2018年07月06日

夏休みの楽しみは、「夏休み待ち」にあると、ののちゃんにおしえられる

朝日新聞に連載中の「ののちゃん」(いしいひさいち)が、
イベントをまつ時間のすごし方についておしえてくれる。
きょうのはなしは、いろいろ応用がききそうだ。

ののちゃんが
「ナツヤッスミッ ナツヤッスミッ」とうかれている。
松子さんが、
「なにをうかれてるねん。夏休みまで2週間もある」
とたしなめると、
ののちゃんは「そこなのよ」と、
なぜうかれているかの説明をする。
「『夏休み』の楽しみは『夏休み待ち』」だという。
「あと2週間もある。ナツヤスミッ マチッ」と
ののちゃんは夏休みまでのまち時間がたのしそうだ。
あと2週間もあって残念、ではなく、
2週間もたのしめるからラッキー、というとらえ方を、
これまでわたしはしらなかった。

秋が季節のなかでいちばんすきで、
秋をまちのぞむわたしは、
そのまえにたちはだかる夏をにが手としている。
ののちゃんにならえば、
あと3ヶ月も秋まちの期間がある。
夏のあつさにくるしむいまこそ、
いちねんでいちばんいい時期なのだと
最悪から最高へと評価がいれかわる。

ただ、ののちゃんは、3ヶ月まえから
「夏休み待ち」にうかれていたのではない。
夏やすみがあと2週間後にせまったいまだから、
こころから夏やすみまでの時間をたのしめる。
どれくらいまえから「◯◯待ち」がスタートするのかは、
そのイベントがどれだけかがやいているかによる。
たとえば家族で外食にでかけるからといって、
2週間もまえからうかれるのは無理があるだろう。
ののちゃんにとっての夏やすみは、
2週間まえからうかれはじめるのがちょうどいい スペシャルな時期だ。

むかしから、たとえば旅行のたのしさは、
旅行自体よりも計画するとき、
みたいなことがいわれていた。
ただそれは、旅行の計画をたてたり、
ホテルの予約をいれたりするたのしさのことで、
旅行に関するじっさいの準備ともいえる。
ののちゃんは、そうではない。
なにもないのに、夏やすみがもうすぐはじまる事実が、
ただそれだけで ののちゃんをうかれさせる。
夏やすみ自体がすばらしいイベントなのはもちろんだけど、
そのまえの期間だって、無為にすごすのはもったいない。
ののちゃんのように、2週間まえからうかれれば、
すでに夏やすみを満喫しているようなものだ。
「夏休み待ち」にうかれても、
じっさいの夏やすみがぼやけるわけではないし、
余分な費用がかかるわけでもない。
適切な時期で「待ち」のたのしみをスタートさせるのは、
人生をじゅうじつさせるうえで、大切なテクニックかもしれない。

posted by カルピス at 22:08 | Comment(0) | いしいひさいち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

ひさしぶりに朝はしってみた

きのうは朝6時からジョギングに。
数年ぶりに朝はしった。
天気予報で、午後から雨、とあったためで、
とはいえほかにもいくつか条件がかさなって、
なんとなく朝はしる気になった。

いまは、朝はしりやすい時期だ。
さむくなく、あつくなく、
5時にはもうあかるくなっている。
朝のしずけさのなかはしっていると、
こころがととのえられていくようだ。
もっとも、朝はエネルギーがきれているせいか、
いつもとおなじ距離をはしったのに、タイムはわるかった。
さいごのほうは足がまえにでず、かなりバテていた。

朝はしると、そのあとのいちにちがすごくながい。
日課であるトレーニングをすでにおえているので、
夕方をまるごとつかえるし、気もちが楽だ。
なんとなく気もちがまえむきで、
仕事にでかけるまえにブログをアップする。
いいことばかりなので、これからも朝のランニングをつづけたいけど、
まだたったいちどはしっただけなので、えらそうなことはかけない。

「ののちゃん」(朝日新聞)をよんでいたら、
上にかいてある数字が7391とあるのに気づく。
なんのことかとおもったけど、
もちろんこれは連載回数をあらわしている。

もう20年もつづいているんだ。
10年をめざしてブログをかいてるわたしなんて、
ぜんぜんあしもとにもおよばない。
朝のジョギングいちにちのわたしはなにもいえない。
ウィキペディアをみると
(とてもわかりやすく整理されている)、
「となりのやまだ君」として1991.10.10にスタートし、
1997年4月1日から「ののちゃん」と題名をかえている。
連続連載回数をのばすためには、タイトルをかえなければ
なんのさしさわりもなかっただろうに、
あえて、みれんなく、「ののちゃん」とかえたところに
いしいひさいちさんの欲のなさをかんじる。
とちゅう3ヶ月の休載があるものの、
もし「となりのやまだ君」時代とあわせるなら、
連載回数は9000回をこえ、もうすぐ1万回をむかえるところだ。
1万回といえば30年で、30年の連載なんてすごい。

あたりまえだけど、いま7391回の「ののちゃん」も、
連載回数1からスタートしている。
わたしの朝ランだって、これから数字をのばしていけばいい。

posted by カルピス at 07:57 | Comment(0) | いしいひさいち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

ののちゃんの「本能寺の変のなぞ」がわからない

6月21日の「ののちゃん」では、
ののちゃんの同級生であるキクチくんが
学級新聞に「本能寺の変のなぞ」を発表している。
これがまた ものすごく文字がおおく、
マンガなのか挿絵つきのコラムなのか
わからないほどだ。
とうぜん文字もちいさく、
わたしは老眼鏡をかけたうえに
虫めがねまでひっぱりだした。
4コママンガでありながら、
絵より文字のスペースが圧倒している。

本能寺の変で信長をたおした明智光秀は、
信長をたいした人物としてとらえていなかったらしい。
『当時の光秀にしてみりゃ暫定天下人三好長慶の後ガマを
ついやっちまった程度』説を根拠に、
「加害者の動機を特定したいなら
まず被害者の身元をよく調べてみろよ」が
この日の「ののちゃん」の骨子だ。

せんじつはアナグラムで
イチロー選手の新記録をたたえたように、
このセリフのどこかに、いしいひさいちさんは
メッセージをかくしているとみたほうがいい。
犯人が 証拠をあまりにものこしすぎると、
探偵はたいてい苦労する。
それとおなじで、これだけ文字がおおいと
どこに本音がかくれているのかわからない。

もしかすると放送ちゅうの『真田丸』と
なにか関係があるかもしれないけど、
歴史にくらいわたしには なんともいいようがない。
イギリスのEU離脱を 批判しているようにもとれるし、
舛添前都知事を皮肉ってる気もする。
アベノミクスの失敗とみたほうがいいのか、
あるいは めちゃくちゃな参院選のゆくえを
暗示しているのかもしれない。
4コママンガとしては、ありえないほどこまかい文字と、
さほど重要でさなそうな ながったらしい演説で
読者のよむ気をうばっておいて、
3年3組のキクチヒサヒコくんはなにをいいたかったのか。

posted by カルピス at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | いしいひさいち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

「ののちゃん」アナグラムによるイチロー選手のヒット数

朝日新聞に連載されている「ののちゃん」をたのしみにしている。
だけど、6月17日の「ののちゃん」は わらえなかった。
内容がよくなくて わらえない、というのではない。
意味がまったくわからなかったのだ。
「ののちゃん」をよんでも、よくわからずに
わらえないことが ときどきある。
マンガのオチがわからないのは ずいぶんさみしいもので、
朝からおちつかない気分になってしまう。
今回の「ののちゃん」には、なにがかくされているのだろう。

シチュエーションは こうだ。
ATMのまえで、
おじいさんがおばあさんに
暗証番号をたずねている。
おばあさんは4桁の数字(2754)をもろにつたえる。
のけぞるまわりのお客さん。
ののちゃんも、「やばいよね」と
おかあさんにはなしかけている。
4コマめは、おばあさんがおじいさんに
「アナグラムですよ」と
おおごえで念をおしており、
おじいさんは「わかっとるわい!」と、
さきほどきいた4つの数字をいれかえて
機械にうちこんでいる(5274)。

アナグラムがわからない。
アナグラムって、なんだ。
ウィキペディアによると、
単語または文の中の文字をいくつか入れ替えることによって全く別の意味にさせる遊び
とある。
なぜいしいひさいちさんは、
アナグラムをもちだしたのか。

いくらかんがえてもわからないので しばらくほっておいた。
ぜんぜんべつの記事をよんでいたとき、
はじめにおばあさんがおじいさんにつたえた
「2754」をいれかえたら、
イチロー選手がせんじつ達成した日米通算安打数、
4257になると気づいた。

すごい。いしいひさいちさんは、
ひとこともイチロー選手の名前をださずに
ピート=ローズ選手をうわまわったと おいわいしたのだ。
でも、もうひとつすっきりしない。
アナグラムによるヒット数には気づいたけど、
そのさきの意味がわからない。
なぜアナグラムというかたちを いしいさんはえらんだのか。
「ののちゃん」のなかでくちにされた「2754」と「5274」にも、
ほんとうは なにか意味があるような気がする。
イチロー選手が日本でうったヒット数は1278本。
これらの数字をたしたり ひいたりしたら、
もしかしたら だれも注意をはらわなかった
イチロー選手の偉業が姿をあらわすかもしれない。

posted by カルピス at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | いしいひさいち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

山田家のメンバーがでていない「ののちゃん」が気になる

2月4日の「ののちゃん」には、
山田家のメンバーがひとりもでてこなかった。
キクチくんが図書室へいき、本をかりるはなしで、
司書の猫久保さんとキクチくん ふたりだけの会話でなりたっている。
キクチくんがよみたい本を、猫久保さんはばっさりきりすてるので、
キクチはしかたなくそっちをかりる。
まえの日は山田家(ののちゃん・お母さん・おばあさん)がでたし、
つぎの日には、その3人にお父さんがくわわっている。
山田家のいない きわめて異例な「ののちゃん」は
なぜかかれなければならなかったのか。

山田家がでない「ののちゃん」といえば、
ファドをうたう、吉川ロカちゃんをおもいだす。
ロカちゃんがでる回は、ほとんど山田家ぬきだったような気がする。
ロカちゃんはキクチ食堂でバイトするストリート・ミュージシャンで、
ファド歌手としてのデビューをめざしている。
http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-fb23.html
ロカちゃんが登場する回に、
むりに山田家のメンバーが顔をだせば、
ロカちゃんのはなし全体がくずれてしまう。
ロカちゃんにおもいいれがある いしいひさいち氏は、
「おち」をすててさえ ロカちゃんのものがたりを大切にした。

図書室のはなしは、キクチくんでなくて
ののちゃんでもよかったはずだ。
あえて山田家をはずしたのは どんな意味があるのだろう。
なんどよみかえしても、いしいひさいち氏の意図がよめない。
キクチくんと猫久保さんは、
おなじみのメンバーではありながら
このふたりだけのからみは記憶にない。
冒頭で、「きわめて異例」とかいたけれど、
山田家がでてこない「ののちゃん」はときどきある。
こんかいの図書館でのやりとりが
そのなかでもめずらしかったのは、
キクチくんと猫久保さん ふたりだけしか登場しないからだ。
ずっとまえからメインキャラクターだったみたいに。

いしいひさいち氏は、ときどきおもいがけない石をおく。
こんかいの図書室でのやりとりは、
これからの「ののちゃん」をちがう場所にみちびいてゆく
布石としてうたれたとみるのは うがちすぎだろうか。
第6591回目の「ののちゃん」をよくおぼえておこう。
おおきな変化の ささやかなはじまりかもしれない。

posted by カルピス at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | いしいひさいち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする