2018年04月11日

柴犬のももちゃんが、専門雑誌から取材をうける

デイリーポータルZにときどき登場する
柴犬のももちゃんが、犬の雑誌から取材をうけた。
http://portal.nifty.com/kiji/180405202522_1.htm
ももちゃんは、ライターのヨシダプロ氏がかっている
(ほんとうは、氏の実家が本拠地)犬で、
ヨシダプロ氏はこれまでに
もちゃんがたべものにみえるとこじつけ、コロッケや食パンなど、
ももちゃんに似せた料理をつくってきた。
ヨシダプロ氏による、そうした地道な活動が実をむすんだのか、
有名な柴犬専門雑誌「shi-ba」から
ももちゃんへの取材をもうしこむメールがとどいた。

取材の当日は、雑誌社から3名の取材班がおとずれた。
チームで協力しあい、熱心に撮影するようすが
デイリーポータルZの記事に紹介されている。
家でのももちゃんだけでなく、野外ロケにもでかけ、
ももちゃんをできるかぎり かわいく撮影している。
ヨシダプロ氏も、あらかじめももちゃんをお風呂にいれたり、
お得意のももちゃんになぞった新作料理
(今回はやきおにぎり)をつくり、撮影に協力したそうだ。

いまさらながら、わたしも動物雑誌から取材されたくなった。
プロのチームが、全力でピピの魅力をひきだしたら、
さぞかしかわいいピピの写真ができあがっていたはずだ。
もったいないことをした。
犬やネコの場合、取材してもらうのは、
かなり競争がはげしそうなので、
反対に、こちらからおねがいして
記念写真をとってもらう手もある。
そんな会社があり、カメラのうでさえたしかなら、
たくさんの依頼がくるのではないか。
家族とともに、リラックスしてすごすときが、
いちばんいい表情をみせるのかもしれないけど、
それとはまたべつに、プロの写真家が、
全力をつくして犬やネコをかわいくとったら、
しろうとがスマホでとる写真よりも、
ずっといい写真をのこせるのではないか。
撮影じたいも、いいおもいでになる。

とはいえ、ネコを写真にとるのは すごくむつかしい。
それをじょうずにこなせるから、
岩合光昭さんは人気があるのだろう。
犬のももちゃんでさえ、取材班がおとずれたときは、
いつもとちがう雰囲気に警戒して、
部屋にはいらなくなっている。
複数の取材班が家にくれば、
ネコにとってはそれだけで日常でなくなり、
きっとどこかへいって 姿をみせなくなる。
ネコとのおもいでは、きわめて個人的な関係にかぎられ、
第三者に理解してもらえないのが残念だ。
わたしがピピのかわいさを まわりのひとに たたえても、
家族以外には なかなかつたわらない。
だからこそ、ドコノコをおおくのひとが必要としていたのだろう。
自分のネコの魅力を、ほかのひとにもつたえたいという
あついエネルギーが、ドコノコをささえている。
わたしがネコずきだからいうわけではなく、
ドコノコにのる写真は、圧倒的にネコのほうがいい写真だ。

posted by カルピス at 22:44 | Comment(0) | デイリーポータルZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

3月末は、いくつかの番組が最終回をむかえる

3月末は、最終回をむかえる番組が
気をゆるめたころにしらされて、さみしいおもいをする。
高田秋さんが担当している木曜日の「ゆうがたパラダイス」を
わたしはたのしみにしていたのに、3月29日が最終回だった。
モデルとはおもえない彼女のおしゃべりがすきだった。
きょねんは、音楽遊覧飛行の吉村喜彦さんがやめてしまい、
しばらくさみしいおもいをした。
かわりに担当された向谷実さんが、いい味をだしてくれており、
いまは吉村さんのいない音楽遊覧飛行になれたけど、
きょねんはかなりがっかりしたものだ。
かわりにほかの担当者がかわればよかった、などと
愛唱歌など どうでもいわたしはおもったものだ。

土曜日の夕方4時から6時まで、
NHK-FMの「ラジオマンジャック」をたのしんでおり、
これは基本的にあそびちらかす番組なので、
いったいこの回をもっておわるのか、
それとも4月からもつづけるのか、
はっきりいわないまま番組のおしまいまできた。
すこし心配しながらきいていると、
「来週のテーマは・・・」と、
どうやら4月以降もつづくらしいとわかり安心した。

きょうの「デイリーポータルZ」は、
ブックマークをおすと、
http://portal.nifty.com/
デイリーポータルZはYoutuberになりました。Youtubeチャンネルに移動してよろしいですか?(キャンセルを押すとかつてのデイリーポータルZに移動します)

とややこしくふざけている。
Youtubeチャンネルにうつると、
https://www.youtube.com/watch?v=QxOWCrAN1I0
なんだかほんとにユーチューブのページにきたみたいだ。
4月1日は、年度がかわった最初の日であり、
なおかつエイプリールフールであることから、
デイリーポータルZらしくじょうずにあそんでいる。
というか、エイプリールフールにデイリーポータルZが
なにも反応しないわけにはいかないわけで、
ユーチューブにかわったと、はでな冗談をうちあげながら、
じっさいに内容もユーチューブらしいページをたちあげている。

わたしは、4月1日だからといって、
どうしても気のきいたジョークを口にしたい、
というややこしい意識はない。
職場のひとが、エイプリールフールにちなんだ
あまりおもしろくない冗談をいえば、
露骨にしらけてしまうイヤなタイプだ。
きょうのデイリーポータルZは、
プロ集団として、じょうずにふざけており好感がもてる。
テキトーにつくったユーチューブ版の記事もおもしろかった。
エイプリールフールは、ここまでやって、ようやく成功といえる。

posted by カルピス at 21:25 | Comment(0) | デイリーポータルZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

ジーンズをはきかえたら、しんじられないぐらい、気もちがよかった。

あまりおおきな声ではいえないけど、
わたしは冬に ジーンズをほとんど洗濯しないではきつづけている。
きれいずきというか、潔癖症のひとのなかには、
いちど手や足をとおしたものは、
いちにちで洗濯しないと気がすまないひとがいるらしい。
わたしは、よごれを実感しないかぎり、
そのままはきつづけるほうだ。
ネコのおしっこがついたり、
ショーユのシミができたりしたらあらうけど、
そうでないかぎり、1、2ヶ月は平気ではいている。

3月中旬になってあたたかい日がつづき、
ときにはあついとかんじる日もでてきた。
このまえひどく汗をかいたので、
すこしまよってからジーンズを洗濯機にいれ、
シャワーをあびてから しまってあったジーンズにきがえた。
ジーンズが足にピタッとおさまり、肌ざわりというか、
足にまとわりつくデニムのかんじがすごく気もちがいい。
生理的な快感をおぼえる。
まるで生まれかわったように新鮮なこころもちだ。
夏には毎日ズボンをかえるけど、
こんな気もちのよさはかんじたことがない。
はきなれたジーンズであり、サイズがわたしの足にピッタリなのも
快感にひとやくかっていそうだ。
洗濯によりすこしちぢみ、ブカブカではなく、ピッチリでもない。
ベルトをつけなくても、すんなりおさまるのが
洗濯しおえたジーンズのここちよさだ。

先日のデイリーポータルZに、
「洗濯洗剤は、必要ないって、ホント?!」がのった。
http://portal.nifty.com/kiji/180309202279_1.htm
テレビのコマーシャルでは、その会社の洗剤が
ひどいよごれをおとすようなことをいうけど、
実験してみると、水だけであらった場合とくらべ、
たいして差がでなかった。
企業はよごれおちがすぐれていると強調し、
消費者は効果がないものにお金をはらう。
その結果、川や海がよごされていく。
なんておかしなことがまかりとおっている世の中だろう。

わたしが洗濯したジーンズにかんじる快感は、
洗剤であらったから よごれがおちて、
気もちよくかんじるのではなく、
洗剤をつかわず、水だけでざっとあらった場合にも、
おなじようなここちよさをおぼえるとおもう。

人間のからだも、おふろにはいったとき、
せっけんでおゴシゴシあわらなくても、
ただお湯につかるだけで、じゅうぶんにきれいになると
きいたことがある。
わたしもなんにちかためしてみたけど、
夏だったためか、からだのアブラがおちなくて、
気もちよくないので、すぐにやめた。
ただ、洗濯に洗剤をつかわなくても、
からだとちがい、ジーンズは不満をいったりしない。
実用になるほどきれいにあらえるのなら、
洗剤をいれない洗濯でじゅうぶんだ。

posted by カルピス at 22:11 | Comment(0) | デイリーポータルZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

太陽からの熱がとどかなくなっても、灯油をかっておけば大丈夫

デイリーポータルZに、帰宅難民予行演習の記事がのっていた。
http://portal.nifty.com/kiji/180309202274_1.htm
自分の家までかえるのに、あらかじめ体験しておくなんて、
島根という田舎にすんでいるわたしには、ピントこない。
なんでそれぐらいのことが、とおもうけど、
日ごろ都会で長距離を通勤・通学しているひとにとって、
交通機関がとまれば、家までの道さえわからないようだ。
そこらへんの深刻さが、地方と都会ではまったくちがう。

小学生のころ、あと何年かしたら(ずっとさきだろうけど)、
太陽がひえはじめて、地球に熱がとどかなくなる、
というはなしをきいた。
でも、わたしはぜんぜん心配しなかった。
灯油をたくさんかっておけばいいから、
というのがわたしの対応策だ。
くらくなるのだったらロウソクがある、
とおさなかったわたしはのたまった。

災害にそなえたわたしの意識は、それからたいしてかわっていない。
基本的に、かいだめしておけば、なんとかなるとおもっている。
食糧は、お米さえあれば しばらくしのげるはずだ。
水はペットボトルをケースがいしておこう。
でも、ほんとうに都市で大災害がおきたら、
日用品や食糧の確保をかんがえただけでも、おてあげになる。
それにトイレは。
田舎だったら、トイレがつかえなくなっても、
すこし町をはなれたら なんとか用をたせる。
都会では、そこらへんにかくれて、というわけにいかない。

大震災から7年がたとうとしている。
このごろは、南海トラフ地震がおきたばあい、
どれだけのダメージがあるかの試算を新聞でみかける。
被害をかるくみたときと、重大な場合を想定したときでは、
ずいぶん数字にひらきがあるけれど、
あのひろい地域に被害がおよべば
日本全体が、あらゆる面でマヒしてしまいそうだ。
流通も、エネルギーも、すべてがストップする。
といって、いまのわたしになにができるだろう。
けっきょく、最小限の備蓄しか、おもいつかない。
小学生だったころとおなじだ。

posted by カルピス at 10:30 | Comment(0) | デイリーポータルZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

パリのカフェで絵はがきをかく林さんに共感する

デイリーポータルZに林雄司さんの
「パリのカフェで絵はがきを書きたかった」がのった。
http://portal.nifty.com/kiji/180301202197_1.htm
タイトルがすべてをあらわしている記事だ。
林さんの気もちが、わたしにはとてもよくわかる。
パリといえばカフェ。
カフェでなにをするかといえば、絵はがきをかくにきまっている。
パリときけば、カフェでかるくなにかをつまみながら
サラサラっとペンをはしらせる自分をイメージする。
エッフェル塔やルーブル美術館をたずねるよりも、
とにかくパリといったらカフェだ。

わたしはなんどかパリにいったことがあり、
すこしぐらいエラソーに自慢してもしょうがないかもしれない。
まず、セーヌ川ぞいをジョギングした。
有名なシテ島とポンヌフもはしった(ようにおもう)。
もうひとつ。セーヌ川ぞいにあるお店で、
「オーティス=レディングのカセットをさがしています」
とたずねたら、一発でつうじた。

でも、残念ながら、「カフェで絵はがき」はやってない。
つれといっしょにカフェへいって、
外においてあるテーブルにつき、
ビールくらいはのんだかもしれないけど、
けしてそれは「カフェで絵はがき」ではなかった。
映画のワンシーンで、うしろのほうにうつっているカフェでは、
地元のひとがエスプレッソをすすり、新聞なんぞをよんでいるけど、
旅行者にはいささかハードルがたかい。
ひとり旅行のときは、観光客であることを堂々と主張し、
カフェでは丸テーブルにおちついて、
エスプレッソをよこに、絵はがきをとりだすのが
いちばんただしいすごし方である。
林さんの記事にのっている写真がそれだ。

それにしても、このSNS時代に、
いまでもちゃんと絵はがきをうっているのは
さすがにパリということなのか。
そういえば、このまえタイを旅行したときも、
おみやげ屋さんには絵はがきがおいてあったような気がする。
旅さきでは絵はがきをかくのが、
いまだに世界共通のおやくそくとしてのこっているのか。
わたしがさいごに絵はがきをかいたのは、
25年まえのタイ旅行までさかのぼる。
おしゃれなカフェではなく、
ゲストハウスの食堂で、やめてきた職場のひとたち
ひとりひとりに、あいさつとお礼をかいた。
絵はがきは、すでに現地の写真がのっているだけに、
はなれてくらすひとへのたよりにつかいやすい。
インスタグラムなんていうのも、
けっきょくは絵はがきみたいなものかもしれない。

posted by カルピス at 20:55 | Comment(0) | デイリーポータルZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする