2021年07月05日

おもしろくよんだ木村岳人さんの「カンボジアの車窓から」はもうよんでいた

ヒロシさんの『迷宮グルメ 異郷の駅前食堂』をよくみる。
コロナ禍の影響で、海外の取材は ほぼ無理な状況となり、
番組は、ずいぶんまえから国内編にとりくんでいる。
国内編と海外編の再放送をつないで1回分の放送、
という方針が、テレビ局のだしたこたえだ。

わたしにとって問題なのは、
まえにかならずみたことがある内容のはずなのに、
ほぼ記憶にないため、新鮮な気もちでみられることだ。
この番組は、おとずれる国や町がちがっても、
やることはだいたいきまっている。
駅のまわりを散歩して、おもしろそうな店をひやかし、
お腹がすいたころに、よさそうなお店にはいって郷土料理を注文する。
だから、わたしがわすれてもいいわけできそうだけど、
いっしょに番組をみている配偶者は、
この場面はみおぼえがある、となんどか声をあげる。
わたしには記憶にないことばかりなのは なんだか残念だ。
タイトルにあげられた国名にはみおぼえがあり、
確実にみたことがあるはずなのに、
こまかなことはすっかりわすれている。
完全におなじ番組をながしたら再放送になってしまうので、
番組のスタッフが気をきかせて、
撮影したものの、放映はしてない お蔵いりのデーターをつかい、
あらたにべつの内容を編集している、
という仮説をわたしはたてている。

もうひとつすきな番組である「チャリダー 」でも
おなじことがおきている。
「チャリダー 」は、毎週土曜日の6時からの番組だけど、
かならずあたらしい内容をながすわけではなく、
「チャリダー 選」として、過去の番組を
再放送することがよくある。
このまえは、2ヶ月まえの番組の再放送だったのに、
そのほとんどをわたしはわすれており、
はじめてみたかのように 番組をたのしめた。

きょうのデイリーポータルZに、再放送としてのった
木村岳人さんの「カンボジアの車窓から」をよみ、
https://dailyportalz.jp/kiji/161219198351
わたしもいったことがあるアンコールワットの記事など、
なつかしくなってブログにかきたくなった。
でも、なんだかまえにもかいたような気がして、
検索してみると、そのとおり、ちゃんと4年前に記事にしていた。

みた番組、よんだ記事をすぐわすれる、
というこの文章だって、どこかですでにかいたような気がする。
年をとってくると、なにをやっても新鮮な気もちでとりくめる。
だれにも迷惑をかけてないし、自分もたのしいのだから、
年をとるのは わるいことばかりではない。

posted by カルピス at 21:52 | Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月14日

英語の勉強にもなる「ヒロシの駅前食堂」

ヒロシの駅前食堂のラトビア編をみていたら
(ただしくは、「迷宮グルメ異郷の駅前食堂」)、
ヒロシさんが駅のちかくで 撮影現場にでくわしていた。
女優っぽいひとに、スタッフがつきっきりでお化粧をしている。
ヒロシさんが「有名な女優さん?」
と ちかくにいた女性にたずねると、
「いずれね」(Will be)とこたえがかえってきた。
「Will be」。かっこいい 。
ただしいかどうかより、それっぽい、というのがだいじだ。
まさか「駅前食堂」が、英語の勉強になるとはおもわなかった。

ヒロシさんは、流暢に英語をしゃべらないので
テレビをみている側の人間も、自分のこととして、
ヒロシさんの旅行を追体験しているような気になる。
ヒロシさんは、おもしろそうな店があると、
「ジャパニーズTVプログラム、シューティングOK?」
とたずね、撮影の許可をもらう。
これが、意外とどこでも通用するのでおどろきだ。
ヒロシさんはこれまで英語圏の国へはいってないはずで、
でも「シューティングOK?」はどこでもまずつうじる。
撮影スタッフが、ヒロシさんのあとから
ぞろぞろついてまわっているので、
「シューティングOK?」といえば
だいたいわかってくれるのかもしれない。
もうひとつヒロシさんが得意なのは、
土地の料理を注文することで、
なんだかんだいいながら、結果的には
土地の名物料理がちゃんとでてくるからすごい。

わたしも、ろくに英語をはなせないけど、
旅行でつかう英語はたいていきまっているので
外国へいっても、食堂やチケットをかうのはなんとかなる。
社会情勢や宗教についてかたるわけではないし、
こちらがお客さん(お金をはらう側)なので、
むこうはなんとかこっちのいうことを理解しようとしてくれる。
ただ、もともとがひどい英語なので、
わたしがいっていることが、まったくつうじなくて、
なさけないおもいをすることがときどきある。
ヒロシさんは、そこらへんをじょうずにきりぬける。
ついてまわっている撮影スタッフには、
通訳のひともいるようなのに、
ヒロシさんがこまっていても、たすけてくれない。
ヒロシさんも、つうじないのがあたりまえとわりきり、
カタコトの英語でどうどうと質問し、
自分なりの解釈をのべ、ブツブツいいながらも
注文からしはらいまでを自分でのりきる。
わたしの印象では、おもしろさの傾向が、
アジア>西ヨーロッパ以外のヨーロッパ>西ヨーロッパ
の順になっている。
新型コロナウイルスがおちついたら、
ヒロシさんには東ヨーロッパへの旅にでてもらいたい。

posted by カルピス at 21:12 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月15日

プリペイドカード「NEO MONEY」のサービス終了

プリペイドカード「NEO MONEY」から
サービスを終了する、というメールがおくられてきた。
ことしの9月30日で、しはらいも、ひきだしも できなくなるという。
わたしは海外専用のカードにしているので、
残高をどうやって どうやってはらいもどしをしたらいいのか
総合案内へ電話をしてたずねる。
むこうからおくられてくる用紙に、
はらいもどし金額をかきこめばいいそうだ。
それにしても、きゅうにサービスを終了する、
といわれてもこまってしまう。
なぜサービス終了なのかをたずねると、
新型コロナウイルスなのだそうだ。
旅行するひとがすくなくなり、事業としてつづけられなくなった。
信用が大切なカードが、こんなにもきゅうに
サービスをやめます、となるなんておどろいた。

海外旅行をするとき、ずっとT/C(トラベラーズチェック)
をつかっていたけど、2011年にベトナムへいったとき、
わたしのT/C(VISA)を どこの窓口もうけつけてくれなかった。
つぎの年にタイへいったときもだめで、
どうもT/Cはもう旅行で実用にならないようだ。
日本にかえってから、すべてのT/Cを米ドルにかえた。
そして、つぎの旅行からT/Cのかわりとして
プリペイドをつかうようになる。
これからも便利につかおうとおもっていたのに。

コロナ下の状況がこのままつづけば、
旅行業界の体力がうばわれ、旅行会社や航空会社、
アジアではゲストハウスが「サービス終了」となるかもしれない。
旅行という文化が、数年のうちに、ずいぶんかわってしまいそうだ。
サービス終了とならないまでも、航空運賃はあがるだろうし、
ホテルもすくなくなり、旅行しづらくなる。
新型コロナウイルスがおちつけば、とのんきにかまえていたけど、
このさきにまっているのは、まえとはずいぶんちがう状況のようだ。

posted by カルピス at 17:00 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月17日

ヒロシさんの「迷宮グルメ」で北マケドニアのやこしい事情をしる

ヒロシさんの「迷宮グルメ異郷の駅前食堂」をみていたら、
北マケドニア縦断特集の回だった。マケドニアという国が、
旧ユーゴスラビアにあることはしっていたけど、
北マケドニアというのははじめてきいた。
スーダンから南スーダンが独立したように、
マケドニアの北部地方が独立をはたしたのだろうか。
ネットをみると、マケドニアから独立したわけではなく、
ただ名前がかわっただけだ。2019年のことだという。
https://britannicalearnjp.com/2019/08/23/macedonia/
サイトにある説明には、旧ユーゴスラビアならではの
こみいった事情がわかりやすくかいてあり、
よみものとして とてもきょうみぶかい。
北マケドニアはあっても南マケドニアはないようだ。

ヒロシさんが町をぶらつき、
注文するコーヒーや料理はどれもやすくておいしそうだ。
ギリシャ料理に にているようにみえた。
薪ストーブをうっているお店があり、
北マケドニアはまずしいから薪ストーブをつかうんだ、と
お店のひとがはなしていた。
国がまずしいことを、自虐的にうけいれているようすに、
自虐ギャグでわらうしかない島根県民として好感をもった。

「音楽遊覧飛行」(NHK-FM)のエキゾチッククルーズでは、
サラーム海上さんが世界各地の音楽を紹介してくれる。
エンディングにかかる曲がいちばんいいという、かわった番組だ。
あまりにもマイナーな曲がかかるので、
リクエストしてくるひとはめったになく、
よくこの番組がつづいているものだとすこし心配している。
このまえは、めずらしく3通のリクエストがよせられていて、
海上さんがよろこんでいた。

番組では、曲の紹介だけでなく、国の歴史もざっとふれられる。
このまえは、ハンガリーの首都ブダペストについてはなしてくれた。
ブダペストは、ケルト人がすむ町としてはじまり、
13世紀には、アジアからきた騎馬遊牧民族の
マジャール人によって略奪をうけ、
15世紀にハンガリー帝王国として再建されたものの、
16世紀にはオスマン帝国に侵略され、18世紀からは
オーストリア=ハンガリー帝国に支配されている。
もともとは、ドナウ川をはさんだ2つの町、
ブダとペストにわかれていたのが、合併され、
ウィーンにつづく第2の首都になったそうだ。
なんども列強からの侵略をうけた歴史がいたましい。
北マケドニアとブダペストとは、なにも関係ないけど、
複雑な歴史からむりやりこじつけてみた。
ドナウ川といえばスメタナの「モルダウ」で、と
かこうとしたら、「モルダウ」にでてくるのは
チェコをながれるべつの川だった。

posted by カルピス at 17:48 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

「ヒロシの迷宮グルメ」日本編がはじまった

「ヒロシの迷宮グルメ」が、ついに日本編へとうつる。
新型コロナウイルスの影響により、外国での取材ができなくなり、
とりためてあった収録が底をついていた。
再放送や編集したスペシャル版でしのいできたけど、
いよいよながせる内容がなくなってきたのだろう。
とうとうこの日がきたか、と感慨にふけっていたら、
青森五所川原とトルコをくみあわせての放送だった。
そして、次回は台湾縦断スペシャルというから、
まだかんぜんに舞台を日本へうつしたわけではなさそうだ。

ヒロシさんが日本の町にでかけたら、どんなことがおこるのか。
外国語ができないヒロシさんが、
異国の町をうろつくからおもしろいのであり、
日本語があたりまえにつうじる日本の町で、
番組のもち味をいかせるのだろうか。
それに、知名度のたかいヒロシさんが町をあるいたら、
人だかりができて、自然な収録にならないのでは。
番組は、どんな方針で日本編にとりくむのだろう。

番組のスタイルは、海外編とまったくいっしょだった。
オープニングの音楽や、グーグルによる地図、
そして、ヒロシの事務所から何キロ、という表示。
五所川原の駅についてから構内をぶらつき、
駅周辺をあるくのも、海外編とおなじだ。
とおりをあるくひとがすくなく、
「キャー!ヒロシだ!」とはならない。
なんらかのかたちでスタッフが規制しているのだろうか。
ヒロシさんがお店をのぞき、商品についてあれこれ質問する。
日本語がすんなりつうじるけど、
つうじない海外編とおなじような雰囲気だ。
ここは日本、という違和感がない。
いっしょに番組をみていた配偶者は、
外国のほうがおもしろい、といっていたけど、
わたしはそれなりにたのしめた。
ただ、こうした日本の町をたずねる企画は、
ほかにもプラタモリだったり、鶴瓶のなんとかだったりと、
にたような番組がいくつもある。
ヒロシさんの町あるきとして、はっきり差別化をはからないと、
みるものの関心をひかないだろう。

番組の後半は、トルコのセルチュク駅にヒロシさんがおりる。
例によって町をぶらつき、お店にはいり、
つうじない会話でかいものをする。
ヒロシさんはへんにうんちくをたれず、
おもったことをそのままことばにだす。
この日、ヒロシさんがえらんだ食堂は、
パンに肉をはさんだトルコ式サンドイッチのお店だった。
牛や豚の小腸を、鉄の棒にまきつけて火であぶる。
注文におうじてそれをきりとり、
もういちど火をとおしてからパンにのせていた。
いかにもおいしそうだ。
五所川での海鮮丼がいかに豪華だっとはいえ、
みたことのない外国のたべものにはかてない。
海鮮丼をたべに五所川原へいきたとはおもわないけど。
肉のサンドイッチをたべにトルコへはいってみたい。
新型コロナウイルスは、まだ感染がおさまっていないものの、
活発にうごきだしている国もある。
「迷宮グルメ」が、外国へもどる日はちかいのではないか。

posted by カルピス at 21:15 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする