくれる人は、僕たち以上に忍耐力がいります。その上、どう見ても勉強好きには見えない僕たちの、本当の気持ちを理解できないといけません。
 僕たちだって成長したいのです。

など、そばにいてほしい、よりそってほしい、
そっとみまもってほしい、というねがいが
なんどもくりかえしかかれている。
自閉症だから特別な対応が必要なのだけど、
本人によりそい みまもるのは、
どんなひととのかかわりでもかかせない。
おなじことをくりかえしたり、
ピョンピョンとびはねたりする自閉症の方が、
もっと成長したいというねがいをもっているのを、
わたしはまったく想像できずにいた。

東田さんは、質問にこたえながら、
「僕たち」と、自閉症者の代表としておおくをかたっている。
東田さん個人のかんがえなのに、あえて「僕たち」として、
自分では声をあげられない仲間たちのおもいを
代弁しているのではないか。
東田さんがこの本をかいたのは13歳のときで、
13歳の東田さんでなければかけなかった気もちが
素直に表現されているからこそ、貴重な意見だ。

自閉症のかたには、視覚的につたわりやすいよう、
よくカードをつかってスケジュールをしめしたりする。
東田さんは、そうされるのがすきではないという。
なぜかというと、やる内容と時間が記憶に強く残りすぎて、今やっていることが、スケジュールの時間通りに行われているのかどうかが、ずっと気になるからです。

わたしの職場にも、カードをしめすと
その刺激につよくひっぱられてしまい、
うごきにくくなるひとがいる。
また、わかりやすく予定をしらせるのが、
支援者として当然の役わりだとおもい、
たとえば、まえの日に予定をつたえたりすると、
その記憶がつよくのこりすぎて、
ほかの活動に気がまわらないくなるひとがいる。
東田さんがこの本にはっきりかいてくれたから、
自閉症のなかには視覚的な情報に
むかないひとがいるのをしった。
ただ、東田さんが、視覚的な支援を否定されているからといって、
すべての自閉症のかたもおなじとは、かんがえないほうがいい。
ひとによって支援の方法に ちがいがあるだけのはなしだ。

この本のおわりに短編小説「側にいるから」がおさめられている。
東田さんでなければかけない不思議なはなしであり、
13歳がかいたとはおもえないほど ととのった文章だ。
会話ができず、文字をうつのにも
ひとことひとことしぼりだすように
キーボードをたたく東田さんが、
こんな「ふつう」な小説をかけるとは。
いや、13歳の少年なのだから、ほかの子どもたちのなかにも
このようにたくみな小説をかく子がいるだろう。
東田さんは 自閉症ではあるけれど、
内面にはおおくのおもいをかかえている「ふつう」の13歳だ。

posted by カルピス at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

「認知症とともに よく生きる旅へ」残酷な認知症に希望がほしい

ETV特集「認知症とともに よく生きる旅へ〜丹野智文42歳〜」をみる。
丹野智文さんは39歳のときに認知症を発症した。
アルツハイマー病と診断されてからも、
職場の理解をえて仕事をつづけている。
認知症になったらおしまい、ではなくて、
まえむきに生きつづけるためには
どうしたらいいのだろう。
丹野さんは、すすんだとりくみでしられるスコットランドをたずねる。

スコットランドでは、認知症と診断されたかたを、
リンクワーカーとよばれる専門家が支援している。
そのしくみをおしえてもらったり、当事者団体との交流など、
丹野さんは充実した取材をつづける。
日本でも当事者の声をとりいれたしくみづくりにとりくみたいと、
はりきっておられた丹野さん。
でも、日本にかえり、取材でのメモをとりだすと、
かなりの記憶をすでにうしなっていた。
大丈夫、これがあればふりかえられるからと、
まえむきな姿勢をみせながらも、丹野さんはなきだしてしまった。
取材のときにかんじた希望、そして興奮を、
こんなふうにわすれてしまうなんて、認知症はなんて残酷なのだろう。

番組の意図は、認知症になってもまえむきに生きられる社会を、
であったのだろうけど、
わたしは、あすへの希望よりも、
認知症の残酷さをよりつよくかんじた。
こんなふうにとりくめば、まえとおなじようにくらせる、という
しくみが日本ではととのっていないだけに、
丹野さんはひとりで問題をかかえているようにみえる。
認知症のひとが 旅行にでかけ、
取材した内容をメモするのはすばらしい体験だけど、
それを日本にかえってから文章におこす、
というながれに問題があったのではないか。
わすれやすいのだから、その日のできごとを、
その日のうちにブログなり文章におこしたほうがいい。

そんなことはわかっている、と丹野さんはいわれるだろう。
わかっていてもわすれてしまうから たいへんなのだ。
わたしだって、いつ認知症を発症するかわからない。
認知症のこわさにおびえるのではなく、
希望をかんじるにはどうしたらいいのか。
残念ながら、番組をみるかぎり、
発症してもなんとかなると
まえむきに気もちにはなれなかった。

スコットランドに滞在ちゅうの丹野さんは、
とてもいきいきとした表情をされていた。
それは、スコットランドにくらす認知症の方々が、
自分の人生を いまもたしかにいきつづけていると、
丹野さんがかんじたからだろう。
そうしたすすんだとりくみが 日本にも必要であり、
とりいれるにあたり、丹野さんには、当事者としての意見を
これからどんどん発信していただきたい。
認知症の発症や進行におびえたり、自分がなさけなくなって
なきだしたりしないですむ社会であってほしい。

posted by カルピス at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

成人をいわう会

わたしのつとめる介護事業所で、
4人の新成人をいわう会がもよおされた。
おいわいのことば、エンタテイメント、など、
10ほどのプログラムにそって、2時間の会となる。
2時間もつだろうかと、心配していたけど、
ひとつひとつのプログラムにゆっくり時間をかけると、
たいくつせずに、むりなく2時間をすごせた。

高等学校でかかわった先生がたもまねき、
おいわいのことばをいただくと、
なかにはことばにつまり、なきだした先生がおられた。
そんな先生にならえたら しあわせだ。
この先生が雰囲気をととのえてくれたおかげで、
会の雰囲気が、いい方向にむいたような気がする。

保護者からの手紙では、
「生まれてきてくれてありがとう」
とよまれたお父さんがおられた。
わたしもひとりの親として、
こころをこめて そうむすこにかたりかけた
お父さんのしあわせをおもった。
生まれたときから集中治療室だったので、
とても成人をむかえられるとはおもわなかった、
とはなされたお母さんがおられた。
4組の保護者のうち、2人のお母さんには
新成人への手紙を用意してほしいと、つたわってなく、
でも、そんなぬけたところも、
適度なゆるさにおもえるいい会だった。

会がおわり、特注のお弁当をたべながら、
なんねんもまえに 成人式をすませた利用者の方に
きょうの感想をたずねた。
「すでに成人をむかえた先輩として、
 なにかアドバイスはありませんか?」
20歳をむかえても、なにか目標をもたなくては、
ただ毎日をすごすだけの生活になってしまいがちだ。
そうならないための、なにかいい方法はないだろうか。
わたしがたずねた32歳の男性は、
まいにちを げんきにすごせるだけでしあわせです

とこたえられた。
きれいごとをいわれたのではなく、
20歳のころからそうかんがえていたそうだ。
わたしがたどりつきたい達観を、
すでに身につけておられるのにおどろいた。

20歳になったら酒やタバコをたのしめる、
というのも「いまさら」っぽくてリアリティがないし、
20歳なったら責任をもって、といわれてもこまる。
そだててもらった両親に親孝行を、もピンとこない。
なにが成人式だと、わたしはへんにソフィスティケートされ、
自分が成人をむかえたときは、すなおによろこべなかった。
きょうのように、この日をむかえられただけでありがたい、
というはなしをきくと、エリをただされるおもいになる。
障害をかかえて生き、きょうをむかえられた4人とその家族は、
ほんとうにしあわせをかんじておられるようにみえた。

20歳はたしかにひとつのくぎりだけど、
まだそのさきの人生はながく、
じっさいには20歳をむかえたからといって、
なにかがおおきくかわったりしない。
それでも、ひとつのくぎりをつけて、
これからのすごし方を あらためてかんがえるのは
わるくないこころみだとおもうようになった。

posted by カルピス at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

NHK特集「自閉症の君が教えてくれたこと」の衝撃

NHK特集「自閉症の君が教えてくれたこと」をみる。
東田直樹さんは22歳の自閉症で、
ひとと会話ができない。
パソコンや、紙にかいた文字盤をおしながら、
自分のかんがえをまとめ、あいてにつたえている。
おちつかなくなったときの動作や、
帽子をかんでイライラをこらえたりする
自閉症者によくみられるしぐさをみると、
重度の障害者にしかみえない。
文字盤をつかってはなす 東田さんのことばによって、
自閉症のひとたちが、内面では複雑な思考をくりひろげていると、
わたしは はじめてしった。

東田さんは、取材におとずれた丸山さん(NHKのディレクター)が、
がんをわずらっていることをきき、
がん患者になることで、価値観がかわりましたか?とたずねる。
ディレクターが、
「やはりいろいろかわりました」とはなしだしたら、
東田さんは
「僕は人の価値観はそんなに簡単に変わらない、
(価値観は)つみかさねた人格のようなものだからです」
と自分のかんがえをつたえる。
また、丸山さんが生きるうえで大切なこととして、
命のバトンをつなげることをあげると、
東田さんは、
「僕は人の一生は、つなげるものではなく、
 一人ずつが完結するものだと思っています」
と自分のかんがえをのべる。
命がつなぐものであるなら、
つなげなくなった人はどうしたらいいのか。
一人ひとりが人生を生ききることで、
残されたひとたちは その姿をみて
自分の人生を生きつづける。

13歳の自分になにかアドバイスするとしたら、
という問いかけには、
いったんかいた「ありのままでいい」をけして、
「人生は短い」にかえている。
「アドバイスできるものがあるなら
 それははげましのことばではありません。
 つらすぎる毎日をおくっている僕の耳には
 とどかないとおもいます。
 僕は人生は短いという事実を伝えたいです」

東田さんのコメントをかきとめると、
ひじょうに独特なみかたをしているようにみえる。
しかし、それはきゅうにピョンピョンとびはねたり、
いらいらすると帽子をかじったりする東田さんが、
そうした発言をするからおどろくのであり、
はなしている内容じたいは、あんがいあたりまえだ。
平凡といっているのではない。
とてもまともなのにおどろかされる。
東田さんは、自閉症者でないものにもわかるいい方で、
自分のかんがえをつたえてくれる。
重度の自閉症者が、
内面ではこんなゆたかな精神活動をおこなっていると、
わたしは想像したことがなかった。
東田さんがくちにするまっとうなかんがえに、
わたしはつよい衝撃をうけた。
自閉症ならでは、というよりも、
ごくふつうの人間としてとらえられる 貴重な発言だ。

posted by カルピス at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする