2017年07月16日

『熱風』での対談「仕事と家庭」 家庭のやりくりがいかにむつかしいか

ジブリのフリー小冊子、『熱風』7月号に、
鈴木敏夫さんと森健さんによる対談
「仕事と家庭」がのっていた。
森健さんは、クロネコヤマトの経営者として有名な
小倉昌男さんを取材した『祈りと経営』により、
大宅壮一メモリアルノンフィクション大賞を受賞している。
経営者として超一流だった小倉氏だけど、
家庭においては配偶者・子どもたちと
いろいろな問題をかかえていたようで、
この対談では仕事と家庭はべつものという視点が、
くりかえしかたられている。
想像だけど、やっぱり家庭が落ち着かなかったから仕事に逃げた、だから仕事が成功した、そういう関係にあったんじゃないかなって思うけど。だってびっくりするぐらい仕事で頑張るわけでしょ。運輸省との交渉、規制緩和の問題を平気で交渉していたわけですよ。それは家庭で抱えていた問題に対するいらつき、その解消の意味でもあったと、撲なんかは読んでいたけどね。(鈴木)

わたしも、自分の「仕事と家庭」についてかんがえてみる。
仕事は、もうほとんど軸足をのこしておらず、
いわれたことだけは粛々とやるけど、
地味でやる気のとぼしい職員だ。
いわれたらやるし、常識の範囲内で
意見をだしたりはするけど、それ以上の存在ではない。
かといって、そのぶん家庭にエネルギーをそそいでいるかというと、
けしてそんなことはなく、
自分の部屋にひきこもり、すきなことだけをする
ろくでもない夫であり父親だ。
とうぜんながら、家庭はあたたかな雰囲気につつまれたりはしない。
ネコのピピは、もうすこしわたしを評価してくれそうな気がするけど、
ネコなので発言力はあまりたかくない。

30代のころは、いまとくらべものにならないぐらい仕事をした。
行政からの補助がすくなく、きわめて貧乏な事業所だったので、
自分たちで運営費をかせがなくてはならなかった。
日用品のバザーをひらいたり、映画会や音楽会を企画して、
サービス残業があたりまえだったし、休日にも職場にでていた。
本業の介護についての専門知識はとぼしかったけど、
事業所の経営を、仲間たちと必死にささえていた。

そうしたがんばりを、配偶者がみとめていたかというと、
たいしていまとかわらないような気がする。
つまり、仕事にうちこもうが、そうでなかろうが、
家におけるわたしのポジションは たいしてかわりはない。
わたしの意識は、一貫して
家庭にはむけられていなかったのだろうか。
そうだともいえるし、それなりに最善をつくしたともいえる。
その程度の意識では うまくいかないほど、
家庭はむつかしい問題なのだ。

鈴木さんと森さんの対談をよみ、
わたしの家庭だけが、うまくいってないわけではないと、
なんだか安心させられた。
むしろ、うまくいってないのがあたりまえと、
おおくのひとが はじめからあきらめるほど、
家庭をうまくまとめるのはむつかしい。
おなじ空気をすい、おなじテーブルで食事をとるだけでも、
それはそれで、ひとつの家庭のありかただと、
ひくいところから みつめなおしたほうが うまくいきそうだ。
きのうはわたしの誕生日で、
配偶者はいつものように半袖シャツとTシャツをくれた。
いったいそれ以上、なにをのぞめというのか。

posted by カルピス at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

母がもうすこしでサギの被害に

いっしょにくらしている母が、
「サギにあったみたい」と封筒をもって台所にきた。
たくさんの書類がはいっており、
すぐにはなんのことかわからなかったけど、
どうも高額医療費の返還がうけられるからと、
ゆうちょの口座をつくるようにいわれ、
もとめられるままに口座番号や暗証番号をつたえたらしい。
書類のなかには、ゆうちょダイレクトのもうしこみが完了しました、
というおしらせがあった。
口座には、60万円ほどの普通預金があり、
そのほかに定期預金も もっていかれたかもしれないという。
被害金額としては、致命的でないとしても、
だれかがまんまと金をうけとって、
にんまりしているかとおもうとはらがたつ。

母は、よくいえば善意のひとで、
だれかをうたがったりせず、
いわれるままに相手のはなしに共感しがちだ。
サギにかかったら一発だろうと、まえから気にかかっていたけど、
なにも対策をとってこなかった。
85歳になる母は、「だいぶボケてきた」といいながら、
身のまわりのそうじや洗濯は自分でするし、
ひとりで病院へもいける。
サギにそなえるといっても、へんなはなしにはのらないよう、
漠然とした注意ぐらいしか わたしにはできない。
あやしいはなしは固定電話にはいってくるので、
携帯電話だけをもつようにすすめようか、とか
通帳をぜんぶわたしがあずかったほうがいいか、など
これからの対応をかんがえる。

はじめは だまされた母のおろかさにいかりながら、
だんだん母がかわいそうになってきた。
わたしがろくにはなしをきかないので、
へんな電話がかかってきたと、相談をもちかけにくかったのだろう。
むすこといっしょにくらしながら、サギの被害にあうなんて、
せめられるのは、母でははなく むすこのわたしだ。
とにかく郵便局へいって 相談にのってもらうよう母にいう。
「わたしがわるい」といいながら、自分はうごかずに
こうやってぜんぶ母にさせるのだから、
たしかにわたしは よくないむすこにちがいない。

仕事からもどり、郵便局でどういわれたかを母にたずねる。
さいわい 事前にくいとめられて、被害はなかったそうだ。
ゆうちょダイレクトを廃止する手つづきをしてもどってきた。
たくさんあった連絡物は、ぜんぶ郵便局へあずけている。
ひとまず問題は解決し、いい体験になったとありがたくおもう。
でも、やり手のサギにかかったら、
母なんて なんどでも だまされるにきまっている。
サギ被害を根本的にふせぐ、なにかいい方法をしりたい。

posted by カルピス at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

義父につきそい なんちゃって親孝行

義理の父を近所の神社へ
つれていってほしいと配偶者にたのまれる。
きのう節分だったので、ぜひおまいりしたいらしい。
配偶者の実家は、わたしの家から車で1時間ほどはなれていて、
そうとおくはないとはいえ、わたしはめったにたずねない。
このところ義父は調子がわるいらしく、
できるときに親孝行をしておこうと、
すんなりひきうける。

85歳になる義父は、4年まえに義母をなくし、
ひとりいなか町でくらしている。
義父は 自分の一生をどうふりかえるだろうかと気になった。
わかいころは、山仕事や農業ではたらきづめだったという。
ようやくそだてた2人のむすめは家をでて、
それぞれ家族とくらしている。
義母がなくなったのは4年まえでも、
そのまえから入院や入所型の施設にはいっており、
もうながいあいだ義父はひとりぐらしだ。
わたしの配偶者は長女なので、
できれば家をついでほしかっただろうけど、
わけのわからない男(わたしだ)とくっついてしまった。
結納をせず、まともな結婚式もあげずに
長女をさらっていったわたしにも、
義父はずっとおだやかにせっしてくれる。
ひろい家でのひとりぐらしはさみしそうだ。
冬はかなりさむくなる地方なので、よけいにつらいだろう。
でも、むすめふたりは家族をつれてお盆や正月にかえってくるし、
かわいい孫の顔もみられた。
トータルとしてはしあわせな人生なのだろうか。

わたしの配偶者は、義父をひとり家にのこすのが心配なので、
老人ホームをすすめようとしている。
いくらあたたかくすごせ、ごはんの心配がないといっても、
わたしだったら すみなれた家をはなれたくない。
子どもがむりに入所させようとしたら、絶対に反抗するだろう。
よく家の老人がデイサービスにいきたがらなくて、と
家族の方がたいへんそうにはなされるけど、
自分がその立場だとしたら、
いやがるところへいかされるほうが災難だ。

職場の上司にそんなはなしをもっていくと、
在宅介護をしようとヘルパーでつなぐより、
環境のととのったホームが いい場合もある、といわれた。
ひとりぐらしをのぞむひとだけではないので、
もし本人が気にいるのなら、
たしかにホームという選択も ありかもしれない。
わたしが義父くらいの歳になったときは、
貯金もなく、年金だけではとてもホームにはいれないので、
ひとり家でくらすしかない。
心配すべきは自分の将来のほうかもしれない。

きょうは 義父と神社へでかけたかえりに、
ちかくの温泉で昼ごはんをいっしょにたべた。
気になっていた節分のおまいりができ、義父は満足そうだ。
かえりの車のなかで、
いくら不便ないなかでも、すみなれた家がいい、と
義父がポツリとくちにする。
せっかく85歳までながいきをして、
さいごがのぞまないくらしになれば 義父は不本意だろう。
といって、わたしにできることは ほとんどない。
義父の人生は、どんなかたちでのしめくくりがしわせなのか。

posted by カルピス at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

田んぼのものおき小屋が なんとかできあがる

田んぼの ものおき小屋づくりにむすことでかける。
このまえの仕事で、
だいたいのわくぐみができており、
きょうは波板をうちつけ、
補強用の金具をとりつけるだけだから、
かんたんにおわるはずだ。
とはいえ なにがおこるかわからないので、
念のため お弁当も用意した。
おにぎりとサッポロ一番みそラーメン。
おかしや紅茶もかばんにいれた。
仕事はすぐにかたずき、
そのあとはピクニック気分をたのしめるだろう。

職場からインパクトをかり、
ポリカの波板に穴をあけてから クギをうちつける。
インパクトをつかうと、かんたんに穴があく。
波板だけでなく、角材にクギをうつときも、
インパクトをつかって
とちゅうまで穴をあけておくと すごく楽だ。
このまえ苦労してクギをうったのは
なんだったのかと 拍子ぬけする。

くわしい設計図にそってつくったわけではなく、
とくにすみっこは、おもわぬすき間ができている。
こまかいところにおよんだしわよせを、
つじつまあわせで なんとかごまかす。
すきまだらけだらか安全
(一酸化炭素中毒に、なろうとおもってもなれない)、
という自虐ギャグがあるけど、
一酸化炭素どころか、肝心の雨と風さえ
ふせげない気がする。
できあがった小屋に足踏脱穀機いれたものの、
もしもの用心で、ブルーシートもまいておいた。
秘密兵器でもないのに ブルーシートをかぶったままの足踏脱穀機は
今回の仕事を象徴しており、残念な景色だ。
しばらくようすをみて、雨がふきこまないようなら
ブルーシートをはずして デビューさせよう。
ものおき小屋.jpg
たいした作業量でないとはいえ、
いちにち小屋づくりにとりくんだので
さすがにつかれた。
はじめはむすこに丸なげをしていたなんて、
ずいぶんひどいおもいつきをしたものだ。
なりゆりきはともかく、
もうすぐ家をはなれるむすこと
こうしていっしょに小屋づくりができたのは、
ものすごくしあわせなのかもしれない。
とりあえずの完成をいわい、
プレミアムモルツで乾杯した。

posted by カルピス at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

3月1日は むすこの高校の卒業式

高校3年生のむすこが、きょう卒業式をむかえた。
3年かよえば自動的に卒業できるようなものだとはいえ、
そのあいだ心身ともにおおきくはくずれず、
無事に卒業できるのは なんといってもありがたい。

小中高の12年間をつうじ、けっきょくむすこは
とくにむつかしい問題をかかえることなく、
なんとなくおおきくなり、なんとなく卒業をむかえた。
なんてかくと、きっと配偶者は本気で腹をたてるだろう。
わたしがほとんど干渉しなかったかわりに
(きょうだって式にでていない)、
彼女はわたしのぶんまで むすこの成長に
気をもんでいたはずだ。
しかし 客観的にみれば、なにか問題をおこすでもなく、
手のかからない子だったといえるだろう。

手がかからなかったから いい子、
といっているのではないけれど、
むすこについて、ふかくなやんだおぼえがわたしにはない。
おさないときに ちゃんとむきあって、
人間としてのちからをそだてた自信があった
(幼児期を、すてきな保育園ですごせたことに感謝している)。
ひととして はずれたことはしないだろうと
信頼していたのはたしかだ。
自分のむすこを ぬけぬけとほめた文章なんて
ふつうはかけない。
高校を卒業した特別な日にあまえ、
事実をありのままにかきとめておこう。

・ネコのピピにはやさしくせっしてくれた。
 足腰がよわって ふつうにうごけなくなっているピピが、
 ふとんの上でおしっこをしても しかたがないと うけいれていた。
 ピピがむすこの部屋でねると、
 さむくないように 毛布を肩までかけてくれた。
・ギョーザをつくる日には、皮にアンをくるむのを
 手つだってくれた。
・なによりも、わたしがつくる得体のしれない料理を、
 わかい食欲にまかせて 胃袋におくりこんでくれた。
・ゴミ袋をあつめる場所まで、
 家のゴミをもっていく係をつとめた(スマホの利用とひきかえ)。
・いっしょにすむ祖母(わたしの母)にたいし、
 わたしより、ずっとやさしくせっしてくれた。
・わたしがすすめた本を こばまずにどれもよんでみて、
 「おもしろかった」といってくれた。
・わたしが高校生のときは、友だちが家にあそびにくるなんて
 めったになかったけど、
 むすこには、きてくれる友だちがいた。
 友だちの家にいくより、友だちがくるほうがおおかった。
 きてくれる友だちは、ちゃんと挨拶をしてくれる
 (失礼します・失礼しました)いい子ばかりだった。

わたしはずっと水泳をつづけてきて、
トレーニングやジョギングがすきだけど、
むすこにスポーツをすすめはしなかった。
むすこは中学で理科部をえらび、
高校はいわゆる「帰宅部」ですごした。
本をすきになってほしかったので、
わたしが気にいったをすすめはしたけれど、
そのさきは 本人のこのみにまかせた。
その結果、とくにふかくはいりこみはしなかった。
でも、本をよむたのしみはしっているとおもう。
ざっとまとめれば、わたしが高校生だったころとくらべると、
むすこのほうがずっと「いいやつ」にそだってくれた。

むすこがいてくれたおかげで、
わたしは子そだてを体験できた。
たいへんではあるけど、なかなかたのしくもあったし、
家に子どもがいると、世の中のあたらしいうごきや情報が
自然と耳にはいってきて、
わたしが浮世ばなれしたおやじになるのをふせいでくれた。
そだてた恩をうるよりも、
生まれてくれてありがとう、の子そだてだった。

高校卒業までそだてれば、
いちおう親の役目はおわったとしてもいいだろう。
このさきむすこは大学へすすむけど、
なにを勉強し、どんな道をすすむのかは
もう親のわたしがしるところではない。
きょうは、わたしの子そだてが、名実ともにおわった日なのだ。
配偶者の労をねぎらい、おいわいにワインをあけた、
なんていうときれいにきまるけど、
そこらへんはあいまいにしたまま いろんなおいわいをかね、
あさって焼肉をたべにいくことにした。

posted by カルピス at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする