2020年07月09日

クッキー工房「KUKO」の開店から3週間

「KUKO」がオーブンして3週間がすぎた。
これまでクッキーをつくっていた部屋は、
ふえてきた利用者には つかいにくくなったので、
あるいて200メートルのところに
あたらしくひらいたお店が「KUKO」だ。
改修工事がおわり、いつでもお店をあけられたけど、
ちょうど新型コロナウイルによる自粛期間となったため、
営業開始がおくれてしまった。
そのあいだ、お店のまえをとおるひとは、
いったいここはなんのお店なのだろうと
気になっていたようだ。
とくに開店をしらせる看板はだしていないのに、
いちにちに、なんにんかのひとがお店をのぞき、
クッキーやプリンをかっていかれる。
かくれがみたいなお店もかっこいいね、と、
情報誌には開店をおしらせしていないし、
SNSによる積極的な宣伝もしていない。
なによりも、営業時間が10時から16時と、
会社つとめをしているひとにはたずねにくいい時間設定だ
(土日、祝日は休業)。
名実ともにまぼろしのお店として、ひっそり、そっけなく営業したい。
xjjyScOnoeYP0TiYXrmBY48T1HPxQTu_h3UjnGX7qb2sRhW2YLlGqfxcCTAhHZNBjBWuAk7Gm5RMAG1QijxUZXzgZoj60u4tfNeEhfJvMSAv0fR9gNXFoQ9SB4k8mGLWXX6b7dDX1lLPvgDuATju2nqqqCfuue3muQRpzc6aCuYVQ0-5rwI2R_OE762iT2lBtiH5uWRvux4bGt8zzjYuAq--.jpg
店内には、AMラジオの番組がながれている。
気のきいたオーディオなどではなく、
棚のしたにおいてある、レトロなラジカセなのに、
音響効果をかんがえつくした装置のように、クリアな音だ。
ふるいのか、あたらしいのかわからない空間となり、
いかにも「KUKO」らしい、それらしい雰囲気をだしている。

駐車場もないので、「KUKO」にこようとおもったら、
どこかはなれた場所に車をとめ、
いくらか あるかなければならない。
でも、都会では、駐車場がないお店なんてあたりまえだろう。
しばらくやってみて、駐車場がないことは
「KUKO」のつよみかも、という気がしてきた。

コロナの影響で、いまはクッキーとプリンだけの販売だけど、
もうすこしおちついたら、コーヒーメーカーでいれた
ドリップ式のコーヒーをやすく提供し(寄付ていど)、
お店のなかでクッキーやプリンとともに
くつろいでもらえたら、とおもっている。

みためがおちついていて、かつ そこそこおしゃれなので、
こんなお店ではたらきたいと、就労継続B型事業所として、
これから「KUKO」は人気がでるにちがいない。
いまはいちにち平均6人の方が利用されているけど、
すぐにまた手ぜまになりそうだ。

posted by カルピス at 22:22 | Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

ペットといっしょに入所できる特老「さくらの里山科」

きょうの「ラジオマンジャック」(NHK-FM)のテーマは「定番」。
土曜日の夕方4時になると、この番組をききながら、
ブログをかくのがわたしの定番になってきた。
そのまえに、ひるねをするのも土曜日の定番だ。
ひとの生活は、定番でできているといってもいいのではないか。

朝日新聞土曜日版beも、あたりまえだけど
土曜日だけにきょうの定番だ。
コラム「それぞれの最終楽章」は
特老の施設長、若山さんが「ペットとともに」をかいている。
この特老は、ペットといっしょにはいれるというからすごい。

特別養護老人ホーム「さくらの里山科」では、
犬10匹、猫9匹が、約40人の入居者と住んでいます。入居者が連れてくる以外に、殺処分されそうな犬や猫も引き取っています。大好きなペットと一緒に最後までー。そんな思いを支えるために、「山科」を立ち上げました。

(入所者のひとり山口さんは)「喫茶店イベント」には、亡くなる半月ほど前まで、毎回来ていました。職員とボランティアが運営する喫茶スペースで、本格的な機械でいれるコーヒーを150円で飲めます。入居して2ヶ月目には車いす生活になりましたが、ひざの上にチロを乗せて、喫茶店イベントに参加していました。

山口さんが亡くなるときには、チロが枕元にいて、
チロにみとられながら、山口さんは旅だったそうだ。

「さくらの里山科」のブログをみると、
ネコたちがソファでねむっている。
https://ameblo.jp/sakuranosato-yamashina/entry-12608580293.html
動物たちといっしょにくらすには、
衛生面への配慮や、動物の病気・ケガへの対応、
動物どうしの相性など、たくさんの仕事がでてくるだろうけど、
こんな特老にはいられたらしあわせだ。
わたしは、いまいっしょにいるココを家にむかえるとき、
さいごまで世話ができるかどうかをかんがえた。
わたしのほうがさきにいってしまい、
ココが途方にくれてはたいへんだから。
特老にははいりたくないけど、「山科」だったらお世話になりたい。

10年以上まえ、歯がすごくいたくて、
わたしはつらい夜をすごしたことがある。
家にいたネコのピピがわたしによりそってくれ、
その存在がどれだけありがたいかに感謝した。
死ぬときは、家族でなくても、
なかよしの動物がいっしょだったら、おだやかにいけるだろう。
わたしはいま、障害者介護の仕事についているけど、
動物を施設のなかにとりいれようとしたら、
さまざまな問題がでてくる。
「大好きなペットと一緒に最後まで」を実現させた、
「さくらの里山科」のすばらしいこころみに、あつい拍手をおくる。
MoDy8JEIQSqRzEj8xcig9V_cuLlILAt01k-_AFi0NYWN2N2gkNOtcQmcqATVlUpEPL26m36vUHHcrOLHykBGOYWZGR7yTarVNxwgRWwBul4xwYiA8w1lXFXuzgVUq2xvOpthqd3TThvEL6Jj_pJBTrb9vpBfwDIbERUBfOJFYp2pCtzpOW_PskveXn1Ds9Of8Rebi-7H9m6v_dP7N3srMyw8.jpg
きょうから、もうひとつの土曜日の定番、
Jリーグの実況放送が再開される。

posted by カルピス at 17:12 | Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

「KUKO(クーコ)」が開店しました

わたしが仕事をしているクッキー班に、
あたらしい工房がくわわった。
名前は「KUKO(クーコ)」。
英語やフランス語をお店の名前にしたくなかったので、
エスペラント語に適当なことばがないか ネットでしらべた。
クーコがよさそうだ。クーコにしよう。
エスペラント語で、ケーキや やき菓子のことらしい。
エスペラント語には、クッキーとしてべつの単語があったけど、
つづりがややこしいし、発音になじみがなかった。
かんたんにかけて、口にだしやすいクーコにする。
V4-YNkRUpHS6aQBaNhhsBxAcSZIbvBQJnVwtTd_wSQ555Cvs3einKR2Ns0jgLM-B-HsTRupiEDAwi1qsR354Z2snMOfWdXcm-lsWu1y0MdmkgjJ42WtJmdv4X_R5nktz_n8fuNBrUAZRhNqvY-izjGX_1wcBkngxiIdB5Rs3mG19g6DebhjlVuj9BI1mVh7URX7TceCjEB94ln-RBXPxwqNt.jpg
クーコは、お店の部分と、クッキーをつくる部屋にわかれている。
お客さんがお店にはいると、いろんなクッキーがえらべるし、
クッキー工房のメンバーが、
仕事をしている場面が目にはいるつくりになっている。
きょうとあすが 開店記念日と、保護者にはチラシをくばった。
まったくクーコをしらない とおりすがりのひとも
なんにんか店にはいり、クッキーをかってくれた。
いりぐちに、「KUKO」とかかれているけど、
いったいなんのお店だろうと、気になっていたひとがいたようだ。
KUKOはクッキーをつくり、その場でうるお店です。
お店でコーヒーをのみながら、クッキーをたべることもできます。
ご来店をおまちしています。
xjjyScOnoeYP0TiYXrmBY48T1HPxQTu_h3UjnGX7qb2sRhW2YLlGqfxcCTAhHZNBjBWuAk7Gm5RMAG1QijxUZXzgZoj60u4tfNeEhfJvMSAv0fR9gNXFoQ9SB4k8mGLWXX6b7dDX1lLPvgDuATju2nqqqCfuue3muQRpzc6aCuYVQ0-5rwI2R_OE762iT2lBtiH5uWRvux4bGt8zzjYuAq--.jpg

posted by カルピス at 21:06 | Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

あたらしいクッキー工房ができました。名前は「KUKO」

第2クッキー工房となるお店ができあがった。
まだ必要な機材がそろっていないし、
そもそも新型コロナウイルスの影響で、
いまはお客さんをもてなせない。
コロナの状況がおちついてくれば、
クッキーをやいたりコーヒーをだしたりできる
居心地のいいお店になるだろう。

お店の名前は「KUKO」。
英語やフランス語をつかいたくなかったので、
エスペラント語をあたってみたら、
やいたおかしやケーキを「KUKO」というらしい。
クッキーとか、おかしとかの意味のエスペラント語は
ほかにもあり、ふつうはそっちがつかわれているそうだ。
でも、つづりと発音がなじみにくかったので、
かんたんな「KUKO」にした。
ABilpOt5AZ9Oyir-LjyPA0uV8E2vRA_H_85s4P5m38T8XXcJgFXGXFNKbwNndL-aS4mbtsoRB_8vPRRWU1h-DiXiz4f_8iEv2_tRuqqlTGbJOtEg8NJ_eN5YP0y4FB3rDMJiRscAZwBo9wAinpXq61ExTUZo1BVAP2AEEaxVsNUQ-Zu31KxyX609mPLolwq6ihM7pM8RHr373adUyC5jbOhj.jpg
いまクッキーをつくっている「クッキー工房」は、
となりの部屋を休憩室としてつかっている。
もともとはそこをお店にして、
クッキーや雑貨をあつかうはなしがあった。
となりの部屋なので、店の名前は「となりのお店」。
いい名前だと気にいっていたけど、
ここをお店にすると、休憩をする部屋がなくなるので、
けっきょく実現しなかった。
「KUKO」は、実質的にはあたらしい「となりのお店」である。

「KUKO」という名前を案としてだしたとき、
「となりのお店」という いい名前があるのを
すっかりわすれていた。
「KUKO」だけではさみしいので、
「となりのお店 KUKO」、あるいは
「Tonari no Omise KUKO」にすればよかったと
あとになって気づき、残念がる。
いつも肝心なことはあとからおもいだす。

posted by カルピス at 22:05 | Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

超レアなうるう日にとらわれると、うるう日問題からぬけだせない

障害者介護には、移動支援というサービスがあり、
やすみの日のおでかけなどに、ヘルパーがつきそい、
1対1の対応で支援をうけられる。
このサービスは、市町村によって給付単価がことなるため、
それぞれの事業所が、自分たちで請求用のファイルを工夫している。
わたしがつとめる事業所は、わたしのパソコン師匠に注文をだし、
つかいやすい請求ソフトをつくってもらった。

きょうになって請求事務の担当者から、
パソコンが2月29日を認識しない、と連絡がはいった。
うるう日を、パソコンがうまくあつかえなかったようだ。
ほかの日にはいったサービスは、ふつうに計算するのに、
2月29日のサービスだけは、うけつけてくれない。
まえに請求事務を担当していたこともあり、
なんとかならないかと、わたしにも声がかかった。
この請求ソフトはファイルメーカープロという
データーベースソフトでつくってあり、
2月29日を有効にするには、なにかややこしい関数を
どこかにくわえる必要がありそうだ。
そんなこと、わたしにわかるわけないので、
どうしたものかと、パソコンのまえでかたまってしまった。
パソコン師匠に連絡をとると、すぐにはうごけないという。
前回のうるう日は、おそらく平日だったため、
おでかけの支援が必要ではなく、
うるう日問題をスルーできたのだろう。
今回のうるう日は土曜日だった。何十年にいちどのレアケースだ。
こうやって対応したものか。

正解は、2月29日を、ほかの日におきかえる、だった。
移動支援の請求においては(国保連むけの請求ではないので)、
サービスをおこなった日にちがとくに重要なわけではない。
2月におこなったサービス分を、請求できたらそれでいいわけで、
だったら便宜的に29日を28日にかきかえたらいい。

これに気づいたのは理事長だった。
理事長といっても、机にすわって新聞をよむような
おかざり的な存在ではなく、というよりも、
だれよりも現場の最前線にながくいたがる宮崎駿さんタイプだ。
宮崎駿さんがいうには、司令官として指揮をとる人間は、
塹壕にはいって弾のうちかたをおしえたりしたらダメなのに、
自分はついそれをやってしまうという。
わたしたちの理事長も、そういうところがある。
そんな理事長だからこそ、目さきの問題を
とりあえずさきおくりする、応急処置をほどこせた。

わたしは、29日がうるう日なのにとらわれて、
29日を2月にどうくみいれたらいいか、そればかりをかんがえていた。
だいじなのは、それが2月におこなったサービスかどうかであり、
29日を28日にかえても 2月であることにかわりはない。
じっさい、請求ソフトは、それでなにも問題なく計算してくれた。
うるう日を、どうしたら2月にくみこめるか、
真正面にとらえて頭をかかえるのは、この場合、むだな努力だ。
ただ日にちをずらせばいいのでは、と理事長が
柔軟なかんがえ方をさっとだしてきたのに感心した。
わたしにかけているやわらかなとらえ方で、
うまくいかないときの対応として絶妙だった。

posted by カルピス at 21:01 | Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする