2017年04月15日

『本の雑誌 5月号』国語の教科書を作ろう

今月号の特集は、国語の教科書。
「国語の教科書を作ろう!」の座談会がおもしろかった。
国語の教科書のせいで、本がきらいになる生徒がおおいらしく、
それなら自分たちでつくったら、という企画だ。
「前後ぶった切ってここだけ読んだって、面白いわけ」ないので、

・短編で読みきれるものを載せる
・基本的には全編読ませる

という提案がでている。
途中までがおもしろければ、
そのさきは自分でさがしてよめばいいので、
かならずしも全編まるごと とはおもわないけど、
ショートショートや短編だったら、たしかにできる。

わたしの記憶にのこっているのは、
中学の教科書にのっていた
『野生のエルザ』と『一切れのパン』だ。
エルザは、シリーズをとうじ夢中でよんでおり、
自分のすきな本が、教科書にのっているという、
それだけでうれしかった。
『一切れのパン』は、ナチスにとらえられたユダヤ人が、
収容所につれていかれるまえに にげだし、
家までもどるはなしだ。
ある老人から、布きれにつつんだひときれのパンをわたされ、
どうしても我慢できなくなるまで、
このパンに手をつけてはいけない、とおしえられる。
ポケットにいれた そのパンをささえに 男は冷静さをたもちつづけ、
無事に家にもどる。
布にくるんだパンをとりだしてみると、
それはパンではなく、板きれだった。

パソコンで検索すると、わたしの記憶はだいたいあっている。
たくさんの感想がよせられているので、わたしとおなじように、
つよく印象にのこっているひとがおおいのだろう。
ただ、高校の教科書にのっていたとおもっていたけど、
じっさいは中学のときによんだみたいだ。
高校の教科書に、なんの記憶もないのはなぜだろう。
本ずきだったわたしにはものたりなかったのか、
あるいは純文学的すぎたのか。

教科書で生徒が本をすきになるだろうか。
村上龍さんの『69』は、
単純に 本のおもしろさをわかってもらえるとおもう。
斎藤美奈子さんの『妊娠小説』をとりいれたら、
小説だけでなく評論にふれるきっかけになるし、
妊娠をめぐる男たちのテキトーさは、社会科の教材としてもつかえる。
村上春樹さんの初期のエッセイは、
ノーベル賞候補のえらい小説家、みたいな、
あやまったイメージをとりさってくれるはずだ。
教科書は、きびしい検査にとおらなければならないので、
教科書らしくない教科書は、なかなかつくれないのかもしれない。
それにしても、まったくおぼえていないというのは ひどい。
じっさいに高校で国語をおしえている先生のはなしをききたい。

posted by カルピス at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

おすすめ本の情報がほしい

本屋さんにでかけたら、土曜日のせいかお客さんでいっぱいだ。
レジにも行列ができ なかなかとぎれない。
クリスマスむけなのか、プレゼント包装をまつひとがおおい。
本がうれなくなってる、というのが
しんじられない光景だけど、
ほかに本屋さんがないから このお店にお客さんがくるともいえる。
たしかに本屋さんの数はこの数年でいっきにすくなくなった。

杉江由次さんが、web本の雑誌に連載ちゅうの
「帰ってきた炎の営業日誌」に、本がうれない状況をかいている。
 
通勤時の京浜東北線で本や雑誌を広げている人なんてほとんどいない。ホームにいるときからみんな手に持っているのはスマホだ。(中略)
 持ち運べなかったものが持ち運べるようになり、新たなエンターテイメントも現れ、でも時間は24時間しなかく、そして東京でも本は売れなくなった。スマホの中に入るか、スマホの中で購買意欲を煽るか、スマホでは味わえないものを作り出すか、スマホを使わない層に向けて作るか、スマホに飽きるのを待つか。
 毎日電車に乗るとついついひとり会議を開いてしまうが、いくら考えたって本が売れるわけではない。カバンから本を取り出す。この世に本という存在があることをみんなに思い出してもらうために。

わたしはスマホをほとんどつかわないものの、
アマゾンに本を注文するし、ブックオフへもよくでかけている。
本がうれないのは スマホのせいばかりではなく、
いろんな条件がかさなっての現象だろう。
自民党がこの世の春にひたっているように、
アメリカの次期大統領にトランプ氏がえらばれたように、
本がうれないのは、おおくのひとがそれをのぞんだからだ。

本のちからをしんじ、本をとりまく世界がすきで、
本の業界にはいった杉江さんは、
自分たちがいい仕事をすることで
本がうれない状況をかえたいとねがっている。
本の雑誌の年間ベストテンや、
おすすめ文庫王国のベストテンをきめる座談会で、
いちばん迫力のある発言をするのは営業の杉江さんだ。
その本のよさを、ちからづよくかたられると、
読者としては ぜひよんでみたくなる。
わたしがほしいのは、おもしろい本についての
信頼できる情報だ。
本づくりを企画するだけでなく、
すきな本、おすすめ本を杉江さん個人が発表していけば、
参考にしたい読者はおおいのではないか。
本の雑誌社につとめながら、自分の雑誌をつくるのはどうだろう。
40年まえ本の雑誌をたちあげた
目黒さんや椎名さんがそうしてきたように。

posted by カルピス at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

『おすすめ文庫王国 2017』

『おすすめ文庫王国 2017』

総合ベストテンの発表だけでなく、
10部門にわかれての ジャンル別ベストテンが
文庫えらびの参考になる。
紹介されている文庫を、冬やすみまえにもとめて
やすみちゅうによむのが年末年始のたのしみだ。

ベストテンのほかにもよませる特集がいくつもある。
出版社をJリーグならぬBリーグ(文庫本リーグ)にみたて、
出版社べつに いちねんをふりかえる企画が 5年目をむかえた。
チーム(出版社)ごとにつけられている総評をみると、
どこがどんな本をどんな戦略のもとに
うろうとしたのかがわかる。
はじめはBリーグなんて冗談にすぎないとおもっていたけど、
こまかくよんでいくと、シーズン前半は好調だったのに、
終盤にはちからつきてガタガタになるなど、
出版社とサッカークラブは、かなりにかよった体質の組織だ。
というよりも、サッカーのシンプルなおもしろさが、
人間のいとなみのおおくでアナロジーをなりたたせるのだろう。

もうひとつわたしがすきな企画は、
都内大型2書店の文庫担当者が、
店の文庫うりあげベスト100をあげて
その年のうごきをふりかえるページだ。
うり場の工夫やしかけでずいぶんうりあげがちがうらしい。
書店員の熱意に世相がからまって、
そのとしのうりあげに反映される。
◯一ヶ月に一回書店に来る人ってなかなかいないですからね。
△僕らの当たり前が当たり前じゃありません。
◯本当の本好きじゃないとそうは書店に来ない。(中略)
△そこをどう掘り起こしていくかってところが書店員の腕の見せどころなんだけど(中略)

◯この新刊置くんだったら、売れる既刊本をいい場所に置いた方が絶対売れるだろうっていうのが・・・。
△ありますよね。
◯だからやっぱり新刊を絞ってほしいんです。
△ただ点数を揃えただけっていう版元の方がまだ多いですよね。

△一番安易にやっちゃうのは、売れている本を棚差しにしちゃう。(中略)
◯それやられると一番頭に来ます。部数少ないから棚差ししましたとか。(中略)
△そうすると売れない本がぶあーっと並んだ絶望的な平台が出来上がる。

あたらしくでた本を ただならべたらいいわけではないらしい。
本屋さんをぶらつくたのしさは、
こうした書店員さんの熱意にささえられている。

posted by カルピス at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

『本の雑誌 1月号』と『おすすめ文庫王国 2017』にうれしくなる

近所の本屋さんにいくと、
『本の雑誌 1月号』と『おすすめ文庫王国 2017』がおいてあった。
うれしくなって その両方と、
なんとなく『コンビニ人間』(村田沙耶香)、
それに『ぼくは原始人になった』をレジにもっていく。
『コンビニ人間』は、芥川賞をとったために
なにかと話題になっており、いつもならまずかわない本だ。
それに、わたしは「非コンビニ人間」がかけるぐらい
ほとんどコンビニへいかない。
発作的なかいものをしたくなるぐらい
『本の雑誌 1月号』と『おすすめ文庫王国』がならぶこの時期は
わたしのたのしみとなっている。

『本の雑誌 1月号』では、ことしのベスト10が発表されている。
いつもながら 厳正な審査というよりも、
職場のちから関係と、なりゆきによってきまる座談会で、
参考までに、という程度のベスト10でしかない。
ジャンル別のベスト10は、それぞれ担当者がえらんでいるため、
こちらのほうがわたしには意味のある情報となる。
わたしがよんでいる本でえらばれたのは、
ミステリー部門の『傷だらけのカミーユ』
(ピエール=ルメートル)だけだった。
『ミレニアム』3部作の2作目をよみだしたものの、
残念ながら1作目にくらべ おもしろさにとぼしい。
とちゅうでなげだして この『傷だらけのカミーユ』へうつった。
こちらはヴェルーヴェン警部シリーズの3作目にあたる。
ヴェルーヴェン警部や部下のルイへのしたしみがまし、
3作目らしい味わいで 常連客をよろこばせてくれる。
会話だけをとっても、ひとこと ひとことに意味がこめられ、
いわれた方は そのニュアンスを適切にかぎわける。
シリーズものならではたのしみを、再確認できる本だ。

『ぼくは原始人になった』は、
「20年にわたり原始的な狩猟採集生活をおく」るひとの記録らしい。
まったく存在をしらなかった本だけど、
アフリカから世界各地へちらばった先祖たちや、
縄文時代のくらしに関心があるので期待したい。
税こみ1944円もしたので、はずれ本でないことをいのる。

うれしくなったついでに、
本屋さんのつづきにある文具店で
2Bのえんぴつとジェットストリームを2本ずつ、
それにロディアを2つもとめる。
こまごまとしたかいものをかたづけるのも、
いかにも師走らしくていいかんじだ。

posted by カルピス at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

がっかりしたくないから月見そばかシーフードドリアにきめている佐藤さんはおとななのか

『本の雑誌』の連載に「そばですよ」というのがあり、
特色のあるたちくいそば屋さんが
毎月紹介されている。
『本の雑誌』なのに、本のことはいっさいかかれていない。
どんな経緯でこの連載がはじまったのかが
1回目で説明してあるだろうと
ひっぱりだしてみたけど、とくになにもかいてない。
あたりまえのようにたちくいそばのはなしでスタートし、
11月号で連載18回目をかぞえている。
そばのはなしも、それはそれでおもしろいのだけど、
かわった連載なのはまちがいなく、 なんとなく気になる。
スポーツ誌にたちくいそば屋さんがのるよりも、
「本」のほうが なんとなく距離がちかいような気もするから、
『本の雑誌』にのる記事としては そばもありなのかもしれない。

11月号には
「立ち食いそば屋では月見そば、ファミレスではシーフードドリア」
という佐藤恵さんの方針が紹介されている。
この佐藤恵さんがなぜ登場するかの説明はなく、
いきなり「佐藤恵さん」で記事がはじまるのが、
いかにもこの連載らしい。
よむひとが、どこまでついてくるかは関係なく、
ただ著者である平松洋子さんが
かきたいことを そのままかいているようにみえる。

佐藤さんは、がっかりしたくないから
月見そばとシーフードドリアにきめているのだそうだ。
月見だったら玉子を割るだけでしょ、誰がつくっても同じです。シーフードドリアも、おいしくもまずくもないという意味で、がっかりしないところがありがたい。

すきだからおなじ品を注文するのではなく、
がっかりしたくないから、というとらえ方におどろいた。
いかにも「おとな」をかんじさせる発言だ。
わたしだったら いろんな商品をためしてみたくなるだろうに、
佐藤さんは「お昼ごはんに意識を向ける余裕も時間もない」と
わりきっている。
10日とか1ヶ月ではなく、
延々と毎日つづくひるごはんだから、
がっかりしなければそれでいい、
という意識になるのだろうか。
これまでに どれだけ「がっかり」したかの
うらがえしともいえる。

日本のたべもの屋さんはどこもおいしいと
旅行者からもてはやされたり、
日本のパンは世界いち、なんて本までみかける。
コーヒーのレベルもたかい水準にあるそうだし、
パスタやおかしにしても、
日本にはおいしい店がおおいという。
そんな日本で、しかも東京で仕事をしていながら、
「がっかりしたくない」という理由で
月見そばかシーフードドリアにきめているなんて
なんだかもったいない。
好奇心のとぼしい かわいた精神で生活するのは
あまりたのしくなさそうだ。

記事のおわりのほうで、
「大のビール党で、ビールさえ飲んでいれば幸福」
という佐藤さんのべつな顔が紹介されている。
「がっかり」したくないは、
ひるごはんにかぎった態度みたいだ。
おとなの女性は、佐藤さんみたいなやり方で、
こころのバランスをたもっているのであり、
いつまでもなにかに期待しつづけるわたしは、
成熟がたりないのかもしれない。

posted by カルピス at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする