2017年09月16日

ネコの行動原理

江國香織さんの短篇集
『号泣する準備はできていた』をよんでいたら、
かいぬしになつかないネコがでてきた。
弥生にも夫にもなつこうとしなかった。ベッドの中や、洗いたての衣類の山の上に粗相をした。

ピピといっしょだ。
ピピとはいい関係だとおもいこんできたけど、
もしかして、いやがらせをしてるだけだったりして。
いやいやそんなわけはない。
人間がかんじている関係性とは、
まったくべつの原則でネコたちは生きているのだ。
人間が、かってにかわいいだの、
ひねくれているだのと、きめつけているだけで、
ネコたちの行動原理はつねにかわらない。
夏はすずしいところ、冬はあたたかいところをもとめ、
やわらかてもりあがったところでおしっこしたい。
よごれているトイレはつかいたくないので、
うごくのがめんどくさいときはベッドのうえで粗相もする。

ナ月さんのブログに、「菌を飼う」という作品がある。
http://nekokaenu.tumblr.com/post/158887465728/%E8%8F%8C%E3%82%92%E9%A3%BC%E3%81%86-%E7%B7%8F%E9%9B%86%E7%B7%A8
ネコをかえないアパートぐらしなので、
かわりにのらネコのツメからとった菌をかう、というはなしだ。
ベランダによくくるので、そのネコをベラと名づけた、
というのがさえている。いかにも菌的な名前だ。
ネコでさえ、人間の対応とはべつの原理でうごいているのだから、
菌にいたっては、人間のおもわくとは関係なしに
繁殖したり、活動をとめたりする。
ナ月さんのかかわり方も、熱心に世話をしたかとおもうと、
あきたので、ほったらかしにしたり、すごくムラがある。
はじめのころはかわいがっておきながら、
さいごには非情にも
「でも飽きたもんは飽きたので捨てた」
なのがすごくおかしい。
ネコをすてたりしたら、ひどい人間ととがめられるけど、
さすがにあいてが菌となると、すてても良心はいたまない。
ネコ的なものとのつきあいは、さまざまだ。
かわりに菌をそだててしまうほど、ネコはかわいい。

posted by カルピス at 12:03 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

まくらのうえでピピがおしっこ

ゆうべは、ピピがベッドのうえで、2どおしっこをした。
いちどめは、あつさ対策としてしいているゴザのうえで。
にどめは、まくらのうえだ。
まくらには、もちろんわたしの頭がのっているはずだけど、
わたしがトイレにいっているあいだに
(スキをみはからったかのようだ)、
まくらのうえにすわりこんでいた。
足元には、おしっこのシミがみえる。
こんなときにかぎって、
まくらの裏側までおしっこが貫通するほどの
大量のおしっこが放出されたようだ。

まくらのうえでおしっこをされると、とてもこまる。
まくらのうえでおしっこをされたトホホ感は、
まくらのうえでおしっこをされたひとにしかわからない。
今夜わたしはどうやってねればいいのか。
まくらカバーをあらっただけではダメで、
なかにはいっているちいさなつめものを あらわないくてはならない。

ピピがまくらのうえでおしっこをするのは、
いやがらせではなく、ネコはこういうちょっともりあがった
やわらかいところがすきだからだ。
うずくまるだけならいいけど、おしっこはひどい。
ピピは、最低限の量をたべ、水ものんでいるので、
なんとか夏をのりきってくれたけど、
ますますやせてしまい、顔までとんがってきた。
でも、まだベッドにとびのるちからがあるし、
なによりも食欲がピピのいのちをのばしている。

ほぼ日にのる「ドコノコカメら」には、
まいにちかわいいネコや犬の写真が掲載される。
かわった顔だったり、表情がおもしろかったり、
かわいいしぐさだったり。
どのコも、それぞれ「かわいい」としかいえないくらい「かわいい」。
いつの日か、ピピの写真がのらないかとまっているけど、
競争がはげしいらしく、なかなかピピまで順番がまわってこない。
ピピみたいに、おしっこまみれのあげく
手足が黄色くなったネコが「ドコノコカメら」にのれば、
それはそれで反響があるのではないか。

わたしはまいちにピピとつきあっているから気づかないけど、
おそらくわたしの部屋はそうとう
ネコのにおいがしみついているだろう。
もしかしたら、すでにわたしのからだからも、
ピピのおしっこのにおいがただよっているかもしれない。
ネコのおしっこのにおいがする不潔な男と、
女性にきらわれたら どうしてくれるというのだ。
でもピピは、夜になるとわたしのベッドにきてくれるし、
きっと今夜もベッドのどこかでおしっこをする。
トイレシートをすきまなくしいて、万全の対応でのぞみたい。
とはいえ、おしっこをされてこまる場所はたくさんある。
まるで北朝鮮のミサイルみたいに、わたしの裏をねらってくるだろう。

posted by カルピス at 22:06 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

ひとり上手で あまえ上手

ほぼ日の「今日のダーリン」に、
あまえ上手なネコが紹介されている。
深谷かほるさんの『夜廻り猫』のなかに、
老夫婦に飼われている猫が、
なにかとわがままを言って甘えるという回があった。
ところが、それは、おじいさんとおばあさんへの、
サービスとして猫がやっていることだったのだった。
あれしてくれ、これはいやだ‥‥というわがままに、
懸命に応えようとしている老夫婦のほうに、
うれしそうな微笑みがもたらされているのだ。

あまえているようで、じつは あまえさせてくれている、という
ちょっとひねった関係だ。
わたしはまだ、「うれしそうな微笑み」
をうかべられるほど できた人間ではないけど、
あまえるのはネコからのサービス、というのはよくわかる。
理不尽な時間にわたしをおこし、食事の世話をさせるのは、
ピピから同居人たちへのごほうびだ。
すべてを自分ひとりで しゅくしゅくとすすめられては、
家族としていっしょにすごすよろこびがない。
ネコはひとり上手でもあり、あまえ上手でもある。
いちにちのほとんどを、まるまってすごしているのに、
自分がなにかをもとめるときには
根気よくつきまとって世話をやかせる。

ピピの得意技は、わたしのからだによじのぼってきて、
じっと目をみつめながら胸にだかれること。
ネコがこんなふうにしてくれる経験をもつひとは、
そうはいないぞ、と そのたびに自慢したくなる。
赤ちゃんだっこも、あんがい難易度がたかい。
お腹がまるだしになるこのポーズは、
あつい信頼関係がきずかれてないと成立しない。
ピピは、わたしに全体重をあずけ、
ニャゴニャゴはなしかけたり、目をしょぼしょぼさせて
リラックスしているとつたえてくれる。
わたしに全幅の信頼をおき、安心しきってねむりこけているピピ。
そうおもわせてくれるピピ。

中島みゆきの「ひとり上手」は、
みかけほど ひとり上手なわけではない、とうたっているけど、
ピピはひとり上手とあまえ上手を、苦もなく両立させている。
口内炎をわずらってから3年がたち、
生きているのが不思議におもえるのに、
ますますわたしたちにサービスの機会をあたえてくれる。
ときどきまわりをこまらせながら じょうずにあまえるので、
「ひくく安定」の状態を ながくつづけられるのだろう。

posted by カルピス at 13:35 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

ゴッドハンドかとおもったピピのオシッコ

2ヶ月ほどまえから首と肩がいたい。
ピピがいつもわたしのとなりでねることから、
へんな姿勢がつづいてしまい 寝ちがえたのだろう。
肩はよくまわるし、うでもうえまであがるので、
50肩ではないはずだ。
生活するのにそう不都合はないけど、
首をうごかすとジンジンいたむのはたのしくない。
ほっておいてもなおらないので、2週間まえに
これまでなんどかお世話になったことのある 整体院へいった。
わたしはもともと首がよわく、
数年にいちど、そのおみせでととのえてもらっている。
でも、こんかいはききめがなく、
おなじいたみがそのあともつづく。

2日まえは、これもときどきお世話になっている
マッサージのお店をたずねる。
状況を説明し、もんでもらうけど、だめだった。
こういうお店は、こっている場所をちょくせつさわるのではなく、
全身にちらばる いっけん関係ないツボをおさえていく。
肩がいたくても、首がまわらなくても、
マッサージのやり方はいつもとおなじだ。
どこをさわられても気もちいいけど、
こりをほぐされていく快感はあじわえないし、
いちどのマッサージでは解決されなかった。

きのうはピピがしきふとんのうえでオシッコをする。
厳重にしいたつもりのトイレシートをかいくぐり、
シーツのしたにもしいていたトイレシートもかいくぐり、
しきぶとんがぐっしょりぬれている。
してはいけないところでオシッコするときは、
なぜかトイレでするときよりも はるかに量がおおい。
がっくりくる。

シーツをあらい、ふとんをほし、
ピピにお説教してからひるねにつく。
目がさめると、なんだか首と肩がらくになった気がする。
しきぶとんなしの、うすいクッションが、
いい姿勢をとれせてくれ、首がほぐれたようだ。
いつまでもつづくわたしのいたみをさっし、
計算づくでピピはオシッコをしたのだろうか。
まったくおもってもみなかった角度からの
間接的なゴッドハンドだ。
不思議なめぐりあわせをアレンジしたピピに感謝する。

とおもったら、じきにいたみがもどってきた。
ゴッドハンドかとおもったピピのオシッコは、
めんどくさくてトイレにいくのを たださぼっただけだったのか。
でも、まだわからないと、親バカなわたしはおもう。
しばらくしたら、絶大な効果がじわじわでてくるかも。

posted by カルピス at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

災害時にペットをどうまもるか

きのうの朝日新聞に、災害時のペットと避難について
環境省のガイドラインがのっていた。
これまでは
「同行避難」を基本として、飼い主にペットを入れるケージなどの準備を促し、自治体には避難所や仮設住宅で可能な限りペットを受け入れるよう求めた。

しかし、きょねんおきた熊本地震では、
避難所にはいったペットへの苦情がでたことから、
環境省がこれまでの指針をあらためている。
自治体に対し、避難所でペットを保護する場合はほかの被災者と分けるよう求める。また、避難所で保護できない場合に備え、飼い主や自治体などには預け先を確保しておくよう促す方針。

だれもが避難できる場所を
「避難所」というのかとおもっていたけど、
ペットはあまり歓迎されないみたいだ。
「人間第一主義」が避難所の基本であると、
今回のみなおしであきらかになった。
ということは、赤ちゃんや老人・障害者、そしておそらく外国人も
避難所で肩身のせまいおもいをするのではないか。

ほぼ日がつくったアプリ「ドコノコ」は、
自分の家にいるネコや犬を登録するときに、
避難所の場所をペットの住所として指定する。
https://www.dokonoko.jp/
ただ、あくまでも「指定」するだけで、
そこにいけばかならずペットをうけいれてもらえる
という意味ではない。
災害時にペットをどうあつかうかは、
さけてとおれない問題として、
ようやく自治体の意識にのぼったところだ。

ドコノコの機能として、
迷子になったイヌやネコを登録すれば
ドコノコからさがしだせる。
みんながヨソノコもドコノコも、
ウチノコとおなじように気にしたら、
迷子のペットが道をあるいていたときに、
「みかけないコがいます」とドコノコにしらせ、
かいぬしまでつながるかもしれない。

きょうは職場のクッキー工房で避難訓練があった。
冗談みたいな避難訓練とはいえ、
職員が意識のどこかに 避難する場面をおもいえがくのは
いい体験になるだろう。
職場での避難訓練に、ペットはもちろんふくまれない。
けっきょくペットの避難については、
それぞれが、自分の問題として 対応するしかない。
もし災害にあったとしたら、もちろん状況にもよるけど、
おそらくわたしは ピピといっしょに家にとどまる。
覚悟をきめたような 動物のいきかたは、
わたしにいろいろな道を おしえてくれるのではないか。

posted by カルピス at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする