2020年02月20日

「ヒロシの迷宮グルメ」がたのしみ

「ヒロシの迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」(BS朝日)

なんとなくみてるうちに、すきな番組になってきた。
芸人のヒロシさんが、外国を旅しながら、
とくに目標をきめずにテキトーな駅でおり、
ちかくをぶらつきながら土地の料理をたべる。
その土地のことばがはなせないヒロシさんは、
かなりあやしい英語だけで町のひととはなし、
なにを注文したかわからないまま でてくる料理をまつ。

食堂(レストラン)をさがすとき、ヒロシさんはかならずそこが
「トラディショナルフード」をだす店であるかをたずねる。
外国へいってまで、日本食をたべたりしない。
英語ができなくても、ヒロシさんはぜんぜんはずかしがらずに
おもいつきのカタカナ英語ではなしかける。
英語へのコンプレックスが まったくかんじられず、気もちいい。
ヒロシさんといっしょにうごいている(はずの)スタッフは、
通訳したり、土地の事情をいれ知恵したりせず、
ヒロシさんの解釈をそのままにして撮影をつづける。
このまえみた回では、電車にのっているヒロシさんが、
ラトビアからエストニアへ国境をこえたことに気づかず、
かなり番組がすすむまで、
自分はいまラトビアにいるとおもいこんでいた。
そんなこともぜんぜんOKで、というよりも、
そのうかつさが、この番組のうりでもある。
画期的な旅番組であり、料理番組だ。
気がむいたものをたべるだけで、観光はいっさいしない。

土地の料理を いきあたりばったりでたべる番組なのに、
なんでわたしは気にいったのだろう。
わたしが外国を旅行するときも、
ヒロシさんと にたようなことをしているけど、
ヒロシさんのほうが もっと自由にうごきまわっている。
ろくにコトバをはなせず、でもその地方らしい料理がたべたいのは、
わたしもヒロシさんもおなじなので したしみがわく。
土地のひとは、親切だったり、めんどくさがったりで、
ほかの番組みたいに、つごうのいい「であい」なんかない。
屋台でもレストランでも、ヒロシさんは
おおげさに味をほめたりしない。
自分にあわなければ、へんな味とはっきりいうし、
おいしいときも わざとらしく表情をくずしたりせず、
愛想のない顔で「おいしい」というだけ。

このまえ「クールジャパン」をみていたら、
「外国人からみた日本人あるある」のなかで、
日本人はたべものにこだわりすぎ、というのがあった。
ひるごはんをまいにちちがうお店でたべるサラリーマンなど、
外国人からみると、不思議な行動にうつるらしい。
旅行でも、その土地の名物をたべるために、
わざわざとおくへでかけるなんて、外国ではありえないそうだ。
日本の旅行ガイドブックには、かならず名物料理がのっており、
わたしもまた、日本では味わえないものをたべるのが
旅行へでかける つよい動機になっている。
さきほど「画期的な旅番組」とかいたけど、
ヒロシさんの「迷宮グルメ」は、たべるだけが目的なので、
画期的とはいえ、きわめて日本的な内容かもしれない。

ヒロシさんは、ヨーロッパとアジアへでかけている。
どちらかというと、アジアの町をまわるときのほうが、
ヒロシさんのちからがぬけているようにみえる。
ヒロシさんは、からだがそんなにおおきくなく、
威圧感もないせいか、土地のひとに うけいれられやすい。
しらない町をテキトーにうろつくヒロシさんをみていると、
わたしもまた、どこか異国へでかけたくなる。

posted by カルピス at 21:28 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

シーツをあたらしくしたら、生活をととのえられる気がする

シーツをかいかえる。
これまでつかっていたシーツが、
おもにネコたちの活動で さけたりよごれがついてきたし、
わたしの首があたるところは、汗で色がかわっている。
定期的にあらってはいるものの、ながくつかすぎ、よごれがひどい。
そろそろ手ばなすときがきたようだ。
いったん気になると、いいおとなが、
こんなシーツでねるのってどうなんだ、とおもえてきた。
シーツをあたらしくしたら、
生活がいいほうにころがりはじめるような気もする。
丁寧に生きるあかしとしての、きれいなシーツ。

ホームセンターにいくと、
サイズはいろいろあるものの、柄はえらべない。
ふとん屋さんでかったほうがいい商品のようだ。
サイズに自信がなかったこともあり、
税込1000円ほどの、いちばんやすいシーツをかった。
家にかえると、さっそくふるいシーツといれかえる。
やすもののせいか、あまり生活をととのえた感はない。
いちにちの1/3をすごす睡眠に直結するものだから、
もうすこしいいものにすればよかった。
ただ、生活をたてなおすにはシーツから、
というのは、わりといい目のつけどころではないか。
よごれたシーツからは、うるおいのない生活がすけてみえる
(いままでなんの疑問ももたずにねていたのだけど)。

エバーノートで「シーツ」を検索すると、
かとうちあきさんがインナーシュラフについてかいていた。
インナーシュラフとは、
寝袋のうちがわにいれるシーツみたいなもので、
山小屋でとまるときなど、布団のよごれが気になるひとは
インナーシュラフをつかえばいいらしい。
かとうちあきさんは、夏に冷房がききすぎたお店でこまったとき、
はおりものとしてありなのでは、と気づいたという。

そういえば、わたしもインナーシュラフをもっていた。
アウトドアショップで、夏はシュラフではあつすぎるから、
インナーシュラフでじゅうぶん、とすすめられたのだ。
その後たいして出番がないまま、おしいれでわすれられていた。
とりだしてみると、シュラフのかわりになるほど
信頼できるあたたかさはないし、
かさばるうえに500グラムとおもい。
車による旅行でなければ、
こんなものをわざわざもっていく気にはならない。
ただ、夏のむしあつい夜に、ゴザをしいて、
ふとんのかわりにインナーシュラフをはおるのは ありかもしれない。
安宿にいるナンキン虫をふせぐにも役だちそうだ。
いずれにしても、かなりつかい道をえらぶ道具で、
実用にするより ゴッコあそびとしてつかうほうがむいている。
かとうちあきさんが、夏の冷房をきっっかえに、
インナーシュラフのよさに気づいたのは、
道具としてのインナーシュラフが、
きわめて限定的なつかい道しかないのを示唆している。
たいして必要でないけど、夏にはすこし役だつときがあるかも、
というていどの位置づけしかできない道具。
こんなことをかいていたら、野宿がしたくなってきた。
インナーシュラフはもちろんおるすばんだ。

posted by カルピス at 21:41 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

沖縄旅行とはなんだったか

正午の便で那覇から伊丹へ。
出発は40分おくれたけど、飛行時間はたったの90分だった。
くるときは、2時間半かかったのに、かえりはずいぶんはやい。
風の影響なのだそうだ。
出雲への便にのりついで、夕方の5時に家へもどる。
3泊4日の沖縄旅行とは、なんだったか。

まず、25年ぶりに夫婦ふたりで でかけた旅行となった。
とくにおおきなトラブルはなく、あぶなげなく、
淡々とすごし、淡々ともどってきた。
この「淡々と」というのが、わかいころはなかなかむつかしく、
新婚旅行からかえってきたカップルが、空港でわかれたりするらしい。
熟年の旅行は逆で、どうしても「淡々と」になってしまう。
よくいえば、あうんの呼吸、というやつだ。
観光地のホテルで、おしゃべりなふたりがいたら不倫ちゅうで、
しずかなふたりはふつうの夫婦、というのをきいたことがある。
わたしたちは、どこからみてもふつうの夫婦だったとおもう。

夫婦ふたりによるひさしぶりの旅行は、
このさき年をかさねたときに、旅行の相棒として、
わたしたちの相性はどうなのかの みきわめとなる。
夫婦として これまで生きのびてきただけあり、
おたがいに心配性なところや、どの観光地へいきたいか、
などのこのみが似ており、わりとすんなり予定をくみたてた。
なにをたべたいか、どこへいきたいかを、
いちいち議論したり、ガマンするのはおたがいにストレスだけど、
なんとなく つぎの方針がきまり、わるくない相棒だったとおもう。
いつもひとりで旅行しているわたしは、
ひとりの自由さとともに、さみしさもまた味わっている。
こんかいは2人で旅行する気らくさをたのしめた。
いきさきが東南アジアの国々だった場合、
配偶者が、どれだけ不便にたえられるかなどはわからないけど、
「おことわり」されたらひとりでいけばいいわけだし。
つぎの旅行では、どこか外国を提案したい。

沖縄でたべた料理は、どれもおいしかった。
沖縄そばもなんどかたべた。
ラーメンとはべつものだとおもえば すんなりたべられる。
おおめにはいっている肉に迫力があった。
空港で大阪への飛行機をまつあいだ、
なんにんものひとが待合室の売店で
沖縄そばをたべているのが目についた。
コーレーグス(トウガラシの泡盛づけ)をたくさんふりかけ、
まよいなく大量のメンを口にはこぶ姿が
板についており、かっこよかった。
沖縄そばがいかにソウルフードなのかをかんじた。

1月でもあたたかく、たべものがやすくておいしい。
たった4日間とはいえ、いごこちのいい場所として
沖縄はいい印象ばかりがのこる。
「沖縄」「那覇」が、漢字でかけるよう練習した。
沖縄のよさに、はじめてふれる、たのしい旅行だった。

posted by カルピス at 21:22 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

沖縄旅行3日目 首里城と国際どおり

朝ごはんをたべると、国頭村にあるホテルから
那覇への移動をはじめる。
きょうまわりたい場所は首里城と国際どおり。
カーナビを首里城にあわせると、2時間ほどでついた。
10月にあった火事で、被害がおおきかったのはしっていたけど、
屋根の瓦がやけてる写真をみていたためか、
まだいくらかの建物はのこっているとおもっていた。
でも、正殿と北殿はすっかりやけて、姿をうしなっている。
おおきな火事だったのを、あらためてしる。
とくに入園料はとられない。30分ほどゆっくりまわる。
SsPviEA7_FuU6kOEeZyerfTTIYxvun8JaQex63H9k7hz1R1sBeifrayZEhF8icVgG5RXUUVkfngMNM4TLy23A0C9SCgKXjeT15vxqeabh9tseeJnTCf38Tz7pH8b6BIoHzhgsyloq_fu4p5LLaET7ud9fIjGKDgmd06CFD1LeBZMTg79TH24Do9SIQOpMLZVagOpjdVBKZnloHAxVjVKKNJ0.jpg
ホテルにはいってからすこしやすみ、国際どおりをめざした。
ホテルから15分ほどあるくとついた。
おみやげ店がのきをつらね、すごくにぎやかだ。
わたしがイメージしていた国際どおりは、
おおきな市場があり、1階のお店でかった材料を
2階でたべられるとおもっていた。
でも、おみやげ店ばかりで、それらしい市場はない。
しばらくあるいていると、
国際どおりを一本はいったところに旧公設市場があり、
そこから150メートルで あたらしくできた市場があった。
アジアのマーケットほどではないけど、
魚や肉がどっさりならんでいる。
さしみのもりあわせを注文し、お店の横でたべた。650円。
1GCLrHNY1AqlYKqYhJlrLBLp-bmUczbjBpxo5FbHLlXhyYWsEybOaM10GRkt_9SJ3GPZrmVQlb3WVR6acC2b3m5dmvQt-W5ci3Q6Al-AWvT3VOuYTYMUTWzAfOcl7BNx99YBnLxdAQ6N47AdgRhysJ5e8wwfnhmKgUcQ4qEDdutPQvsv7B6f_Y4QN5EACXiE-evKnn9NQ79D7qowXV-J7t61.jpg
そのあと、ごちゃごちゃいりくんだ
たのしいとおりがあり、せんべろ店がいくつもある。
そのうちのひとつ、「天国酒場」にはいった。
せんべろのシステムが、わたしはよくわからない。
お酒3杯と、つまみで1000円だという。
お酒を3杯なんて、とてものめないとおもっていたけど、
追加のつまみをいくつか注文すると、
ごくふつうにのみきれた。ふたり分で3260円。
沖縄にきてから、炭水化物のおおい食事になっていたため、
ちょうどいい内容の食事で、胃がやすまった。
沖縄でやりたかったことをすべてこなし、
あとはあすの最終日をのこすのみとなった。
_aYMUl0Ecv5IJoEdsR0uv_xUme1azUebNAsmAa8Nr_o0Hd_Azw561KfE8s2_VYGohiKUIK_CPvcznAOAF86EJPcIpbjH6iQtcZZ5nSuTRUg1Wb3bz7vtXEr-EOeqfLG6n91SN44VCjPgBFp9mrRGQsHA0RA7YXIwhBRxmhGkkc_2Jkz_TSIEb6rN_GuE8If3U4xZuiv0MhwyNBfarC3rr43_.jpg

posted by カルピス at 21:06 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

沖縄旅行2日目 ヤンバルの森へ

恩納村にあるホテルから、沖縄島北部にある
「ヤンバル学びの森」へむかう。
沖縄島北部は、ヤンバルエリアともよばれ、
ふかい森のひろがる植生になっている。
記録映画「標的の村」では、
米軍機のオスプレーに反対する高江村のひとたちが、
すわりこみをする場面があった。
島根県出身の安次嶺雪音さんも この運動に参加しており、
映画を宣伝するために、松江市にこられていた。
ヤンバルが、どんな森なのかみたくなり、
この旅行でたずねたいとおもっていた。

「ヤンバル学びの森」では、
ほんの700メートルほどの初心者むけ散歩コースをあるく。
これだけでは、ヤンバルのことなどわかるわけがない。
いいホテルにとまってうかれるのではなく、
安次嶺雪音さんが経営する宿泊施設にとまれば、
ヤンバルの森をすこしは体験できるだろう。
URwre6ZjvWTTD5huwEjctWUY-BofbJb3q6cSVlkTPHPylkblfxtQ_ovhEefei4m2APqGz22yBdESVt9IzQbpF5PZBiNyEQUQzoJ16AIejtLOEi6Qg5fxp2eLfXGj86sbzYZkw5Psxml5U_J-gqpHAImzpnCAg48tckw-mH7Hxu3Q3Lfm6J0ZxV2EFHKNyEcuFu24YIBLtkFWyetb0vb-U4kx.jpg

国頭村にもどり、道の駅で昼ごはんをたべていると、
「歓迎FC東京」の のぼりがたくさんたっていた。
FC東京が、この地方でキャンプをはっているらしい。
あとでホテルにはいり、大浴場へいくと
FC東京の選手たちもお風呂にきていた。
この地方は、まわりにあそぶ施設がないため、
選手がサッカーづけになるには いい環境なのだろう。
stlBHbLJddx2WByWEO9qMZI2FIdoqeS02OcWXpwEr3yiRhdRVCKi4PSG25RKGnvCkzjAr9R8hoQTt3u78ExOmx-61bz8mSb-N7AohAB9aJrrrada53z_B5YPo3LKWZ9ZCwS54bRbaXdWcapAyAzrjVGuVzpt5qUcSm2EMznRKiuSb6FMwnjq20D9BUOwtuNq6r8EU0yOtaKnYKdrTg1onFVp.jpg
とくにすることがないので、午後からは
1時間のドライブで古宇利大橋へでかける。
海のなかを一直線にのびる姿がうつくしく、
ガイドブックではかならず紹介されている。
zzzzz_zzzzz_744_496_keep_attraction-1321-1-9989d36fff600cb39342f9a7ba6b63a698020f33.jpg
【ガイドブックではうつくしい橋だけど】
ただ、自分たちで橋をわたっている最中は、
まったく印象がかわる。
とくになんということのないふつうの橋にしかおもえない。
橋のむこう側につき、すこし角度をつけて橋をみると、
なかなか説得力のある橋へと また姿をかえる。
自分で橋をわたるより、写真でみるほうがうつくしいという
観光地にありがちな橋だった。
a4FFUML6CgdgDsVPehPIx8nLAU9GKD2T2jtkt7Tu2MEA3i9ueUZRu9rkoEfOL0fIOB79lNM5-kDvkXW59u1LwCMuSAiDRe3aseBNHm0qewTgwLElgV8Qyr3S62_SXoJqh3MlDBFwIa6Z5sZqL2iy8ULIdRRiArNzV45aYUv0v8ZTaGDtdtubfOUVGu4fO9bz4m1lrFPWKBsvrvmY8pd3ZPw_.jpg
【自分でとおおればただの橋】
夕ごはんは、ホテルのちかくにある海鮮食堂へ。
ちらし丼、にぎり、白魚のバターいためなど、
お腹いっぱいたべて5000円弱だった。
Nw5DTfQ3Ue9GTorM4aqrzPAT69L3HOJ4eFRPaFvW6yLvbASUB9_RrSsA1xk8HPtRx-Edq7PFQJH58SQhf1MJX3awi6fvU_g1gJZqAYz7RVd5lFX4Lk2kzOBnygVjp-NbpjKPDeOJz_LNRpe69rCEqjjwOiWm_pJsqKXMG028Q6TEHVi6Af9N8EIOFJmEZyOe67HDrHfUdvidpQgcO2B0LAdC.jpg

posted by カルピス at 21:30 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする