2020年07月10日

切実な「あと ひといぬ」問題

今週の「オトナになった女子たちへ」(朝日新聞)は、
伊藤理佐さんが担当だ。
タイトルは、「あと ひといぬ」。

「あと、ひといぬ」は、伊藤さんが実家の両親に
「犬、飼えば?」と提案しているところだ。
まえはかっていたのに、もう7、8年 犬がいないという。
動物といっしょのほうが、くらしにメリハリがつくのでは、
と伊藤さんはおもっている。
でも、父76、母77のふたりは、
「ここから13年は無理っ」
と伊藤さんの提案をうけいれない。
13年は、これまでかっていた犬の平均寿命だ。
ご両親が ためらってしまう気もちもわかる。

それにしても、「ひと いぬ」という単位がうまい。
わかいころなら、かんがえもしなかった切実なくぎり。
義理の母には
「ひとねこ、どうですか」
「ひとねこ、いけますって」
と、・・・言えない。

まえにかっていたネコが、24年も生きたからで、
84歳の母に「ひと ねこ」はとてもきりだせない。

自分たちのネコについても伊藤さんはかんがえる。
伊藤さんの家の「ひと ねこ」は18年だ。
配偶者のヨシダサンが70のとき、
いまかっているネコが死んだとして、
そこから18年をたすと88歳。
これならいけそうと、伊藤さんはほっとしている。
「おーい、もうふたねこ(今のを含む)で!」

わたしの家はどうだろうか。
いま家にいるココはまだ2歳で、
まえのネコであるピピが死んだのは18歳のときだった。
もうすぐ59歳のわたしが、75歳のときに、ココは18歳となる。
たまたまだけど、75歳は、わたしがそれぐらいで死ぬのでは、
となんとなくおもっている年齢だ。
そこから「もう ひとねこ」は、さすがにむりだ。
わたしにとって、ココがさいごのネコである可能性がたかい。
というか、ココをみとるのさえ むつかしいかもしれない。

「ひと いぬ」、そして「ひと ねこ」は、
動物がすきなものにとって、おおきな問題だ。
「ひと ねこ」の単位が意味するおもさを、
ちゃんとわかってないと、おたがいが不幸になる。
自分がいなくなったときのことをかんがえおかないと、
のこされた動物が路頭にまよう。
そうはいっても、ネコのいない生活はさみしい。
こころがよわいわたしは、これも縁だから、とかいって、
子ネコを家につれてかえりそうだ。
「あと ひとねこ」は、老人だけの世帯ではむつかしい。
ペットとのくらしをかんがえると、
核家族よりも二世帯、三世帯が正解かもしれない。
家族の人数がへり、ペットがふえるのは、
「ひと ねこ」問題からいうと、よくないながれだ。
mcNhGBGXwdk5ihSc3MOuZEVSK8-dcae2T76SwkB5OtGC93JAaJKGC5cXpxY4J2eHNkuEGPJ1RB7ahG3own7pdB_Bn5LkrWlQFa_3-x5arV1w-YmdFnJwym0s3zTfc3X-cnEzw2Rlt-2vgWge-BNKJ1j76lMFtWR3AAwnOSyB_vxmDP-a-9FAUXuQH3QsLi97rXqVNix1QOvHccWc-B9_fOVE.jpg

posted by カルピス at 20:37 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

ネコが亡くなり、かなしんでいたおばあさん

いつもいくスーパーでかいものをしていたら、
おばあさんが店員さんにはなしかけていた。
かっていたネコが3日まえに死んでしまい
かなしくてたまらない。
ごはんもたべられない。
ネコは、きゅうにごはんをたべなくなり、
タクシーをたのんで病院につれていったけど、 たすからなかった。
1万7000円もかかったのに、たすからなかった。
もっとはやくつれていけばよかった。
かなしくて、つらくて、さみしそうだ。

わたしはかいものをおえ、レジでお金をはらってから、
おばあさんのところにもどって、はなしかけた。
すこしでもネコのことをはなせば
気がらくになるかとおもって。
しらないひとにはなしかけられて、
おばあさんはとまどったようで、
「どちらさんでしたかいね?」とたずねられた。
とおりすがりのものです、
さっきネコのはなしをきいていました。
おれもネコをかっていて、たいへんさがよくわかります。
残念でしたね。何歳でしたか、ときくと、
まだ3歳だったそうだ。
わかれるのがつらくて、まだいっしょにいる、といわれた。
家にうめるところがありますか、ときくと、
ペットの葬儀にたのむと2万円もかかるので、
市の環境なんとかにもっていくつもりだ、 といわれた。
あそこは、完全にゴミとしてあつかいます。
おれもいったことがあるけど、ネコにかわいそうでした、
とはなす。
そうはいっても、おばあさんはうめるところがないようで
どうしようか こまっておられた。
わたしはなにもしてあげられない。
それじゃあ、とわかれた。
スーパーのいりぐちでうっている、
お花をかってわたせばよかったと、
わかれたあとで気づいた。

posted by カルピス at 19:19 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

子ネコをみかけたのに、なにもできない

きのうの夕方、家にかえると、玄関のよこで子ネコをみかけた。
生後1ヶ月ほどのキジトラ。
つぎの日にだす もえるゴミの袋が外にあったので、
たべもののにおいをかぎつけ、袋をやぶいていた。
わたしがちかづくと、すぐににげる。
でも、おなかがすいているようで、袋に未練がありそうだ。
ネコのかんづめをお皿にのせてもっていく。
わたしの姿があるとたべないけど、いなくなるとたべはじめる。
しばらくしてからお皿をみにいくと、ぜんぶたべていた。
夜にかんづめのおかわりをだしておいたら、
朝からっぽになっていた。

子ネコは右目が白くにごっている。
からだつきもやせていて、いかにもおなかをすかせたノラネコだ。
にげなければ、病院へつれていけるし、ご飯もあげられる。
ノラネコのおおくはひとをおそれるけど、
自分で学習した結果、というよりも、
ひとにちかづかないよう親からまなんだのだろう。
日本のネコがひとをおそれるのは、
残念な歴史がやまほどあるのだろう。

もう30年ちかくむかし。
アルジェリアへいこうと、モロッコの首都ラバトにある
アルジェリア大使館へビザの申請にでかけた。
事務官のつくえのうえには、ネコが惰眠をむさぼっていた。
事務官は、めんどくさそうに、ネコを両手でおしやって
事務仕事をするスペースをつくった。
あとでさいとう夫婦の『バックパッカーパラダイス』をよむと、
おなじ体験がかいてあり、まったくかわっていないのがうれしかった。
無事にビザを手にいれ、アルジェリアの西部の町、オランへでかける。
たかいホテルにはいると、フロントのよこに木がうえられていて、
そこの砂にネコがおもいっきりウンコをした。
ホテルのひとはとくにネコをおっぱらわず、
しょうがないなー、というかんじでみていた。
ふたつの例だけで断言はできないけれど、
アルジェリアはネコの天国かもしれない。

ココは2年まえの5月28日に わたしの家にきた。
ノラネコだったココは、おなかがへったからか、
さみしさからか、ブロック塀のむこうでずっとないていた。
それほどわたしをおそれなかったので、
何日かごはんをあげたのち、家につれてかえることができた。
にげなければ、すくわれるネコがいる。
ネコがにげない町は、きっとひともすみやすい町だ。
QFHqZ7O2NCOasRSHp-ceyXLYTrxn0GO7d91gIcQ3Ykd7zLK3chbs0a6-_wNvotGf7h1ocbdvP2E2oaNswC1yPv0CdUkhhHInSdc9Px9xrYIwfb3Ww_7IWVoB8N0M-9H6iNpbDkd0DsY0Wru6BOuJyWaIKBiXxzrHAM72tpJ677oNoVsXdcl9_YNRdK-X0K1FeFSzOP4sOF0FQVcY8zFYJAan.jpg

posted by カルピス at 21:40 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

ココが自由にではいりできるようになり、鍵をかける習慣だけがのこった

5月にはいってあつくなる日がふえてきた。
かっているネコ(ココ)が、そとにでないよう、
ずっと戸をしめてきたけど、
このあつさでは、網戸にしないと我慢できなくなった。
ネコがやぶらないよう、網戸には、
ふつうよりも頑丈なアミをはっている。
でも、おとなになったココが、ちょっとちからをかけておせば、
かんたにアミがはずれてしまう。
もう、ココが外にでるのをふせぐのはあきらめた。
冬のあいだ、知恵くらべのように、
ココの外出をふせいできたけれど、もうお手あげだ
敗北宣言をして、ココに自由なではいりをゆるした。

自由にではいりできるようになったココは、
自由にではいりできることにまだなれないようで、
外にでると、すぐもどってきて、
そしてまたすぐにでていってしまう。
なにをやってるのか、自分で理解しているのだろうか。
夕ごはんの時間になると、ココもテーブルのうえにあがり
「みんなといっしょ」の時間をすごそうとする。
いつもなら、お皿にのったおかずをねらうのだけど、
きょうはなにかをうったえてハナをならしていた。
人間とおなじように、ネコも自由すぎると とまどうのだろうか。
4_2hjg6-nhjEHVswoTdmrs9oeI27AoEdz9aISIUxtZOS9ZMk2JquaTFcUMbaIsLFcJ5Imv02uzGbaJA7jfGmKz6aK_ISz1dRdVPjn2yMqhPtmAkLeoUcjsUi-fTaYQIIZ_smlXoCMeAfz5664cXd2ciPoH20T_G2eJ8l6tWriEtd2HfvEAikbM_mDpAhWSqwRvHBcQYG7k9xcZmPa6i4SOAx.jpg
かまってもらえずさみしがっているのかと、
あそびにさそっても、どこかうわのそらでおちつかない。
外へでられないときは、不満そうにいらついていたくせに、
いくらでも外にでられるようになると、
こんどはなんだか さみしさをかんじているようにみえる。
ネコの真意をくみとるのはむつかしい。
もうすこししたら、おたがいになれてくるだろう。

玄関は、あいかわらずココが外にでないよう鍵をしている。
島根では、ドロボウにはいられるなんて、あまり心配しないので、
それまでは、ひるのあいだ、ずっと鍵をかけていなかった。
もう玄関をふせがなくても、ココはどこからでも外にでられるから、
鍵をしなくてもいいわけだけど、せっかくなれてきたので、
玄関の鍵だけは、これからもかけるようにする。
ココのおかげで、鍵をかける習慣がやっと身についた。

posted by カルピス at 21:44 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

ココの誕生日

4月8日は、ココの誕生日だった(推定)。
まえにいたピピが、2年まえの この日に亡くなり、
その6週間後にココを我が家へつれてかえった。
生後6週間ぐらいのからだつきだったので、
便宜的に、ピピが死んだ日に ココが生まれたことにする。

ココが家にくるまでの6週間は、
ネコがいない日をすごさなければならなかった。
ネコのからだをなでたり、なき声をきくこともない。
さみしくて、つまらない日があたりまえになったころ、
わたしの通勤路で、子ネコがなき声をあげていた。
ブロック塀のうら側にかくれ、なかなか姿をみせない。
1週間は、たべものをあげるだけにして、ようすをみた。
1週間たっても、どこへもいかないでないているし、
母ネコがちかくにいるようすもない。
これもご縁だろうと、家につれてかえった。

ココは2歳になる。
ネコは半年で大人になるというのに、
いまだに子イヌみたいにじゃれてあそぶのがすきだ。
糸井重里さんが「今日のダーリン」で、
ブイコがあらあらしくあそぶのを「あばれタイム」と名づけていた。
いちにちに、なんどかこの
「あばれタイム」でエネルギーを発散しないと
おちつかないので、ちょっとたいへんなのだそうだ。
ココもまだ「あそびタイム」がある。
家じゅうをかけずりまわり、わたしの手にかぶりついて、
ネコキックをあびせ、とさんざんあばれると、すっとおとなしくなる。

かわいいね、すてきなニャンコだね、おりこーだね、
といってかわいがっているうちに、
ほんとうにすてきなニャンコにそだった。
あそびにさそってくれるし、あまえた声をだして、
だっこをもとめてくるし、たまらない寝顔をみせてくれる。
2歳になるのにまだ赤ちゃんの性格で、すごくいいやつだ。
うちにきてくれてありがとうと いつもつたえている。
0TySE65Z39FiqXTN5nEtLJpdVWZltCFSkKcBhPXjP6IFgmhNcnVwSy2iph_nc6cDHzIka_AHJpCyz_6VMkWyqnFVQAXhq3EAIiRVczRT-cfZTzrUd0gn4XEKolyk17z-5g72VKlzTrHL6B3M5UYJakpUIHn93t_LV1o-ziO6AbGbMhGdhtuvUWOTaiv7abSuPzYk3dkpukZNdeeV8GHgdovs.jpg

posted by カルピス at 21:12 | Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする