2018年02月15日

プチもようがえでレコードが陽の目をみる

寝室につかっている部屋がごちゃごちゃで、
まるであたまのわるい高校生の部屋みたいだ。
乱雑でおちつかないので、もようがえする。
もともと3畳しかない、かくれがみたいなせまい部屋だ
50代の中年男性がねる部屋にしては、あまりにも不適切とおもう。
本棚をとなりのなんちゃって書斎にうつし、
ベッドのまわりには、できるだけものをおかないようにする。
たいしたもようがえではないけれど、
3時間くらいかかり、つかれはてた。
ひとつの部屋だけでこうなのだから、
ひっこしなんて絶対にしたくない。

3日ほどつかってみて、
もようがえがどうやら成功したのではないか。
部屋がおちついてくると本をよんでいても、
内容が頭にはいりやすい。
寝酒をのみながらレコードをきくのも
むりやり感がなく、自然な音楽鑑賞といえる。
ゆうべはディープ=パープルのベストアルバムをきいた。
王様が直訳ロックとしてうたっている曲が
このアルバムにもいくつかおさめられている。
意味を理解しながら外国のロックをきけるのはたのしい。
おどろおどろしくうたってるけど、
じゃあ内容は?というと、
たいしたことないのをしっているので安心する。

ディープ=パープルをうたったアルバムは深紫伝説。
そのなかの「ハイウェイ・スター」は高速道路の星だ。
https://www.youtube.com/watch?v=AJmnOgin08c
俺の車にゃ誰も乗れぬ
命がけのレース
俺の車にゃ誰も勝てぬ
凄いスピードを出す
う〜む最高!
言うことなしだぜ
こりゃパワーもあるし
タイヤも太いし全部ある

なんねんかまえのこのブログに、王様のライブをみた体験をかいた。
福祉関係のバザーになぜか王様がよばれており
(もう20年くらいまえだ。しかも2年連続)、
「王様」としかいいようのないコスチュームと、
日本語だけの直訳ロックにわらい、
でもギターのうまさと、
たのしくてしょうがないという王様の表情に
わたしはごきげんになった。
なさけない衣装に身をくるみながらも、
このひとはサイコーにたのしく生きている。
かっこいいとは、こういうことなのだ。
いまあらためてユーチューブをみてみると、
めちゃくちゃギターが達者だ(ようにみえる)。
本家よりもうまいのではないか。
ディープ・パープルとは関係ないけど、
「ジャンプ」という曲の直訳が
「ぴょん」というのにわらった。

もようがえになじめなかったのがネコのピピで、
この3日間は、夜になってもわたしのベッドにこない。
おしっこの被害におびえなくてもいいけど、
いざピピがあまえてくれないとさみしい。

posted by カルピス at 21:42 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

ラジオ番組をききたくて MP3プレーヤーを注文する

MP3プレーヤー「VEHOLION」を発作的に注文する。
FMラジオがききたかったからだ。 
わたしがかうくらいだから、4000円弱と、すごくやすい。
このごろながい距離(と時間)を
ずんずんあるくのがたのしくなってきて、
そのときのおともは iPodでの音楽よりも、
ラジオ番組のほうが散歩と相性がいい。
このまえ「ラジオマンジャック」ききたさに、
1200円(乾電池代をふくむ)でかったちいさなラジオは、
ステレオではないので 音楽をきくには
さすがにものたりなかった。
かといって、ステレオのラジオをかえば
けっこうな値段がするし、コンパクトさがうしなわれる。
いろいろかんがえて、FMラジオがきけるという
MP3プレーヤーをえらんだわけだ。
わたしがスマホをつかういちばんの用途は、
じつはラジオだというのがわかってきた。
だったら、ラジオをかえばいいと、ようやく気づいた。

でも、MP3プレーヤーの説明書に
「FMラジオを受信可能」とかいてあるとおり、
「可能」だけど、けしてスムーズにはあつかえない。
それに、このプレーヤーには ディスプレイがついているものの、
初期のiPodみたいに、ボタンをおして機能を選択するやり方だった。
タッチパネル方式になれた身にとって、
ボタンでの操作はかなりイライラさせられる。
とても実用にはならない。
いままでどおり、「らじる★らじる」のアプリをつかい、
スマホでラジオ番組をきくことになりそうだ。
ラジオをきくというシンプルな要求なのに、
その実現は、意外とハードルがたかい。

こんなことなら、iPod nanoをかえばよかったのかも。
値段のやすさにつられて つかえない商品を、
これまでにいくつかったことか。
わたしの散歩ライフを充実させてくれるには、
どんなラジオが適切なのだろう。

posted by カルピス at 22:40 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

ゆうパラにゲストできていたキリショーさんがすてきだった

きのうのゆうパラは、津野米咲さん担当の日で、
ゴールデンボンバーのキリショーさんがゲストにきていた。
といっても、わたしにはだれだかわからない。
わからないけど、すごくいいかんじのはなしかただ。
視聴者からのメールに、
「有名になっても腰がひくく、貧乏くさいキリショーさん」
とあった。
声だけから想像するキリショーさんは、
いかにもそんなかんじのひとだ。
ずっとまえからバンドをやってるのに、なかなか芽がでない。
すきとはいえ、バンドをつづけるのはなかなかたいへんだなーと、
ボロアパートのきたない部屋で
万年床にねころがっている30歳ぐらいのさえないオニーサン。
髪はボサボサで、きつい度のメガネをかけ、
ホオがこけ、無精ひげでシケモクをくわえ、歯が2.3本ぬけている。
きたないタオルを首にかけているかもしれない。
もちろん女性にはまったくもてない。
男にしか、このオニーサンの魅力はわからない。

でも、ネットでゴールデンボンバー、
そしてキリショーさんをみると、
予想していたのと、ぜんぜんちがうひとだった。
さいしょにキリショーさんの写真をみていたら、
チャラそうなわかい男がにが手なので、
わたしはぜったいかかわろうとしなかったろう。
実物のキリショーさんは、すごくかっこいい男性だ。
ラジオではなすキリショーさんは、ひたすら正直に、
正確にはなそうと ことばをえらんでおり、好感がもてる。

キリショーさんは、髭ダンディズムの
「コーヒーとシロップ」をリクエストした。
髭ダンは、とてもいいグループなので、
このまま素直につづけてほしいとはなす。
自分のことより、これから芽をだしていくであろう
わか手のことが気になる、ひたすら気のいいオニーサンだ。
自分が影響をうけた一曲では、クラシックをあげていた。
なかでもバッハのフーガ。
意外な一面だけど、そういわれれば
フーガは ほかの音楽に影響をあたえていそうだ。

ユーチューブで「女々しくて」をきいてみるけど、
わたしにはよさがわからない。
4年連続この曲で紅白にでていたなんてしらなかった。
でも、髭ダンディズムの「コーヒーとシロップ」は
たしかにいい曲だし、髭ダンを、
ストレートにほめるキリショーさんはすきだ。
音楽にくらいわたしは、
ゆうパラにゲストでよばれるミュージシャンの
ほとんどがはじめてしるひととなる。
ピンとこないときもあるけど、キリショーさんはすてきだった。

posted by カルピス at 21:59 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

きらクラ!で『トゥルー・ロマンス』の曲がながれておどろいた

NHK-FMの「きらクラ」をきいていたら、
クラシック番組のはずなのに、
いまふうで チャーミングな曲がかかった。
カール=オルフというひとの作品らしい。
どこかできいたことがある。
そうだ、映画『トゥルー・ロマンス』のテーマソングではないか。
でも、ふかわりょうさんは、カール=オルフを紹介するときに、
ひとことも『トゥルー・ロマンス』についてふれない。
あとでネットをみると、この曲はカール=オルフによる「Gassenhauer」で、
『トゥルー・ロマンス』とは関係なかった。
https://www.youtube.com/watch?v=TQ9_6W6bVoQ

正確には、関係ないというよりも、
『トゥルー・ロマンス』は
『地獄の逃避行』という作品のオマージュであり、
その『地獄の逃避行』が「Gassenhauer」をつかっていた。
『トゥルー・ロマンス』を監督したトニー=スコットが
作品だけでなく音楽も『地獄の逃避行』を意識したらしい。
『トゥルー・ロマンス』のテーマソングであり、
作品の雰囲気にぴったりの、おしゃれな「You're So Cool」は、
もとをたどるとカール=オルフの「Gassenhauer」という
ややこしい関係にある。

わたしは音楽にあかるくないので、
たとえば『がんばれベアーズ』で「カルメン」がつかわれていても、
それがビゼー作曲の有名な曲ということさえしらなかった。
まるでベアーズのためにつくられたかのように、
あの映画にぴったりだったので、
あとから「カルメン」をきいたときに
なんでオペラにベアーズの曲がつかわれているのだと、
なんだかへんな気がしたものだ。

『地獄の黙示録』でヘリコプターがとぶ有名な場面では、
ワーグナーが効果的につかわている。
はじめて黙示録をみたときは、
この作品にむけてつくられたとおもったぐらいだから
無知もここまでくると かなり重症といえる。

わたしがすきな『パルプ・フィクション』でも、
オープニングにぴったりの曲がながれる。
https://www.youtube.com/watch?v=LRVVECmDFYw
タランティーノ監督は、いったいどこから
あんなにいかれた(もちろんいい意味で)を
ひっぱりだしてくるのだろうと感心したものだ。
わたしがしらないだけで、きっと世間では 有名な曲にちがいない。
映画のためにあらたな曲をつくるのもいいけど、
まったくおもいもよらないところから
その映画にぴったりな曲をもってこられるのも
意外性があってたのしい。

posted by カルピス at 21:50 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

毎週土曜日は「ラジオマンジャック」

毎週土曜日は「ラジオマンジャック」
(NHK-FM)をたのしみにしている。
タイを旅行ちゅうは、らじる★らじるがつかえなかったので、
1ヶ月ぶりの「ラジオマンジャック」だ。
とくに先週は、9時間ぶっつづけでの年こし放送をきけず残念だった。

きょうは、ある会の時間を1時間かんちがいしており、
おわったのが4時まえになる。
「ラジオマンジャック」は家できけばいいやと
スマホをおいてきてしまい、らじる★らじるがつかえない。
電気屋さんにはいり、いちばんやすいラジオを、
単4電池2本とあわせ、1200円でかった。
イヤホンひとつのやすものラジオでも、
家にかえるまでの40分、番組をきけないよりはマシと判断した。
「ラジオマンジャック」がきけないと
わたしの1週間は すごく味けない。

きょうの「ラジオマンジャック」は、
番組はじまって以来というオールリクエストの企画だ。
なれしたしんだコーナーもいいけど、
たまにはこんな日があってもいい。
リクエストされる曲のほとんどをわたしはしらず、
でもいい曲がほとんどなので
ラジオで音楽をきくたのしさにひたる。
スティングの「イングリッシュマン=イン=ニューヨーク」、
ベッド=ミドラーの「ローズ」。
リクエストならではの統一感のなさが自由でいい。
犬の散歩ちゅうに「ラジオマンジャック」を
イヤホンなしでききはじめたら、
10分で犬の機嫌がわるくなった、というメールがおかしかった。

そういえば、わかいひとたちはメールをひらかないそうだ。
へんなメールだったらやっかいなので、
SNSでのやりとりでないとよんでもらえない。
音楽だけでなく、なにげないそんな情報がわたしにはおもしろい。

posted by カルピス at 22:29 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする