2017年05月03日

ガルポプに、ついていけたいけど、ついていけないわたし

ヒャダインさんの「ガルポプ!」や
津野米咲さんの「ゆうがたパラダイス」をきいていると、
ゲストとのおしゃべりはすごくたのしいのに、
そこで紹介される曲のどこがいいのかわからない。
最近のお気にいりといわれる曲をスタジオでききながら、
「いいですね〜」といいあう場面でも、
わたしにはまるでピンとこない。
いまはやりの曲だけでなく、あの曲をなんどもきいてそだった、
みたいなむかしの曲名をもちだされても、
わたしはほとんどカヤのそとだ。
それだけオヤジ度がたかいということなんだろうけど、
残念だし、なんだかさみしい。
ヒャダインさんや津野米咲さんのような、
最前線をゆくひとの感性にふれ、
なんとかついていこうときめたのに、
きめたからといって ついていけるものではなかった。
音楽を理解するちからにとぼしいのは、
感性の問題だけに、だめなときは、
どこにもひっかかりがみつからない。

もちろん、このみにはちがいがあってあたりまえなのだけど、
たとえば本についてなら、すぐれているかどうかが、自分でわかる。
書評家の記事を参考にすることはあっても、
よんでみておもしろかったかどうかは 自分で判断できるし、
ある程度たしかな目をもっているとおもう。
本屋さんへいって、かう本にまよったり、
図書館でよみたい本をきめられないなんて
わたしにはかんがえられない。
でも、いまはやりの歌謡曲やアニソンは、
わたしがよさをしろうとしても、なんのことやらさっぱりわからない。

美術もにたようなものだ。
わたしはこれまで有名な美術館、
たとえばルーブルやオルセーをたずねたことがあるけど、
たくさん名作とよばれる作品がならんでいるのに、
ほとんどなんの感動もおぼえなかった。
こういうのは、どこがどういいのか、
こまかく説明されて納得するものではない。
理屈ではなく、感性の問題なので、
ピンとこなければそれでおわりだ。

ミュージシャンのはなしをきいていると、
順番として、わかいころに熱中した体験がまずあり、
そこをスタートとして、
あとは 自分のこのみがうつりかわる過程を観察していく。
わたしには、20歳をすぎてからききだした
RCサクセッションしか 核となる音楽体験がなく、
いまあたらしい曲をきいても、基準になるポイントがない。
わかいころにどっぷりつかった体験が、
どれだけ大切な財産なのかを いまさらながらおもいしらされている。

posted by カルピス at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

清志郎の命日に 友だちから連絡がある

きょうは清志郎の命日だなーと、
なんとなくおもっていたら
友だちから電話がかかってきた。
ラジオがやたら清志郎をとりあげるので
きょうが清志郎の命日だと気づいたという。
そして、清志郎といえばあいつだと、わたしに電話をくれたのだ。
ひさしぶりにきくなつかしい声だったし、
なによりも清志郎の命日に連絡をくれるなんて すごくうれしい。

この友だちとは、10年ちかくまえに
福祉業界の研修でしりあった。
介護職のなれのはてになりつつあったわたしとちがい、
彼は支援のむつかしい行動障害の障害者を
どうささえていくかに情熱をかたむける立派な人物で、
地域の中心的存在として わかいひとたちからしたわれている。
でも、わたしとの関係では、
福祉をはなれた どうでもいい話題にかぎられ、
よんだ本や みた映画について はなしている。
そんななかで、共通するすきなミュージシャンが清志郎だった。
まわりに清志郎のことをはなせるひとがいないので、
命日であるきょう、わたしに電話をくれたという。
したしい友だちがほんのすこししかいないわたしにも、
こんな友だちがいてくれるしあわせ。
気の合う友達って たくさんいるのさ
今は気付かないだけ
街ですれちがっただけで わかるようになるよ

というRCサクセッションの「わかってもらえるさ」
をおもいだす。

清志郎が亡くなって、8年がたつ。
わたしがすきな清志郎は、
RCのころ、やせてツンツンとんがった髪をしている清志郎だ。
時代や世間に反発し、あぶなっかしい空気をふりまいていた。
でも、うたっている内容は、
だめな男のトホホなはなしだ。
清志郎についてのそんなむかしばなしを、
友だちとひさしぶりにはなしあった。

posted by カルピス at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

NHK-FMの「”失恋ソング”三昧」のラストがなんだかへんだった

きのうはNHK-FMで「きょうは一日”失恋ソング”三昧」として、
10時間つづけて失恋ソングをながしていた。
有働由美子アナウンサーが進行役をつとめ、
柏原芳恵・福山雅治・牧瀬里穂などのゲストから
失恋のはなしをひきだしながら
おもいでとなっている失恋ソングをおしえてもらう。
みんな恋愛や失恋のはなしがだいすきみたいで、
美形の彼らが そんなに失恋してるとはおもえないのに、
豊富な経験をかたってくれる。
10時間で62曲の「失恋ソング」がながされた。
ひとりあそびがおおかったわたしには、
これといった失恋ソングがとくになく、
有働さんとゲストの失恋(というか恋愛)ばなしに
これがおとなの恋愛なのかと おどろいた。
なかにひとりぐらい、恋愛から距離をおくひとが
ゲストにいたらおもしろかったのでは。
といっても、あんまりいろんな意見がとびかうと、
この番組むけの話題にならないので、
しかたのないところかもしれない。

さいごに3役の発表があり、
大賞には中島みゆきの『うらみ・ます』がえらばれた。
恋愛にうといわたしにも、この大賞はあてられた。
失恋をうたったうたが いくらたくさんあるといっても、
『うらみ・ます』のように、
正面きって相手を「うらみます」とやる曲は あんがいすくない。
『うらみ・ます』の迫力は別格だった。

番組のおわかれは、この『うらみ・ます』をききながら、
10時間をふりかえる、という場面だったのに、
なんだかへんにバタバタしていた。
この曲を大賞にえらんだのはまずかったかな、
みたいなやりとりがあり、
いきなり『春なのに』へBGMがかわった。
NHKと『うらみ・ます』には、なにか因縁があるのでは、
とかんぐってしまうへんなまくぎれだった。

posted by カルピス at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

RCサクセションの『雨あがりの夜空に』をききくらべる

ユーチューブでいくつかの『雨あがりの夜空に』をきいた。
コンサートやコラボのようすがアップされている。
なんだかんだいっても清志郎といえばこの曲にとどめをさす、
みたいな代表曲であり、わたしもだいすきだ。

 こんなこといつまでも ながくはつづかない
 いいかげんあしたのこと かんがえたほうがいい
 どうしたんだ Hey Hey Baby
 おまえまでそんなこというの
 いつものようにきめて ぶっとばそうぜ

「おまえまでそんなこというの」がなかせる。
ききくらべてみると、
「キング・オブ・ロック」なんてもちあげられるまえの、
すなわちRCのころの清志郎がだんぜんひかっている。
おおくのひとにみとめられる偉大なひと、ではなく、
とんがっていて、なにをやりだすかわからない
あぶなげなキヨシローだ。

歌詞がけっこうめちゃくちゃで、
「雨あがりの夜空に」かがやくのが、
ダイヤモンドなのかジンライムなのか さだまらない。
清志郎がテキトーにうたって バックがそれにあわせる。
ときには とばされる歌詞もあるし、
ごちゃまぜになったりもする。
コンサートだから、というより清志郎だから なんでもありだ。

曲がはじまるまえに清志郎がいった。
 このあとバリバリにもりあがって
 日本のわかいやつらは行儀がいいなって
 いわれないようにしようぜ!

愛しあってるかい!、だけじゃなく、
行儀のわるさも 清志郎はちゃんとよびかけている。

活動が有名になっていくと、おおくのひとがもちあげはじめる。
もちあげられたから かわるような清志郎じゃないけど、
行儀のわるい清志郎だって サイコーにいかしている。
清志郎をしたうミュージシャンがおおいのは、
たかい音楽性からしかたがないことなのだろう。
でも、まわりの評価なんて ぜんぜん気にとめず、
すきなようにうたっていた
RC時代の清志郎を わすれてほしくない。

posted by カルピス at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

「ゆうがたパラダイス」での異文化理解

夕方に利用者をおうちにとどけたかえり道、
きょねんまではNHK-FMの番組
「音楽遊覧飛行」をきく日がおおかった。
週ごとに担当者がかわり、
民族音楽や映画音楽にテーマをしぼられる。
吉村信彦さんの「食と音楽で巡る地球の旅」が
わたしはとくにすきで、音楽もたのしいけれど、
吉村さんのはなしをきいていると、
旅行への気もちをかきたてられた。

それが、4月から放送時間がはやくなり、
それまでの時間帯は「ゆうがたパラダイス」へとかわった。
こちらは、曜日ごとに担当者と内容がわかれており、
「音楽遊覧飛行」よりも、ずっとわかものむけのはなしがおおい。
ながされる曲も、わたしがしらないものばかりで、
50代のおじさんとしては、疎外感をつよくあじわう番組となる。

月曜日と火曜日の番組内容は、
わたしの関心とまるでかさならないのであきらめた。
でも、水曜日と木曜日については、
きいているうちに、ときどきピクッとくる曲がかかるようになった。
水曜日担当の津野米咲さん、木曜日の高田秋さんのはなしは、
自分がすきなことに没頭しているひと特有の、
なにやらつきぬけたところがある。
紹介される曲は、わたしがきいたことのないものばかりだけど、
メジャーなミュージシャンよりも ちからづよさをかんじる。
決定的だったのは、高田秋さんがとりあげた
「SHISHAMO(ししゃも)」の「明日も」で、
ラジオからながれるこの曲をきいていると、
ただもう とにかくいいかんじになってきた。
ユーチューブでなんでもきいていたら
頭のなかであのリズムがずっとぐるぐるまわっている。
ことしいちばんの曲として、話題になるのではないか。

いまはやりの曲をきいても、
わたしはまったくこころをうごかされないけれど、
おふたりが紹介する曲は、それらにはない魅力がある。
この番組をきいていなかったら、
ぜったいにわたしはであわなかった世界だ。
わたしは、津野さんと高田さんの感性に、
ついていきたくなった。

「音楽遊覧飛行」をきいていたら、
なじみの世界にここちよくすごせるけど、
あたらしい刺激はあまりうけない。
「ゆうがたパラダイス」に番組がかわり、
わたしには関係ないときめつけていたゲストや曲が、
ちがう世界をおしえてくれるのを ありがたくおもうようになった。
おじさんとしては、べつの人種とおもっていたひとたちに、
なんとかついていけてるようで、わるくない気分だ。
異文化とであい、すこし理解できたときは、
こんなよろこびをかんじるのではないか。

posted by カルピス at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする