2018年05月24日

かとうちあきさんについてのつづき

かとうちあきさんは、寝袋ひとつでなんとかしてしまう。
マットがなければダンボールをしくし、
夏の夜に蚊になやまされても、
「もう刺すなら刺せ!」と達観した自分をたのしむ。
お金がとぼしくても、あるお金でなんとかするし、
すごくさむい夜は、ブルーシートを
寝袋カバーのかわりにしてしのぐ。
終電をのがしても、
宿にとまるのはもったいないから野宿をするし、
そうした「しょうがないから」の野宿でなくても、
ただたのしいから野宿をする。
自由だ。

なにかへの執着やこだわりは、自由からとおざかる。
これさえあったら大丈夫、という道具は、
ちがうみかたをすると、
それがなければどうにもならない状態をうむ。
巡礼の旅の準備として、わたしはいま
どんな靴をはくかをかんがえている。
あるきやすく、雨にもぬれない靴なら完璧だけど、
それにたよりきっていたとき、
なくしたり、とられたりしたら、
かなり気もちがへこむだろう。
はじめからそこそこの靴で手をうっておけば、
それがなくなっても、心理的な影響はすくない。
雨がふっても、あしもとがぬれないのは
とても大切なアドバンテージだけど、
完璧をもとめないで、
多少ぬれてもへっちゃらな気もちをそだてていったほうが、
いろんなアクシデントにも対応できる。
へたにこだわりをもつと、
それにたよった心理状態をうみやすい。

ビールがものすごくおいしい状況は、
ビールがなければとんでもない地獄となる。
ビールがなければスイカでもいいよ、とは
なかなかおもえない。
かとうさんは、ま、いいかと、
きっといえるひとだ。

かとうさんは、この寝袋でないと、とか、
この道具がぜったい必要、とはいわない。
自由なのだ。

posted by カルピス at 19:15 | Comment(0) | かとうちあき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

朝日新聞の「リレーおぴにおん」に かとうちあきさんがとりあげられた

朝日新聞がときどきのせているコラム「リレーおぴにおん」に、
かとうちあきさんがとりあげられた。
タイトルは「予想外を楽しむ心持ち」。
さほどおおくはない文章に、
かとうさんが野宿をはじめたきっかけや、
なぜ野宿をするのかが、わかりやすくまとめられている。
きき手がじょうずにかとうさんの魅力をひきだしており、
すこしおおげさにいえば、珠玉の名文集だ。

8年まえ。
わたしは、かとうさんがはじめてだした
『野宿入門』をよみ、すっかり感心してしまった。
自由について、こんなにわかりやすくかいた本はない。
根がまじめなわたしは、『野宿入門』をよみながら、
あちこちにえんぴつで線をひいた。
どちらかというと、かるい文章なので、
一般的にはそんなよみ方をする本ではないのだろうけど、
わたしには、かとうさんがふかせている自由の風が、
とてもここちよかった。

けさの記事も、かとうさんのこころのもち方が、
とてもよくまとめられている
(寝袋にくるまったかとうさんの写真が 野宿の精にみえる)。

・はじめての野宿は高校1年生の春
・寝袋ひとつ担いで旅する行為の自由さに憧れていた
・(当時は)女子高生ブームの時代で、大人に好きに消費されるだけの
 「女子高生」に抗するようなことをしてみたかったのだと思います。
・高校3年生の夏休みに、53日かけて日本縦断。所持金は約7万円。
 前に進むには、行く先々で見知らぬ人と
 コミュニケーションをしないといけません。
・到着したときにはすごい達成感がありました。
 でも、達成感が目的になると
 「より遠く」「より早く」となっていくだけなので、
 旅の途中を楽しみたいな、と思いました。
・大学では野宿仲間もできました。ただ「学生のうち」
 「就職したらできないよ」と言われるのがイヤで、
 「ずっと楽しい旅をしながら生きていけないかなあ」
 と考えていました。
・受験勉強とか就職活動という、それを乗り越えれば
 若者を人間的に一回り成長させる、
 というような「節目感」が苦手で、
 4年生では半年、野宿の旅をしながら、将来を考えました。
・結局、就職せずに大学でバイトしていた介護の仕事をそのまま続け、
 野宿への愛をミニコミ誌の編集にも注ぎました。
・(野宿では)予想外のことはたくさん起きます。
 すべて楽しむ心持ちでないとやっていけず、
 生きていく上で何でも面白がれるようになりました。
・野宿という旅を通じて、ダメな自分を意識し、
 他人のダメさも受け入れて、愛せるようになった気もしています。
ダメな自分を意識し、他人のダメさも受け入れて、愛せるようになった気もしています。

がすばらしい。
これができないから、みんな生きるのがつらいのだ。
わかくしてこのこころもちにたどりつたかとうさんは、達人である。

posted by カルピス at 21:59 | Comment(0) | かとうちあき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

かとうちあきさんが野宿をはじめたころをかたっている

『野宿野郎』編集長のかとうちあきさんへのインタビューが
ツイッターにながれていた。
https://series.yahoo.co.jp/feature/expedition/3/
野宿したいと思い始めたのは中学生からです。その頃、思春期というか、わりと暗い感じだったので「このままではいけない」みたいな思いがあって。「スタン ド・バイ・ミー」(1986年公開)とか、「イージー・ライダー」(1969年公開)とか。そういう野宿映画を見て「おっ、何だこれは。青春っぽいぞ」と 思ったのが始まりです。

「野宿映画」というジャンルわけがおもしろい。
そこをつっこまれると、
えっ? でもなんか、みんなでたき火を囲みながら寝るじゃないですか。そこで主人公たちがいい話をするみたいな。あれは、外で寝る(野宿する)ことによって、きっと成り立っている映画なんですよ。

たしかに、両方の映画とも、たき火の場面が印象にのこる。
仲間といっしょにすごす みしらぬ土地での夜は、
きっと少年たちの記憶に宝物としてきざまれるだろう。
泊まる所を決めちゃうと、そこまで行かないといけないですからね。それってとっても不自由なことですもんね。

ふつうのひとには旅館やホテルがあたりまえだけど、
かとうさんにとっては快適ではなく不自由なんだ。
(高校3年生のときにやった本州縦断について)
誰でもできます! 私もやって思ったのは、「誰でも時間さえあればできるんだ」ってことで、逆にそれが面白かったなぁ。海を渡るのは自力ではできないけど、日本国内の地続きの場所だったら歩いていけば絶対着くみたいな。その感覚がわかったのが面白かったです。

そのときに長いこと野宿をして、なんかどこかで野宿が生活になった瞬間みたいなのが、すごく面白かったんですよね。

「歩いていけば絶対着く」
「野宿が生活になった瞬間」
すばらしい達観だ。
きのうのブログにバックパッカーの旅をとりあげたけど、
5番めにジャンルわけされるバックパッカーとして
かとうさんの野宿は位置づけられるのでは。
野宿をつづけることで、旅と生活のさかいをなくし、
旅にでなくても、旅びとの自由を獲得している。

posted by カルピス at 21:55 | Comment(0) | かとうちあき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

「夏でも野宿」のかとうちあきさんがすばらしい

かとうちあきさんが、
「夏はやっぱり野宿でしょ!」と、
上高地での一夜を紹介している。
https://www.bushikaku.net/article/36236
あつくてねぐるしいうえに、蚊になやまされる夏が、
「やっぱり野宿」に最適とはおもえないけど、
かとうさんにとったら、ほんとうに
いちねんじゅうが野宿の季節みたいだ。
・1月は正月で酒がのめるぞ・・・
・2月は節分で酒がのめるぞ・・・
と、なんだかんだいって 酒をのむ理由にする歌があったけど、
かとうさんは、いちねんを あの歌のように野宿しているのではないか。

それにしても、台風の影響で雨と風がつよく、
びしょびしょになっても なお
悪夢を見たり、びしょびしょになっても、やっぱり一晩夜を過ごすと楽しいし、ゆっくりできます。

というのだから、かとうさんが野宿にむける愛はどこまでもふかい。
わたしだったら、びしょびしょにならないように、
寝袋カバーを用意するだろうけど、
そうやってなんだかんだと準備するうちに、
どんどん自由がうしなわれていく。
かとうさんは、だれもがとびつきがちな便利さよりも、
なにもかまえない自由な精神がすきなのだろう。
いや、「自由な精神」なんて かまえてしまうのではなく、
かとうさんは、ただめんどくさくてやらない。
めんどくさいと、なにも準備しないででかけ、
その結果、自由な野宿に到達できる。
めんどくささは、あんがい自由な精神と
ふかい関係があるのではないか。

村上春樹の『騎士団長殺し』をよんでいたら、
「ここにあるものは、すべてがみたいなものなのです」
というセリフがでてきた。
大胆な仮説として、『騎士団長殺し』は、
ちまたでいわれている「もっともらしさ」への疑問が
おおきなテーマといえるかもしれない。
「もっともらし」くあるよりも、
しょせんすべては「みたいなもの」なのだ。
かとうさんは、いぜんから「のようなもの」として
すべての「らしいもの」のとりあつかいに慎重だ。
いまやっているお店も、
「お店のようなもの」がただしいお店の名前であり、
お店らしいお店を期待したらいけないよ、
とちゃんとおことわりしている。
野宿伝道師と、かるい肩書をなのっているけど、
かとうさんこそが、ほんものの伝道師であり、
『騎士団長殺し』の第三部には、「のようなもの」を自在にあつかう
かとうさん(のようなひと)がでてくるのでは。

posted by カルピス at 20:26 | Comment(0) | かとうちあき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

かとうちあきさんの「お店のようなもの」

デイリーポータルZに、かとうちあきさんがやってる
「お店のようなもの」がちらっと とりあげられた。
http://portal.nifty.com/kiji/170618199934_1.htm
かとうさんは「お店のようなもの」の名で、
ときどきツイートされており、
いったいこの「お店のようなもの」とはなんのことだろうと、
気にしながら ほったらかしていた。

この、ほったらかすのは、
わたしがよくやる とりあえずの対応策だ。
わからないことがあると、
一生懸命にこたえをさがすのもいいけど、
あまりかんがえつづけると、生きるのがつらくなったりする。
頭のかたすみにそっとおいておき、
ときおりおもいだして、そのつど すこしかんがえる。
そんな適度な距離感が、生きるうえでのコツとして身についた。
たとえば、人生いかにいきるべきか、を
真剣にかんがえるのは大切だけど、
すぐにこたえがみつからないからといって
自分をさげすんだり、ヤケクソになってはならない。
なんねんもかけてこたえをさがすべき問題が
世のなかにはたくさんあり、
いったんわすれたほうが けっきょくは ながくかんがえられる。

記事により、「お店のようなもの」の概要はつかめた。
でも、わかったような気になっているだけかもしれない。
こたえさがしをあせらずに、
すこしずつ「お店のようなもの」の正体をつかみたい。
記事をよむかぎり、「お店のようなもの」は、
その名のとおり、「お店のようなもの」としかいえない空間だ。
窓ガラスに
「お店ようなものは
 お店のようなものです。
 時々あいてなにか売ったり、
 やったりしています。
 いまは石!!
 石を売ってるよ!!」

とかかれた紙がガムテープでとめられている。
営業日は火曜と水曜日ともかいてある。
ながねんの疑問がとけて安心した。
たしかにここは「お店のようなもの」で、
ほかによびようがない。
記事は、「お店のようなもの」の常連客である
タケさんに焦点をあてているけど、
わたしにとっては、お店の概要がわかりありがたかった。
なんて自由な空間だろう。

ひとの影響をうけやすいわたしは、
「お店のようなもの」を自分でもやってみたいとおもった。
いろんなものをごちゃごちゃと店においておけば、
おもしろがるひとが のぞいてくれるだろう。
かき氷くらいならサービスしてもいい。
駄菓子があれば、小学生がきてくれるだろうか。
人生になやむわかものが ひといきつける場所もあったほうがいい。
一生懸命にはやらないけど、よかったらつかってください、
みたいな ゆるい方針で店をひらき、
店主であるわたしがときどき顔をだす。
目的がはっきりした場所はかなわん、というのが
このごろのわたしの問題意識だ。

posted by カルピス at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | かとうちあき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする