2016年11月14日

『泣いたの、バレた?』酒井順子さんによる 男たちを対象にした女性学講座

『泣いたの、バレた?』(酒井順子・講談社文庫)

酒井さんは以前、気のよわい女はいない、と
男たちにおしえてくれた。
今回の『泣いたの、バレた?』では、さらにつっこんで、
男にはわかりにくい女性の気もちをあかしてくれる。
この本のタイトルから想像されるのは、
小保方さんの釈明会見だろう。
酒井さんは小保方さんがひらいたこの会見を
「失敗だった」とみている。
オボちゃん(小保方春子さん)というのは、ヤワラちゃん以來、久しぶりに登場した「女に嫌われる女」であるわけですが、彼女達は何故そうなのかというと、女子校的環境にいたことがないせいで「女性の視線管理」に慣れていないためではないかと思われる。(中略)
対してオボちゃんはまた、泣き方も「メイクを崩さずに泣く」という女ウケしないもの。天に向かい、思いを噴出させるように泣いた真央ちゃんとの印象は、かなり違いましょう。

卵子老化の項では、
「(妊娠)したいのは山々!啓蒙するなら男性をしてほしい!」
というのが、多くの女性達の意見かと思います。何せ女性は、役割としてはキャッチャー側であるわけで、ピッチャーが「投げる気ないっす」「面倒臭いっす」といっているのに、
「さあ来い!」
とミットを叩いても、虚しいだけなのですから。

女性にミットをたたかせるなんて、
いまのわかい男たちはなにをやっているのか。

ロンブー淳さんをしとめた女性について、
酒井さんならではの視線で分析をくわえている。
様々な浮名を流したロンブー淳さんが結婚したお相手は、今時珍しい貞女。夫が何時に帰ってきても起きて待っているし、もしも夫が浮気をしたら「一緒に反省する」というのです。
その話を聞いて、男女の反応は分かれることでしょう。(中略)そして女性の場合は、「すごいテクニックだ!」と思うのです。
それはすなわち、嫁テク。(中略)
ぼーっとしているだけでは決して結婚できない現代において、テクニックを隠さずに嫁の座を獲得しようとする女性というのは、むしろスポーツマンのようで清々しい、と。
「確かにそうね。それも、ロンブー淳のように、結婚しても幸せになれるかどうかわからない人とあえて結婚するというのは、相当な猛者なのかもしれない」
「ていうかさ、色々な人が挑んでも結婚までいかなかった男性を前にした時、彼女のアスリート魂に火がついたんじゃないの?」

わたしだったら、おそくまでまってくれるのは、
うれしいよりもプレッシャーだし、
浮気を「一緒に反省」されたら
ギャーッとさけんでしまいそうだ。
酒井さんは「すごいテクニック!」と
まったくこころをうごかさないで、
嫁の座をいとめた女性のテクニックを、冷静にみやぶり、
アスリート魂と位置づける。

酒井さんによる女性心理の解説がなければ、
女うけしない泣き方がどのように失敗だったかとか、
ロンブー淳さんをしとめた女性を
「すごいテクニックだ!」
というふかいよみは、わたしにはとうていできなかっただろう。
週刊現代に連載されている酒井さんのこのエッセイは、
男たちが気づかない女性の心理を 親切におしえてくれる。
中年のおじさんよりも、わかい男たちにこそ
このシリーズに目をとおしてほしい。

posted by カルピス at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井順子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

『泡沫日記』(酒井順子)中年期に体験する「はじめて」の記録

『泡沫日記』(酒井順子・集英社文庫)

わりとひとのかいた日記をよむのがすきで
(こっそりのぞきみ、という意味ではないです)、
関心をよせているひとの 日常をしりたくて、
エッセイだけでなく 日記までよみたくなる。

初体験はわかいころだけでなく、
歳をとればとったで こんどは
老化にともなう「はじめて」を体験するようになる。
本書は、中年期におとずれた「初体験」を、
日記のかたちでまとめたものだ。
具体的な日にちはかいてない。
ぜんぶ「某月某日」となっている。
エッセイのじょうずな酒井さんのことだから、
日記をかいても、よくできたエッセイとしかいいようがない。

本書には島根県もでてくる。
山陰本線は、本線とはいえ運行本数が非常に少ない。その上、出雲以西は山陰本線の中でも出色の絶景区間が続くので、乗り遅れるわけにはいかないのだ。

出雲でとびのった列車で、酒井さんははじめて席をゆずられる体験をする。

本物の老人として初めて席を譲られるというのは、相当ショックな体験なのだと思う。

そういわれてみると、たしかにそうだ。
わたしもマジで席をゆずられたら、
「ありがとう」といいつつ
かなり動揺してしまうのではないか。

震災をめぐる日記では、被災地をおとずれたり、
日常生活で省エネに気をくばったりと、
この本をよんで、酒井さんのまともさをしり
ますますすきになった。
震災以来、心の中には「申し訳ない」」という気持ちが、しんしんと降り積もり続けている。”東京”電力のせいで、福島の皆さんにとんでもない迷惑をかけて申し訳ない。オール電化で申し訳ない。庭園にならなくて申し訳ない。普通に生活して申し訳ない。

酒井さんは「申し訳ない」からと、
夏にもエアコンをつかわずにくらしている
(「・・・・あ、でも深夜電力タイムになったら、
ちょっとだけ冷房入れてるんですけどね、」という告白あり)。

こうしたまともな市民感覚が酒井さんの魅力であり つよみだ。
常識をよくわきまえ、まわりからいわれなくても
おのずと ひととしてただしい道をあゆんでいる。

中学生のとき卓球部に所属していた酒井さんは、
数年まえから卓球のレッスンにかよいだし、
ついには30年ぶりに試合にでる。
最近、こういった「セカンドバージン」を破るセカンド初体験が増えている。昔とった杵柄をもう一度、というお年ごろなのであろう。

「セカンド初体験」というとらえ方がうまい。
1966年生まれの酒井さんは、
ことし50歳をむかえる。
本格的な老化にともなう初体験の報告を、
たのしみにまちたい。

ひとつ注文をつけると、
「〜な私。」
というとめ方がしばしばみられたので気になった。
女性のかくエッセイには、このいいまわしがおおい。
酒井さんほどの達人なのだから、
わかったうえで あえてつかっているのだろうけど、
だれもかれもが「〜な私。」とやるので
だんだんハナについてきた。

posted by カルピス at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井順子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

『この年齢(とし)だった!』(酒井順子)

『この年齢(とし)だった!』(酒井順子・集英社)

レディー=ガガ・山口百恵・オードリー=ヘップバーン
与謝野晶子・松田聖子・金子みすゞ・・・。
有名な女性たちの 人生における転機に注目し、
そこでいったいどんなできごとがあったのかを紹介する。
しっていそうであんがいしらない彼女たちの一生が、
非常にコンパクトにまとめられており、まるで偉人伝みたいだ。
それぞれの転機も興味ぶかいけれど、
わたしは以下の部分につよくひかれた。
 それまでの私は、過去の人を馬鹿にしていました。「今」を生きる人こそ一番偉い。「今」こそが最も進んだ時代なのだ、と。
 しかし清少納言は私に、「今の人が考えることは、たいてい昔の人も考えている」ということを教えてくれました。すなわち「どの時代に生まれていようと、人間は人間なのだ」ということを。

1000年まえに生まれた清少納言だけでなく、
アリストテレスやソクラテスが活躍していた時代だって、
すでにそうとうややこしいことをかんがえていた。
「どの時代に生まれていようと、人間は人間なのだ」は、
どこまでさかのぼれるだろう。

縄文時代にいきた人びとや、さらにいえば
アフリカ大陸をでて あたらしい土地へとむかった
ホモ=サピエンスたちも、すでに「人間」だったのか。
おおむかしに生きた人間たちは、
その日のたべものの心配だけをしていたのではなく、
ひととしてどう生きるかや、しあわせとはなにかを
ひとりで、あるいは仲間たちとかんがえていたかもしれない。
いまわたしがかんがえているようなことは、
当時の彼らだって とっくのむかしに(どれくらい?)
問題意識としてかかえていた。

このまえふるい映画をみていたら
(といっても第二次大戦後につくられた作品)、
ジェットエンジンをつんだおおきな旅客機が 世界じゅうをとびかい、
いまとおなじように空港にひとびとがあつまり、
あたりまえのように飛行機をつかって旅行している。
コンピューターがなくてもジェット機はつくられたし、
旅客機がとびかうシステムがすでにととのっていたことに、
いまさらながらおどろいてしまった。

「今」がいちばんえらいようにおもいがちだけど、
ひとむかしまえでも いまとにたような生活があった。
パソコンがなければ いまやっている仕事は
ぜったいに無理、とおもいこんでいるけど、
50年まえにはパーソナルなコンピューターなどなくても
だいたい いまとにたような形で仕事をすすめていた。
アマゾンやニューギニアのジャングルでくらしているひとびとは、
わたしたちがもっている道具とは
縁のないくらしをしているけれど、
必要がないからつかわないだけだ。
たとえばライターをもたないからといって
おとったくらしなわけではない。
人類は、どの段階でいまの人間とおなじ「人間」になったのだろう。

posted by カルピス at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井順子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

『負け犬の遠吠え』にみる 単にダメなひと

姉夫婦があたらしく家をたてたので、
先月、母につきそって東京へでかけた。
そういえば、わたしのいとこも
みんなそだった家をでて、あたらしい家をかまえている。
ふつうに生きていたら、自分の家族をもち、
家をたてたり かったりする歳になっているのだ。

酒井順子さんの『負け犬の遠吠え』をよんでいて、
オスの負け犬にたいする酒井さんの分類が、
じつに容赦なかったのでおどろいたことがある。
はじめから結婚の対象として目にはいっていない。
そもそも「オスの負け犬」はコラムあつかいで、
はっきりした章だてをあたえられていない。
そういえばそんな犬もいた、という程度の
ほとんど対象外の存在だ。

酒井さんによると、オスの負け犬は、以下の5タイプにわけられる。
・あまり生身の女性には興味の無い人
・女性に興味はあるけれど、責任を負うのは嫌な人
・女性に興味はあるけれど、負け犬には興味の無い人
・女性に興味はあるけれど、全くモテない人
・女性に興味はあるけれど、単にダメなひと

オスの負け犬にあうと、酒井さんは
そのひとがどのタイプなのかと観察する。
30代後半になって負け犬である男性は、
5つのタイプのいずれかであるにきまっているから。
どのタイプもそれぞれにひどい。
のこっている男がこのようにダメであれば、
女性が結婚をいそがないのも しかたのないことにおもえる。
わたしはさいわい(たぶん)結婚したけれど、
上の分類はずいぶん心臓にわるい。
「女性に興味はあるけれど、単にダメなひと」なんていわれると、
まるでそのまま自分のことのようだ。
家をたてなかったからといって、
「ダメ」ときめつけられはしないけど、
なんども仕事をやめ、はたらいていてもまえむきな発想はせず、
いつも老後の隠居生活をかんがえているわたしは、
どちらかときかれたら「単にダメなひと」であり、
抗議する気にはならない。
客観的にみればどうしても「単にダメ」なひとにわけられるのだなーと、
納得せざるをえない。

なにかの機会にこうして『負け犬の遠吠え』を手にとると、
あまりにも適切な表現で負け犬と、負け犬をとりまく社会があらわしてあり、
どこをよんでも いまさらながらにおもしろい。
ついあちこちのページをめくることになり、
いたるところにちりばめられた珠玉のことばによいしれる。
今回のあたらしい発見は、「負け犬と孤独」について。
私達は既にわかっているのです。(中島みゆきとユーミンとでは)どちらが本当に孤独であるかはわからない、ということを。そして孤独感と幸福感は、必ずしも相関関係を持ってはいない、ということを。も一つ言うのであれば、幸福であることが良いことかどうかすらも、今となってはよくわからない、ということを。

このおそろしいまでの達観を、これまでわたしはみおとしていた。
この本は、21世紀の名著として、のちの世までかたりつづけられるだろう。
12年もまえに、負け犬といういきものを発見し、
その将来を予測したするどい指摘にたいし、
評価がひくすぎるとわたしはおもう。
出版されてからの時間がすぎてゆくとともに、
ますます酒井さんの先見性におどろかされている。

posted by カルピス at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井順子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

『日本観光ガイド』(酒井順子)外国人むけ、とおもわせてじつは日本人を対象にしたクールジャパン解説

『日本観光ガイド』(酒井順子・光文社)

日本をおとずれた外国人にむけてかかれた観光ガイド、
とおもわせておいて、
じつは日本人もほんとうはよくわかっていない 日本の文化と風俗を
日本人に説明するのを目的としている。
とはいいながら、本来の目的どおり、外国人がもしよめば、
絶好の日本入門書ともなるという、非常にいりくんだ構造をとっている。
もちろん、無理やりややこしいことをいわなくても、
外国人がよんでも、日本人がよんでも、
新鮮な情報を わかりやすく説明してくれる たのしい本なのだけど、
日本語でかかれているし、「小説宝石」の連載がまとめられたものなので、
外国人の旅行者が目にする機会は あまりおおくなかったかもしれない。
よんでいるうちに、外国人観光客になって日本を旅行している気分になる、
たいへんおとくな本にしあがっている。

酒井さんは大学で観光学をまなんでおり、
あまりにもおそすぎた専門分野でのデビューといえるかもしれない。
その後、作家としてのゆたかな経験をつみ、
するどい観察眼と 適度なかるさを身につけた酒井さんにとって、
本書の企画は 上品にあそべる絶好の舞台となったようだ。

・成田空港
・お辞儀
・秋葉原
・スシ

など、25の項目について、
外国人(そして日本人も)が日本をたずねるときに、
しっていたらたのしい情報がたくみに解説されている。
外国人むけにかかれた ちょっとへんな日本語(もちろんわざと)がおかしい。

「私達はいったん工夫とか改良とかを始めてしまったら、
行き着く所まで行かないと、納得できない性質。
便器も肛門も内蔵も、全てクリーンに除菌した未来の私達の姿を、
いつかまた、見にきてくださいね」(トイレ)

「多くの日本人女性は、お洒落や化粧、そしてダイエットが大好きなので、
とてつもないデブとかブスといった
規格から大きく外れた外見をしている人が少ないことに、
まず気付くのではないでしょうか」(美人)

「よさこいソーランはつまり、日本の世の中が
グッドセンス化してしまったが故にくすぶっていたバッドセンスを、
一気に放出させる役割を果たしたのでした。
日本にはまだまだヤンキーセンスを隠し持つ人が大量に棲息していたからこそ、
新しいお祭りであるにもかかわらず、
よさこいソーランはここまで急激に広まったのです」(ヤンキー)

「日本古来の城かと思ったら、個人宅。
西洋の城かと思ったら、ラブホ。
教会があったと思ったら、結婚式場。・・・となったら、
ああ、日本人の考えってわからない!と、
あなたの頭の中は混乱してくるかもしれません。
そんな混乱した頭で歩いていたら、おお、目の前にあるのは、
いかにも伝統ある寺院という感じの建物。
「これでこそ日本!こんな時はお寺を見学して、
気持ちを落ち着けなくては」と思ったあなたは、
建物の中に入っていきます。
すると、何だか様子がおかしいのです。(中略)
そう、あなたが寺院かと思って入った建物は、銭湯です」(城)

「だから日本の女性達は、
『私は心身ともに成熟していませんよ』
ということを異性にアピールするため、
カン高い声で舌足らずに話したり、
口をとがらせて首をかしげてみたり、
内股に立ったりと、つまりは幼女の真似をするのです」(カワイイ)

「こうしてみると、やはりテレビというのは日本社会の縮図なのです。
キャメロン・ディアスがCM画面の中をいくら闊歩していようと、
女子アナの扱い方と彼女達の意識を見れば、
やはり日本の人々が心の中では今もちょんまげを切っていないことが、
よくわかることでしょう」(テレビ)

北海道の紹介では、財政が破綻した夕張をとりあげ、『夕張夫妻』という
いかにもまずしそうな夫婦がキャラクター化されているという。
「つまり夕張は今、『あれも駄目、これも駄目。であるならば・・・』と、
自虐の道を歩こうとしているのです」とあり、
きのうのブログにわたしがかいた、
島根の自虐ネタが最初という主張があやしくなってくる。

この本によると、日本は2003年より
「ビジット・ジャパン・キャンペーン」を展開しており、
2010年までに1000万人の外国人を誘致する目標をかかげていたそうだ。
2002年には520万人だった外国からの観光客が、
2008年に835万人とおおきくのびているので、
うまくいくかとおもわれたこのキャンペーンは、
リーマン・ブラザーズなどの世界的な不況によって
ブレーキがかかることになる。
しかし、日本の魅力は、景気とか円高に左右されるのではなく、
もっとうちにひめた恥部にこそあるのでは、
というのが酒井さんの指摘である。

「日本における国際化は、諸外国の皆さんが驚くほど進んでいないと思った方がいいでしょう。
しかし日本における最もおおきな観光資源は、実はその部分なのではないかと、筆者は考えます。(中略)
少し前の日本人は、『ガイジンさんから見られても恥ずかしくないように』と、
何事も頑張ってきました。(中略)
しかし今、私達は『ガイジンさんには、恥ずかしいところを見ていただいた方がいいのではないか』
という気持ちになりつつあります」

ここに気づいた酒井さんはさすがにするどい。
自分の短所は、ほかのひとからみれば長所にうつるように、
これまで「恥ずかしい」とおもっていた日本の後進性が、
いまの時代ではクールジャパンにばけた。

「観光立国を進める日本においてこれから必要となってくるのは、
開かれている部分と閉ざされている部分の、
強いコントラストなのだと思います。
交通機関や宿泊施設などは世界の誰もが使用しやすいように整備しつつも、
最も日本らしいねっとりとした部分は、
無理に風通しを良くして国際化など図らずに、そっと残しておく。
日本観光の未来は、そのコントラストの妙にかかってくるのではないかと思うのです」

日本の将来にむけた、すばらしいまとめといえるだろう。

文章をかくときに、「だれにむけてかくのか」「対象はだれなのか」を
はっきりさせるようにと、よくいわれるけれど、
それらの鉄則を酒井さんはじょうずにスルーするのに成功した。
だれかにむけてかかれたおもしろい文章は、
だれがよんでもおもしろいのだ。
外国人むけにかかれたかたちをとる本書の文体によって、
酒井さんの魅力が絶妙にいかされている。
外国人にもわかるやさしいことばをえらびながら、
そのリズムは独特であり、自由自在にあそびまわる。
上品でありながらビミョーにちからのぬけた文章に感心し、
何枚のフセンをはったことか。
また酒井さんの文体は、お金をかけてあそんできた
ゆたかな体験があってこそいきてくる。
ファッションや芸能界、歌舞伎からメイドカフェまで、
なんでもしっている酒井さんは、
外国人に日本を紹介するときだけでなく、
日本人に日本のクールさをつたえるときにおいても、最高のガイドだ。

posted by カルピス at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井順子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする