2018年02月17日

フロッグマン氏の初監督作品『最後の卒業式』

しばらくまえに、鷹の爪団がのっているポスターをみかけた。
島根県飯南町でフロッグマン氏による
トーク&初監督作品の上映がおこなわれるらしい。
飯南町は、わたしがすむ松江市から80キロ南にある。
広島県との県境の町で、おなじ島根県とはいえ、かなりとおい。
上映会の日がすぎてからおもいだし、
あーわすれてた、というのが わたしとしてはいちばんたすかるけど、
あいにくきのうおもいだしてしまった。
2月17日、つまり、上映会はきょうの午後おこなわれる。
12時から17時(ぐらい)の会なので、10時すぎに家を出発する。
鷹の爪の ファンでありつづけるのも なかなかたいへんだ。

きょうの企画は、フロッグマン氏ひとりをまねいての講演会ではなく、
飯南町文化協会設立10周年をいわう、
記念行事のひとつとしておこなわれている。

旧頓原小学校の校舎が、新築するにあたり とりこわしがきまった。
お世話になった学校を、歴史のある校舎だけでなく、
そこでまなんだ子どもたちとともに、生きた姿でのこしたいと
町のひとたちのあいだで 記録映画づくりのはなしがもちあがる。
そのときに、監督をたのまれたのがフロッグマン(小野りょう)氏だ。
フロッグマン氏は、映画『白い船』の製作担当だった縁で、
島根の女性と結婚し、奥さんの実家がある平田市でくらしていた。
まだフラッシュアニメによる「鷹の爪団」がつくられるまえのことで、
もともと映画監督をめざしていたフロッグマン氏は、
はじめての監督作品として、
この記録映画『最後の卒業式』にかかわることとなる。
いまから16年まえ、2002年のはなしだ。

記録映画として、『最後の卒業式』は、いい作品だとおもう。
学校が舞台なだけに、みるものを感動させるのは
わりかしかんたんそうだけど、
フロッグマン氏は、情緒にうったえるのではなく、
校舎の姿や学校の歴史を淡々とえがいており 好感がもてる。
鷹の爪のファンとしては、フロッグマン氏が
吉田くん・フィリップ、そして総統の声を
生できかせてくれたのが唯一の収穫だった。

こんな企画がなければ、
わざわざ飯南町まで車をはしらせたりしない。
先週つもった雪が まだ道路わきにのこっていて、
飯南町につかづくにつれて迫力のある風景になってくる。
まるでスキー場にきたみたいだ。
松江・尾道間の高速道路が無料区間となっているので、
飯南町をとおる国道54号線はすごくすいていた。
飯南町がさびれるのを心配するひともいるけど、
ひとがこないのを逆にアピールすれば、と
フロッグマン氏はあかるいみかたをしていた。
鷹の爪がらみで しらない町にこれたのは
出不精のわたしにとってたのしい体験となった。

posted by カルピス at 21:07 | Comment(0) | 鷹の爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

フロッグマン氏の講演会で島根の可能性をおしえられる

きのうはフロッグマン氏の講演会をききにいった。
フロッグマン氏は、もちろん鷹の爪団、
そして吉田くんを生みだしたそのひとであり、
鷹の爪のファンとしてはどうしても顔をださないわけにいかない。
熱心なファンだから、というわけではなく、
会のはじまりを1時間まちがえていたわたしは、
1番目の来場者となり、ながい時間ひとりきりで
やがてフロッグマン氏がはいってくる会場をあたためた。

この講演会は、
「松江市PTA連合会研修大会」
「島根県PTA連合会教育問題委員会研修会」
として企画されたもので、
鷹の爪とはずいぶん筋ちがいの組織な気がするけど、
いったいどんなおねがいのしかたで
フロッグマン氏にきてもらったのだろう。
松江のPTAもなかなかやる。
保護者会の役員をつとめるしりあいにおねがいし、
保護者のひとりとして 参加者名簿にまぜてもらった。

講演は、ひととおりの自己紹介のあと、
下記のみだしにそってはなしがひろがった。

・島根と私
・仕事と私
・AI時代と私たち

錦織監督の『白い船』にかかわったのをきっかけに、
フロッグマン氏は松江市出身の女性と結婚し、
島根でくらしながらフラッシュアニメ作家としてデビューした。
島根からはなれたのちも、島根との関係はきれず、
おおくの機会をとらえて島根の宣伝にひとやくかっている。
フロッグマン氏は、島根の魅力をつぎのようにまとめている。
島根は日本に数ある”田舎”とはちがい、コミュニティとメンタリティを持っていると思う。つまり単なる”素朴さ”とはちがい、非情に洗練されている。悪くいえばしたたかで底意地の悪さに映るが、一方で礼儀正しい波風を立てることを嫌い、優れたコミュニケーションスキルを持っている。
何か催しごとを企画すれば綿密に計画を立て、関係各所の連絡や調整能力を発揮し、それが田舎の集落であったとしてももれがない。
そして人物眼の優れた人が地域には必ずいて、そういう人が困っているひとを助けるなどの無償の互助がある。

このほかにも、フロッグマン氏のかたる島根のエピソードは
どれも絶賛にちかい。
外部のひとがみて、はじめて気づくその地域のよさがあるとはいえ、
島根がこんなにもゆたかな地域だとはおもわなかった。
たしかに、島根は、すんでいると あたりまえにかんじることが、
おそらくほかの地域のひとからみたら
ありえないほどゆたかなコンテンツなのだろう。
たとえば松江には、自動車で30分以内にいける温泉が5つある。
スタバはあるけどサイゼリヤやドンキはない。
昨年の交通事故による死者は17名だ。
「ないものはない」とは、
隠岐の海士町がうちだしているメッセージであり、
島根全体でもこの概念が共有できる。
なにもないのが、なによりの魅力となる。

「AI時代と私たち」では、AIにより仕事をうばわれのではなく、
絶好のチャンスと とらえたほうがいい、とフロッグマン氏はいう。
人口のすくない島根は、AIによってすくわれる面がたくさんある。
これまで人手がたりなくて こまっていたことを、
これからはAIがしてくれるだから、
ためらわずにどんどんAIをすすめていけばいいとはなされる。

フロッグマン氏が会場にむけて
「スマートスピーカーをもっているひとは?」
とたずねると、
2人しか手をあげなかった。
「え、たったふたり?だから島根はだめなんです!」
がおかしかった。

これからのマーケットは、日本ではなく世界。
島根のゆたかさをたかく評価しながら、
そのコンテンツを、これからの時代にどういかしていくのか
フロッグマン氏は戦略としてねっている。
最前線の情報をつねに意識しているフロッグマン氏ならではの
若者へのあついメッセージにみちた講演会だった。

posted by カルピス at 21:21 | Comment(0) | 鷹の爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

鷹の爪団 スーパーデラックス自虐カレンダー(卓上型)をかう

鷹の爪団の「スーパーデラックス自虐カレンダー」(卓上用)をかう。
まえにもこのブログでとりあげたことがあるように、
壁かけ用は、月がかわったときに、
紙をやぶいて つぎの月がみえるようにする。
カレンダーとしては よくあるやり方とはいえ、
たかいお金(1500円ぐらい)をだしてかったカレンダーなのに、
1ヶ月つかっただけで すてるのはもったいない。
ケチでビンボーなわたしは、
けっきょく壁かけ型を、カレンダーとしてつかえなかった。
それ以来、鷹の爪団のカレンダーは、卓上型だけにしている。
171017鷹の爪カレンダー.jpg
2018年版の自虐ネタには、
・民泊
・獣医学部
・国家戦略特区
など、2017年に話題となったできごとが
すかさずとりあげられている。
ながい目でみれば、この自虐カレンダーを将来ふりかえるだけで、
その時代にはなにがニュースだったたかをおもいだせる。
たとえば、
2017年版には「女子会」、
2016年版には「テニスの神様」(錦織圭選手)
ということばがそれぞれ登場している。
それ以前に「女子会」といっても、
なんのことかわからなかったはずだ。
自虐カレンダーにしたしんでいると、
「女子会」ということばがはやったのは、2016年だとわかる。

2018年版は、とくにまえの年とかわった点はない。
あいかわらず祝日に色がついてないので、
スケジュール管理にはふむきだ。
鷹の爪団のメンバーがつぶやいている自虐ギャグを、
たのしむために、ほかの機能は最低限にしぼってある。
その自虐ギャグにしても、へたうまな直筆でかかれているので、
印象にのこるとはいえ、すんなりとはよめない。
なので、カレンダーとしてより、どちらかというと
目や頭をやすませてくれるカードとして役にたつはずだ。

6月のコメントには、
「島根の移住者は増えている。
 このカレンダーの購入者は減っている」
とある。
まえはなかなか手にはいらないほど
貴重なカレンダーだったのに、
あまりにもたくさんつくりすぎたせいか、
島根では きょねんあたりから、
どこでも あたりまえにみかけるようになった。
もうそろそろ自虐ギャグというジャンルじたいが
あきられてきたのかもしれない。
しかし、このカレンダーのコンセプトである「負けるな!島根県」は、
これからますますおおきな意味をもつはずだ。
がんばろう、島根県。

posted by カルピス at 22:39 | Comment(0) | 鷹の爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

「鷹の爪団」による世界の再編成がまたれる

鷹の爪についての記事をずっとかいてない。
きょねんの秋に映画館で
『鷹の爪8 吉田くんの×(バッテン)ファイル』をみたのが、
彼らを映像でみた さいごとなった。
グーグルアラートにときどきひっかかるものの、
あまり興味をひかれるニュースではない。
Eテレでの放送「ビットワールド」がおわったのをさかいに、
わたしのまえから「鷹の爪」がすっかりきえてしまった。

かといって、ネットで動画をさがすまではしない。
わたしもいくらかの経験をつみ、ながい人生には
あらゆるものに こうした しずかな時期があるのをしっている。
なんとかロスとかいって さわぐのは、
わたしの美意識がじゃまをするし。
きっとじゅうぶんにちからをたくわえたのち、
まったくあたらしいきりくちで
あらたな「鷹の爪」をたのしませてくれるだろう。

もちろん、なにしろスーパー大使なのだから、
島根にいると吉田くんはごくあたりまえの存在として、
チラチラと目のまえにあらわれる。
レジ袋をやめるよう 吉田くんがよびかけているポスターや、
どこでもFMのコマーシャルをラジオできくし、
島根を紹介する企画のきりこみ隊長として
吉田くんの存在感は絶大だ。
しばらくは、こうした ささやかなであいだけにとどめ、
つぎにあう機会をたのしみにまちたい。

ほんとうは、わたしが勝手に距離をとっているだけで、
フロッグマン氏はテレビとはちがう媒体で
「鷹の爪」を活躍させているようだ。
いまや、テレビと映画だけが、世界征服の場ではない。
アメリカ・北朝鮮、そして日本の政界と、
予想しなかった展開で さきがよめなくなっているなか、
鷹の爪団が世界の再編成にどうからまっていくのか 予断をゆるさない。

posted by カルピス at 14:15 | Comment(0) | 鷹の爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

吉田くんがでてくるドコデモFMのCM

おそらく山陰地方だけでながれているとおもうけど、
鷹の爪団の総統が、吉田くんに
転勤をいいわたすCMがある。
「マジっすか!転勤なんかしたら、
いつもきいているFMがきけなくなるじゃないですか」
とあわてる吉田くんに、
スマートフォンアプリのドコデモFMをつかえば、
全国どこでもすきなFMがきける、と総統がおしえ、
吉田くんは安心して転勤をうけいれるというCMだ。

いままでなにげなくこのCMをきいていたけど、
よくかんがえてみれば
東京に秘密基地のある鷹の爪団が、
吉田くんにどこへの転勤をめいじるのだろう。
吉田くんのあわてぶりから 島根ではなさそうだ。
そもそも鷹の爪団に転勤が必要なアジトが
東京以外にあるとはしらなかったし、
転勤して いったいどんな活動を吉田くんがするのかも興味がわく。
鷹の爪団は、意外としっかりした組織だったのかも。
とはいえ、真剣に世界征服をめざすなら、
団員に転勤をめいじて 勢力をひろげるのはあたりまえだ。
もうすこしかんがえてみると、
なにも山陰地方だけにこのCMを限定しなくてもいい。
FMがながれているところならどこでも、
ドコデモFMを必要とするひとがいる。
FMラジオによって勢力をひろげるのは よいアイデアだ。

鷹の爪団がでてくるドコデモFMのCMには
もうひとつべつの版があり、
そこでは総統が吉田くんに
ドコデモFMというアプリがあるかどうかのクイズをだしている。
吉田くんはドコデモFMで島根のFMをきいていたので、
いまさらそんな質問はあたりまえすぎた。
ドコデモFMをダウンロードしてまで、
ほかの地域のFMをきこうとはおもわないけど、
吉田くんのように、ふるさとの番組をなつかしむひとには
ありがたいアプリだろう。
島根でFMといえばFM山陰しかなく、
残念ながらわたしはこのFM局がそんなにすきではないので、
もし転勤をいいわたされたとしても
ドコデモFMを必要とはしないはずだ。
「らじる らじる」でNHK-FMがきけたら それでじゅうぶん用はたりる。
TOKYO FMの『シン鷹の爪団の世界征服ラヂヲ』は、
ドコデモFMにたよらなくても 日本じゅうできけそうだ。
鷹の爪団と吉田くんは、いつのまにかわたしの手をはなれ、
全国区人気へとそだっていたのだ。

posted by カルピス at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鷹の爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする