2021年08月04日

犬・ネコクイズで10問ちゅう9問に正解したのを自慢したい

職場でつくっているプリンとクッキーをうりに、
県の機関がいくつもはいった庁舎をたずねる。
1階のロビーで、犬・ネコクイズ、というのをやっていた。
犬やネコとのつきあい方を、ひろくしってもらうこころみのようだ。
たてものの3階に、保健所がはいっている関係だろうか。

クイズをめぐって、にぎやかな輪ができている。
プリンはいかがですか、というつもりでわたしがちかづくと、
もしお時間がおありなら、クイズをしていってください、と
わたしのほうがさそわれた。
犬とネコについての質問が、5つずつかかれた紙をわたされる。
・犬はどこであつさをかんじますか?
・チワワの原産国はどこですか?
などを3〜4つの回答例からえらぶやり方だ。
自信をもってこたえられない質問がおおく、
うすよごれたおとなのいやらしさか、
すなおにこたえずに、つい裏をとりたくなる。
ネコの世界で人気があるのは、
・わかいオスネコ
・おじさんのオスネコ
のうち、どっちでしょう?
なんてきかれると、ふつうにかんがえれば、
わかいオスにおもえるけど、おじさん年齢のわたしとしては、
なんとなくおじさんの肩をもちたくなり、そちらに丸をする。
ただひとつ わりと自信をもってこたえたのは、
オスのミケネコはどれくらいめずらしいでしょう?
という質問についてだ。
オスのみけねこは ずいぶんめずらしいらしく、
船のりが縁起をかついでほしがると きいたことがある。
4択で、左から右へ、確率がたかい順に 回答例があげられている。
いちばん右は、ものすごく確率がひくかったので、
さすがにそれではないだろうと、3番目に丸をする。

10問のうち、こたえをしっているのは
チワワの原産国(メキシコ)だけで、
あとはなんとなく丸をしたにすぎない。
うけつけに 回答用紙をわたすと、すぐ採点してくれた。
あそびとはいえ、バツだけなのはやだなーとおもっていたら、
おもいがけず、10問ちゅう9問に正解していた。
まちがっていたのは、わりと自信があった
みけねこのオスがうまれる確率のひくさだけだ。
参加賞として駄菓子をひとつえらばせてもらえた。
ネコずきとしては、うれしくもあり、残念でもあった。
せっかくなら、全問正解して どや顔をしたかった。

世の中にはいろんな資格試験があるそうで、
なかにはどうでもよさそうな ご当地クイズまで用意されている。
そんなのでたかい点をとっても なにがうれしいのか
わたしには謎だったけど、きょうの犬・ネコクイズで
全問正解したいという欲がよくわかった。ダジャレではなく。
オスのミケネコは、めずらしいのではなく、
ものすごくめずらしい、というのをおぼえておこう。

わたしがネコずきだからか、
ヤフーのポータルサイトをひらくと、
ネコ関係の記事がいくつもあがっている。
・ネコがお尻を向けて眠っているときの心理3選、とか、
・ネコがすきなひとにしかしない3つの行動、とか
どうせろくでもない記事だろうとおもいつつ、
ついひらいてしまい、まずしい内容にがっかりしてばかりだ。
じっさいによんでみると、わかりきったことばかりかいてあり、
ひらくたびに後悔することになる。
これらの記事をいくらよんでも、
きょうわたしがやった犬・ネコクイズでは、
ひとつも正解がわからないだろう。
9点もとったわたしは、うえから目線で
これら内容ゼロの記事を バッサリときりすてたい。
AaV7rptO8rR6puDXnZqkgxg1x5toAEofGVX3Yr1_vEakcRgKqBjvq87DCUuJyVM2ps0qldJ-DCPITihh1yisQmgYUOaPkMr6Pk8yZiRRLfDxVSZW2J6tvIMnMsYLTcl2Yw6M_2ZG21r0LbtGgaiLp0sxc0QnAPw3ebidYiUVSPumjdyI5vux-UWnhqkINK9IjuIxkA8lcKYwTDUknsUM_QYF.jpg

posted by カルピス at 21:33 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月25日

ネコに小判、ではなくエアコン

梅雨あけからあつい日がつづき、きょうは35℃の予報だった。
ネコたちが熱中症になるといけないので、
もったいないけどエアコンをつけて家をでる。
仕事をおえ、家にもどると、2匹のネコはろうかにいた。
エアコンのすずしさがおよばないところだ。
配偶者がかえったときも、すずしい部屋ではなく、
2匹ともろうかにいたらしい。
あつい時期のネコは、風とおしのいい場所をさがして
こまめに移動することがしられている。
冬とはぜんぜんちがう場所にねそべって、
しかもおなかを天井にむけ、無防備なすがたをさらしたりする。
だったら、エアコンによるすずしさをすぐにみぬき、
部屋にはいって 素直にすずめばよさそうなものなのに。

6畳と8畳の部屋をあけはなち、そのひろさを
1台のエアコン(しかもふるい)でなんとかしろ、
というのだから、ほんとうは無茶なはなしなのだ。
おまけに、ネコたちがではいりできるよう、
20センチほどすきまをあけている。じゅうぶんにひえるわけがない。
エアコンをつけた人間の気もちなど、ネコたちはしったことではなく、
実質的にすごしやすい場所でくつろいでいたようだ。
わたしの気くばりは、よけいなお世話におわる。

いっぽう わたしは、じゅうぶんひえるわけがない家にもどったとき、
いつもよりだいぶすずしいとすぐに気づいた。
たった1℃か2℃ちがうだけで、こんなにもらくなものなのか。
ネコたちが無視するほど ビミョーな差でしかないのに、
人間であるわたしはすぐに反応し、ありがたがる。
ネコたちは、わたしの気くばりを おせっかいくらいにしか
かんじていないのに、人間はすずしさを素直にうけいれる。

このおせっかい感覚は、どこかでかんじたことがある。
エバーノートのwebクリップだと、すぐに気づいた。
Webクリッパーで サイトの情報を
エバーノートにとりこもうとすると、
「サッカー」とか「デイリーポータルZ」とか、
Webクリッパーが いきさきをけなげにしめしてくれるあれだ。
わたしは、もうなんねんも、記事はぜんぶ
「インボックス」にとりこんだままにしており、
いまでは3400のノートがカオス状態でインボックスにたまっている。
そんなことにならないよう、Webクリッパーが
せっかくただしいノートをしめしてくれても、
わたしには余計なおせっかいとしか かんじられない。
Webクリッパーの提案をあっさりことわり
「インボックス」へと いきさきをなおす。
エアコンですこしひえた部屋を スルーするネコたちのように、
わたしはWebクリッパーの親切をじゃけんにあつかう。
ネコのためにすずしくしたへやで、
わたしはこうしてパソコンをひらき、恩恵にあずかる。
なんだかちぐはぐだけど、このうまくいかなさが
生きているあかしかも、と無理やり結論にもっていく。

posted by カルピス at 22:02 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月22日

7月22日はプリンがわがやにきた日

7月22日は海の日、ではなく、
ネコのプリンがうちにきて1年たった日。
すてられて、ひとりないているのを保護したときは、
たった900グラムしかなかった。そのあとも、
なかなかおおきくならなかった子ネコのプリンが、
1年のちに、ようやく4.95キロまで体重をふやした。
ここまでそだつと もうふつうのネコで、
先住ネコのココが6キロだから、
からだのおおきさがあまりかわらなくなった。
yEflXYQB2e4jAadHqNoS35YwLwwTIorzIhmypYPrFml-jT7k0luH-OwYaZADnfW62e8ILKd-183eblmimaNxF_9EPkGnhWbIHTncHrrvsml0e16MlCyjHtwe0YPnHslORozYVqEigTWPTr3Rcr5dpboUVpU07LNVV_rmCUVaC4PYnupIEAUciAlRub2MZamo5N_DBIp407OaugyxGEb-mmO4.jpg
ひとなつっこいネコで、わがやにお客さんがきても、
ぜんぜんにげずにノドをならしてちかづいてくる。
からだがちいさいし、したしくしてくれるから、
お客さんとしてもわるい気はしないようで、
いつも「かわいい」とほめてもらっている。
食事のときも行儀がよく、ココがおかずをねらって
手をだしてくるときでも、プリンはそのまわりを
こまったような顔でうろつくだけだ。
からががなかなかおおきくならなかったのも、
この「たべものへの執着のなさ」が影響している。
自分のお皿にカリカリをいれられても、
すこしたべるだけで お皿からはなれてしまうし、
子ネコむけのカリカリをココがたべようとすると、
プリンはすぐにお皿をココにゆずってしまう。

プリンの日だけど、海の日でもあるので、
レース仲間とまちあわせして、
家から車で30分のところにある海岸でおよぐ。
およぐまえに、45分はしってもいる。
あついし、海岸ぞいの道は、アップダウンがはげしい。
はしったあとのシュノーケリングをたのしみに、
なんとかはしりおえ、やれやれと海岸へむかう。

海にはいると、水はきれいだけど、水温はまだすこしひくい。
魚をあまりみかけず、シュノーケリングのたのしさを味わえない。
すこしおよいでは、岩にあがって からだをあたためた。
1時間ほど海水につかっていると、からががすっかりひえた。
かえりの道路では、道ばたの温度計が35℃をしめしており、
じっさいに熱風がふいていたけど、
ひえたからだには熱風さえもここちよい。
エアコンなしで家までかえり、しばらくたっても
まだからだがスベスベで気もちいいままだ。

ひるねのあと、つかれたからだをやすめながら
らじるらじるの ききのがし配信で「ジャズ・トゥナイト」をきく。
先週土曜日は「海ジャズ」特集だったようだ。
「海ジャズ」なんてジャンルはもちろんないけど、
大友さんがうれしそうに海にまつわるジャズを紹介し、
「海ジャズ」らしくお気楽な曲がかかるのに 耳をかたむける。

いちにちのブログに、支離滅裂なことをいくつもかくのは、
ふつうだったら さけるようにアドバイスされるとこだろう。
でも、自分のブログなのだからと ひらきなおり、テキトーにかく。
この自由がたのしい。ざまーみろ、みたいな快感がある。

posted by カルピス at 17:36 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月21日

誕生日をしってるということ

わたしの誕生日は、糸井重里さんちのブイヨンといっしょだ。
先日の「きょうのダーリン」で、誕生日がわかっている子は、
あるていどしあわせが保証されている、
みたいなことを糸井さんがかいていた。
のぞまれて生まれた、ということのほかに、
生まれたことを記憶されているのは、
まわりのひとに大切にされていたから、
という意味だったとおもう。
誕生日がわからないということは、
生まれたときにみんなの意識がむかってなかったからだ。
絶対にしあわせになる、ではなく、
ある程度しあわせが保証されている、というのがうまい。
人間の子どもは、ほとんどの場合、誕生日がわかっている。
イヌやネコは、誕生日を意識されているだけでも、
めぐまれたスタートといえるだろう。

わたしの家にいる2匹のネコは、
もちろんどちらも誕生日がわかっている。
わたしの家で生まれたわけではないけど、
うちにきたときのからだつきから推定し、
ココは4月8日、プリンは6月10日ということにした。
誕生日がわかっているからこそ、
いま何歳かをわたしはしっているし、
ココとプリンのお誕生日をおいわいできる。
VtQ4UHWe5tIl06E6DhwYyjrYVPoayQD8d80ak1nnvuMgXxBwEPPnnvxC-Jaz9MvdW0f8MD4YKxra4TnBv0MoY12YihvXHXzpHYwrdr75kR2_4HSajiY6be408tmuB7FsF47mEDVwlvnVid0EmUM7_5l2ciiLCmmJCPBXBH_QPwYhg48npo7_ihaSqvDsB5Xt5YBKTiu_RtWFoopzUrEQcI9p.jpg
ブイヨンとおなじ日に誕生日をむかえたわたしは、
とうとう60歳になった。還暦というやつだ。
まえは、誕生日をなんともおもってなかったけど、
40歳で胃ガンの手術をしてからは、
生きてるだけでまるもうけと、ほんとにおもう。
誕生日をむかえたら、ただただありがたいし、
4月に桜をみられたら、なんとかまた1年生きられたとおもう。
花火だって、ぶじにみられるのは、生きていたからだ。
60歳の誕生日も、めでたいというより、
ホッとした、という気もちがつよい。

わたしの誕生日をしるなんにんかが
おめでとうをいってくれ、プレゼントもくれた。
「ある程度」以上のしあわせをかんじている。

posted by カルピス at 21:50 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月01日

『夜廻り猫』おじいさんと子猫がハッピーエンドをむかえる

いやー、よかったよかった。
潔さんのところに子ネコ(キヨシ)がかえってきた。
http://www.moae.jp/comic/yomawarineco/751/1
潔さんのむすめ(敦子)が、キヨシを東京へつれてかえったけど、
なにもたべなくて、点滴をしてもらったという。
このままずっと点滴というわけにいかないから、
また潔さんのところへキヨシをもどしにかえってきた。
潔さんは、むすめに頭をさげてたのむ。
自分になにかあったときは、
敦子に 俺のあとを頼むわけにはいかないだろうか・・・

敦子さんは「あーあ」とため息をつきながら
「猫に持参金つけてよ!」と冗談めかしていう。

キヨシのかわりに潔さんをなぐさめようと、
家にのこっていた子ネコ(帽子)は、
自分の役目がおわったと、さみしそうに家をでていこうとする。
そんな帽子に潔さんは声をかける。
帽子!おまえ兄さんなんだから教えろよ
エサはちゃんと食えって

帽子にスリスリするキヨシ。
「・・・・はい!」と
うれしさに胸をあつくして 帽子はこたえる。

こうして潔さんの家に、キヨシと帽子という
2匹の子ネコが同居することになった。
わたしがねがっていたとおりの大団円だ。
いやー、よかったよかった。

老人がネコをかいはじめるときの、
これはひとつのやり方だろう。
自分にもしものことがあったら、
ネコの世話ができる家族なりしりあいにたのんでおく。
老人だからといって、ネコをかいはじめてはだめ、
なんて頭からきめつけるのはひどい。
だれだって、ネコといっしょにくらしたいのだから。

posted by カルピス at 20:39 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする