2018年02月02日

『31年目の夫婦げんか』にみる ベーコンエッグのつくり方

『31年目の夫婦げんか』をみていたら、
メリル=ストリープがトミー=リー=ジョーンズに
朝ごはんのベーコンエッグをつくっていた。
ベーコンのある場所から、すこしずらしてタマゴをわる。
毎朝そうやって ベーコンエッグをおなじようにつくる。
わたしは、ベーコンのうえにタマゴをおとすので、
だれもがそうやってつくっているのだとおもっていた。
トミー=リー=ジョーンズは、だされたベーコンエッグに、
やたらと塩だかコショーだかをふりかけ、
スプーンですくってたべていた。
新聞をよみながらの食事だったので、
スプーンのほうがあつかいやすいのかもしれない。
ほかのひとが どんな手順でベーコンエッグをつくり、
たべるかをみられ、わたしにとって興味ぶかい場面だった。

ひとのやり方をみるのは いつもたのしい。
『クレイマー、クレイマー』でおもいだされるのは、
親子でつくるフレンチトーストだし、
『ワーキング・ガール』でも、印象にのこるのは、
せまい台所で、ふたりがからだをいれかえながら、
朝ごはんのトーストに おおいそぎでかじりついている場面だ。
わたしがたべものに興味があるからかもしれないけど、
ひとがどんなふうに生活しているかが、
じっさいに目にするとたのしい。
村上春樹さんの小説も、なにをどうやってつくり、
どのようにたべたかが いつもくわしくかかれている。
そうした具体的な場面をよむのがわたしはすきだ。

食事や寝室でのおしゃべりは、
映画がいろいろおしえてくれる。
映画にでてくるのは、
かならずしも高級フランス料理店だけではない。
安食堂では安食堂でのふるまい方がある。
ベッドでのうごきは、個人的ないとなみなので、
なかなかほかのひとのやり方を観察する機会はない。
みたところで、参考にならない気がするけど、
きっとあちこちでしいれた 断片的な情報に影響をうけて、
しらずしらずのうちに パターン化されたひとまねをしているのだろう。

ネットをみると、ベーコンの肉汁でタマゴをやくから、
映画でやっていたようなつくり方になるみたいだ。
日本のスーパーでかう、うすいスライスベーコンだと、
ベーコンとタマゴをはなす意味がわからない。
かたまりのベーコンをつかうからこそ
肉汁がしみでてくるのであり、
肉汁あってのベーコンエッグなのだった。

posted by カルピス at 21:27 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

ゆうパラにゲストできていたキリショーさんがすてきだった

きのうのゆうパラは、津野米咲さん担当の日で、
ゴールデンボンバーのキリショーさんがゲストにきていた。
といっても、わたしにはだれだかわからない。
わからないけど、すごくいいかんじのはなしかただ。
視聴者からのメールに、
「有名になっても腰がひくく、貧乏くさいキリショーさん」
とあった。
声だけから想像するキリショーさんは、
いかにもそんなかんじのひとだ。
ずっとまえからバンドをやってるのに、なかなか芽がでない。
すきとはいえ、バンドをつづけるのはなかなかたいへんだなーと、
ボロアパートのきたない部屋で
万年床にねころがっている30歳ぐらいのさえないオニーサン。
髪はボサボサで、きつい度のメガネをかけ、
ホオがこけ、無精ひげでシケモクをくわえ、歯が2.3本ぬけている。
きたないタオルを首にかけているかもしれない。
もちろん女性にはまったくもてない。
男にしか、このオニーサンの魅力はわからない。

でも、ネットでゴールデンボンバー、
そしてキリショーさんをみると、
予想していたのと、ぜんぜんちがうひとだった。
さいしょにキリショーさんの写真をみていたら、
チャラそうなわかい男がにが手なので、
わたしはぜったいかかわろうとしなかったろう。
実物のキリショーさんは、すごくかっこいい男性だ。
ラジオではなすキリショーさんは、ひたすら正直に、
正確にはなそうと ことばをえらんでおり、好感がもてる。

キリショーさんは、髭ダンディズムの
「コーヒーとシロップ」をリクエストした。
髭ダンは、とてもいいグループなので、
このまま素直につづけてほしいとはなす。
自分のことより、これから芽をだしていくであろう
わか手のことが気になる、ひたすら気のいいオニーサンだ。
自分が影響をうけた一曲では、クラシックをあげていた。
なかでもバッハのフーガ。
意外な一面だけど、そういわれれば
フーガは ほかの音楽に影響をあたえていそうだ。

ユーチューブで「女々しくて」をきいてみるけど、
わたしにはよさがわからない。
4年連続この曲で紅白にでていたなんてしらなかった。
でも、髭ダンディズムの「コーヒーとシロップ」は
たしかにいい曲だし、髭ダンを、
ストレートにほめるキリショーさんはすきだ。
音楽にくらいわたしは、
ゆうパラにゲストでよばれるミュージシャンの
ほとんどがはじめてしるひととなる。
ピンとこないときもあるけど、キリショーさんはすてきだった。

posted by カルピス at 21:59 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

車イス対応の巨大な鬼がうれしかった

職場の生活介護担当のグループが、
節分にむけて鬼をつくっていた。
鬼のお面をつくるのが、年中行事のようになっており、
まいとし、工夫をこらして
おおきく、こわそうな鬼ができあがっている。
でも、ことしの鬼は、車イスがすっぽりはいる大作だ。
ダンボールでつくられており、
このまま車イスにかぶせられるおおきさとなっている。
ほんそご鬼.jpg
電動車いすをつかっているひとが、
節分の日に主役となれるよう、
職員たちがかんがえたという。
にげる側だった車イスにのっている利用者を、
発想を転換させ、鬼の役をまかせるというのは、
すばらしいアイデアだとおもった。
鬼の箱をかぶってしまうと、
自分がどんな「鬼」なのかはみえないけど、
まわりの反応から、どれだけすごい鬼なのかわかるはずだ。

できればエアガンの機関銃も発射できたら、
とおもったけど、
そうした武器で「おにわそと」の豆に抵抗するのは
反則かもしれない。
ただでさえ、
「なぜ桃太郎はなにもしていない鬼をいじめるのか」など、
根源的な疑問がなげかけられるご時世であり、
桃太郎は侵略者として人気がなくなっているときく。
節分にやってくる鬼だって、なにもわるさをしていないのに、
一方的に豆をなげつけられるソンな役わりだ。
でも、やられたらやりかえす、では
平和的な世界征服につながらない。
ほんとうの悪役にならないためにも、
豆をぶつけられたからといって、
へんにエアガンなどで
へたに反撃しないほうがいいかもしれない。

わたしは年中行事にかかわる創作活動がにが手で、
まいとしおなじようなものをつくってはこわすのに
むなしさをかんじていた。
でも、こんかいのような車イス対応の鬼だったら、
だれもが鬼になっておどかす側にたてるとおもえば、
たのしんで鬼をつくれる。
あそびゴコロを満足させる巨大な鬼の出現に感心した。

posted by カルピス at 21:41 | Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

『鳩の撃退法』にでていた女子大生が気になる

これまでなんどかかいてきたように、
佐藤正午の『鳩の撃退法』(小学館)はすぐれた小説であり、
いろんなよみ方ができる。
わたしは、津田伸一が居候としてころがりこんでいた、
軽自動車ラパンにのる女子大生(網谷千沙)がとても気になる。
彼女はしっかりした性格で、
先生になろうと教育実習のために、
実家のある町にもどっていた。
津田伸一は、彼女の世話になりながら、
この手紙にあるとおり、
なにもいわずに彼女のまえから姿をけしている。
ただ、そうはいっても、心ならずも、現実に私たちはガストで出会い、そしてまがりなりにも一年間、同居生活を送りました。一年のうち下半期は、内実はほとんど形骸化していたとしても、私たちは単なるルームメイトの域を超越したカップルとして、居候以上内縁未満とあなたはいつか言いましたよね?ともに長い日々を過ごしました。上半期には、いわば喜びも悲しみも分かち合った、そのあなたが、突然、置き手紙も残さずに姿を消してしまうのは心底情けないし、そのせいで一方的に、私だけ罪悪感に悩まされているのは納得いきません。耐え難い仕打ち、とはこういうものでしょうか。遠くへ去ったひとには去ったひとの考えがあるかもしれません。けれど、残された者には残された者なりの、心の決着のつけ方があります。『鳩の撃退法』(下)

彼女が津田伸一あてにかいた手紙をよむと、
まるでわたしの配偶者がかいたような気がしてくる。

「内実はほとんど形骸化していたとしても」
「喜びも悲しみも分かち合った」ときもあった。

わたしだけでなく、だめな夫のおおくは、
妻におなじような さみしいおもいをさせているのではないか。

津田伸一は、女子大生の居候になるまえは、
ものすごく早寝早おきの
銀行員の女性のもとへころがりこんでいた。
こちらの女性については、
小説のなかであまりふれられておらず、
読者としては したしみをもちにくい。
いっぽう、網谷千沙が津田伸一にだした手紙をよむと、
みかけのそっけなさにかくされた、
女性らしいこまやかな配慮やつよい精神がかいまみえ、
さいごのさいごまで、精一杯まともな人間であろうとしながら
でもかなわなかった 彼女のむなしさに胸をうたれる。

わたしが津田伸一の立場だったら、
もっと彼女をいたわり、やさしいことばをかけたにちがいない。
そして そのあげく、けっきょくは、
「内実はほとんど形骸化していたとしても」
「喜びも悲しみも分かち合った」
と、とおい日をおもいおこさせ、
すれちがいばかりとなったふたりの関係で、
彼女をかなしませるだろう。

津田伸一だけにかぎらない、
男のいいかげんさ、ダメさが身につまされる、
『鳩の撃退法』はそんな小説だ。

posted by カルピス at 21:28 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

水上飛行機による事故を、なぜそんなにくわしく報道したのか

宍道湖の上空を、ちいさな水上飛行機がとんでいるのを
ときどきみかける。
水上飛行機と飛行艇は、ビミョーにちがうようで、
「紅の豚」のポルコがのっていたのは飛行艇のほうだ。
飛行艇が、飛行機の胴体を水にうかべた状態でとぶのにひきかえ、
スキーのような浮船のうえにのっているのが水上飛行機らしい。
いずれにしても、水にうかびながら飛行機をとばすなんて
自由の象徴みたいにたのしいあそびだ。
わたしも、そんなふうに宍道湖の上をとんでみたい
(高所恐怖症なので、じっさいにはむりだけど)。

その水上飛行機が、きょねんの4月に宍道湖で事故をおこしており、
先日の朝日新聞島根版にくわしい報告書がのせられていた。
なお、事故によるけが人はでていない。
(報告書は)機長が離水に必要な距離を十分認識せずに滑走を始めたため、浮揚する前に大きな波に衝突した可能性が高いと結論づけている。

このあとも、これでもかと、
事故の詳細がのべられている。
もちろん事故はないほうがいいし、
事故によって迷惑をうけたひとがいるかもしれない。
それにしても 記事は、ものすごくくわしく報告書を引用しており、
直接の非難はしていないものの、
記事全体から、未熟な操作によるひとさわがせな事故、
というニュアンスをつよくかんじる。
普通なら、さらっと紹介すればすむところを、
調査報告書からのながすぎる引用に違和感をもつ。

みだし以外の本文に、
12文字×22行×2段ぐみのスペースをつかい、
異例ともいえる特別なあつかいでくわしくほうじている。
たとえば、自動車事故がおき、
ケガをしたひとがだれもいない場合、
これだけくわしい記事をのせたりしないだろう。
国土交通省による報告書をこれだけくわしくのせるのなら、
じっさいに事故にあった当事者へも取材するべきではないのか。
お役所の発表のみをのせるのは一方的であり、
水上飛行機なんかでチャラチャラあそんでるから、
こんなひとさわがせな事故をおこすんだ、
みたいなひがみにおもえる。

posted by カルピス at 22:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

ヨシダプロ氏による「むりやりシリーズ」は、残念ながらももちゃんが主役ではなかった

デイリーポータルZに、ヨシダプロ氏の
「むりやりシリーズ」がひさしぶりに登場した。
前作からずいぶんあいだがあいたので、
はやく「むりやり」の「ももちゃんシリーズ」を
とりあげたくて うずうずしていた。
ちょっとここで このシリーズのよび方を整理しておくと、
これまで「ももちゃんシリーズ」とかいてきたけど、
ただしくは「むりやりシリーズ」のような気がしてきたし、
さらにいえば「むりやりももちゃんシリーズ」のほうが、
記事の性格をよくあらわしているかもしれない。
今回はとくに ももちゃんが主役とはいえないので、
「むりやりシリーズ」とした。

ヨシダプロ氏がこころみたのは「西郷丼」だ。
http://portal.nifty.com/kiji/180126201875_1.htm
いま注目をあつめている「西郷どん」を、
丼で具現化したらどうなるか。
でも、残念ながら、
今回はももちゃんににせた「むりやり」ではない。
それならわたしが 無理して紹介しなくても
よさそうなものだけど、
記事の雰囲気としては、そして分類としては、
あきらかに「ももちゃんシリーズ」でまちがいない。
つぎの作品までのつなぎとして、あえてとりあげた。

わたしが敬愛するしんざきさんは、
・「私が書きたくなったことだけを書く」
あるいは、
・「書かなきゃいけないから書いた」
 という記事は一本たりともない
http://mubou.seesaa.net/category/119140-1.html
ともいっておられる。
それにひきかえ、
ももちゃんが主役ではない「むりやりシリーズ」を、
それこそむりやりとりあげるのは
かなり問題があるのでは。
でもまあいい。
西郷丼の材料につかうきなこを、
ももちゃんがものすごく気にしていてかわいかったので。
ひとにはいろいろな動機がある。

こまかい作業の結果、
どんな西郷丼ができあがったのか。
ヨシダプロ氏は
「かなりの西郷丼が具現化できたのであった!」
とかなりあまい点をつけているけど、
わたしはそこまでの出来とはおもわない。
もうすこしがんばって、
ももちゃんに必然性をもたせた
西郷丼にしてほしかったというのが率直な感想だ。

posted by カルピス at 21:42 | Comment(0) | デイリーポータルZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

ランスマにでてきた92歳のランナーにおどろく

きょうのランスマでは、
900万人といわれる市民ランナーが、
それぞれもっている「はしる理由」をとりあげていた。
達成感とか、がんばるお母さんでありたいとか、
それこそひとによって理由はさまざまだ。
そのなかのひとりとして、
92歳の市民ランナー、上野山さんが紹介された。

92歳でフルマラソンに挑戦する上野山さんは、
はしる理由がどうこうよりも、
92歳ではしれるからだであることに、
それだけでおどろかされる。
92歳にはまったくみえない。
動作はキビキビしているし、
はなし方だって老人らしいところがない。
うごきをみれば、げんきな70代としかおもえない。
のんびりとか、だらりとしたすごし方よりも、
つねになにかをめざしているタイプの方だ。
おおげさにいうのではなく、
わたしよりずっと若々しい身のこなしだ。

天気の日には、1日20キロをはしるのが日課なのだという。
1時におきてすぐ体操。
2時からはしりはじめ、
1キロ9分のペースで3時間かけ20キロをはしる。
4時に朝ごはん。
そのあとテレビや新聞に目をとおし、
ひとりで管理しているミカン畑で仕事をする。
夕方4時には夕ごはんをたべ、
8時にはねむりにつくというのが
上野山さんのいちにちのリズムだ。

神戸マラソンでの挑戦は、
残念ながら制限時間内にチェックポイントをくぐれず、
20.3キロでのリタイアとなった。
「きたえなおさんといかんな」と上野山さんはつぶやき、
じっさいに、つぎの日からトレーニングをはじめられている。
このごろは、がんばるより自分をやすめることに
注目されているけれど、
きっと上野山さんは、目標にむかって
ずっとがんばりつづけるひとなのだろう。
うごけなかったらなにもできないので、
自分のからだは自分でまもる、ともいわれている。
上野山さんのようにはしりつづけるためには、
よほどからだをきたえ、メンテナンスに気をくばる必要がある。
ひととくらべることに意味はないけれど、
こんな92歳がいるのは刺激となった。
92歳まで 生きるだけでもたいへんそうなのに、
そのうえフルマラソンがはしれるとは、
まったく、すごいとしかいいようがない。

わたしがこのまま92歳になったとしたら、
目はかすみ、耳はとおく、はしろうとすれば足はもつれ、
頭はずっともやがかかったようにクリアーではなく、
腰はまがり、なにかをはなしてもモゴモゴしか口がまわらず、
しばしば目まいがして、記憶はふたしかで、
ちょっと頭をさげただけでもからだがふらつき、
いつ死んでもおかしくない状態だとおもう。
上野山さんのうごきと まえむきな姿勢におどろかされた。

posted by カルピス at 20:26 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

男子高校生が、なぜわたしに朝のあいさつをしてくれるのか

朝日新聞に連載されている伊藤理佐さんの
「オトナになった女子たちへ」。
こんかいは、東京に雪がふった朝について。
めったにふらない雪でしろくなった朝、
近所のけしきがいつもとはかわってくる。
いつもだと、たとえみかけても、
どこの家の子だろうと謎だった中高生が
家族といっしょにでてくれば すぐにわかる。
雪かきをしてくれてるおじさんが
「昔、自衛隊にいてこんなことしょちゅうやってたんだけど」
と、ひとりごとみたいに おしえてくれたり、
トラックを誘導するおじさんが、
英語で鼻歌をうたっていたり。
「もしかしていい朝だったかも」
と、伊藤さんはかんじはじめる。
たしかに、いつもとちがう、いい朝っぽい。

わたしがすむ町も、こんしゅうは雪がつもり、
いつもとはちがう朝になった。
ただ、東京の雪ほどめずらしくはないので、
通勤・通学をじゃまするめんどくさい雪、
というとらえ方のほうがつよいかもしれない。
雪がつもると、いつもとちがう顔ぶれをみる新鮮さよりも、
いつもであえるひとをみかけないさみしい朝となる。

わたしが朝あるいて職場にむかう時間に、
よく3人組の男子高校生とすれちがうのだけど、
そのなかのふたりがかならず「おはようございます」と
おおきな声であいさつしてくれる。
わたしから「おはようございます」をいうことはなく、
いつも いわれてからの返事となり、
人間として 彼らのほうがしっかりしているといつもおもう。
ふつうの高校生は、みしらぬおじさんに
「おはようございます」をいわないとおもうのに、
なんで彼らはわたしにあいさつしてくれるのだろう。

ひとつには、わたしがあいさつしやすい顔をしているのではないか。
彼らにかぎらず、部活がえりの女子中学生が
「こんにちは」といってくれることが ときどきある。
もっとも、「あいさつしやすい顔」が
どんな顔なのか、本人であるわたしにもよくわからない。
あいさつしてあげないと かわいそうなぐらい
くらい顔つきなのかもしれない。
ふみきりをわたろうとするとき、わかい女性から、
「おはようございます」といわれたこともある。
こんなきれいな女性がしりあいにいたっけ?と
うれしくなっていたら、
通学する生徒たちをみまもっている先生だと
あとで気づいた。
自意識過剰なおじさんは、
わかい世代が声をかけやすいのかもしれない。

posted by カルピス at 20:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

「人の作業を背後からのぞくと新しい知識がふえる」はほんとうだ

デイリーポータルZに、
「人の作業を背後からのぞくと新しい知識がふえる」
がのった。
http://portal.nifty.com/kiji/180125201854_1.htm
パソコンをうっているとき、
うしろから仕事をのぞかれるのはプレッシャーだけど、
逆にのぞくのはすごく勉強になる。
うしろからひとの仕事をみると、
なぜかとても素直にいいところを参考にできる。

エクセルでなにかをつくっているとして、
たいていのひとは自分のやり方やクセがあり、
もっといいやり方があるといわれても、
あるいは直接ことばをかいしておそわったとしても、
自分のスタイルをなかなかかえない。
ほんのちょっとショートカットキーをおぼえれば、
確実にはやく仕事ができると理解しつつ、
それまでのやり方をつづけようとする。
それが、なぜかうしろから(もちろんよこからでも)みると、
スッとはいってくる。

この記事によると、複数のひとが うしろからみた場合でも
知識がふえるのだそうだ。
作業者は指摘されると「うわああ」となるが、ただそのおかげで聞いてた全員がショートカットキーの存在をおぼえた。ちょっとした学校みたいになってきた。

ここでは「学校みたいになってきた」と、
学校での授業を肯定的にとらえているけど、
じっさいは、学校みたいなやり方は、
きわめて効率がわるいのではないだろうか。
ことばで一方的におしえるより、
だれかのやり方をうしろからみたほうが
すんなり身につく、というのが今回の記事のキモだ。

べつに参考にしようとか、
仕事のやり方をぬすもうとおもっていなくても、
うまいひとの仕事は、みてるだけでもマネしたくなる。
ひとは、あんがい自分以外が
どんなやり方をしているのかをしらない。
ネットでなにをみているか、どんなサイトがあるかなど、
自分よりレベルがうえにひとのうごきは なんでも参考になる。

わたしは中学のころから水泳をやっている。
水泳は、ずっとプールの底をみながらの練習なので、
なかなかうまいひとのおよぎをマネできない。
水泳は、ほかのひとのうごきがみえない、
唯一のスポーツではないか。
わたしがひとのよさをとりいれられないのは、
水泳が原因かもしれない。

posted by カルピス at 22:23 | Comment(0) | デイリーポータルZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

きらクラ!で『トゥルー・ロマンス』の曲がながれておどろいた

NHK-FMの「きらクラ」をきいていたら、
クラシック番組のはずなのに、
いまふうで チャーミングな曲がかかった。
カール=オルフというひとの作品らしい。
どこかできいたことがある。
そうだ、映画『トゥルー・ロマンス』のテーマソングではないか。
でも、ふかわりょうさんは、カール=オルフを紹介するときに、
ひとことも『トゥルー・ロマンス』についてふれない。
あとでネットをみると、この曲はカール=オルフによる「Gassenhauer」で、
『トゥルー・ロマンス』とは関係なかった。
https://www.youtube.com/watch?v=TQ9_6W6bVoQ

正確には、関係ないというよりも、
『トゥルー・ロマンス』は
『地獄の逃避行』という作品のオマージュであり、
その『地獄の逃避行』が「Gassenhauer」をつかっていた。
『トゥルー・ロマンス』を監督したトニー=スコットが
作品だけでなく音楽も『地獄の逃避行』を意識したらしい。
『トゥルー・ロマンス』のテーマソングであり、
作品の雰囲気にぴったりの、おしゃれな「You're So Cool」は、
もとをたどるとカール=オルフの「Gassenhauer」という
ややこしい関係にある。

わたしは音楽にあかるくないので、
たとえば『がんばれベアーズ』で「カルメン」がつかわれていても、
それがビゼー作曲の有名な曲ということさえしらなかった。
まるでベアーズのためにつくられたかのように、
あの映画にぴったりだったので、
あとから「カルメン」をきいたときに
なんでオペラにベアーズの曲がつかわれているのだと、
なんだかへんな気がしたものだ。

『地獄の黙示録』でヘリコプターがとぶ有名な場面では、
ワーグナーが効果的につかわている。
はじめて黙示録をみたときは、
この作品にむけてつくられたとおもったぐらいだから
無知もここまでくると かなり重症といえる。

わたしがすきな『パルプ・フィクション』でも、
オープニングにぴったりの曲がながれる。
https://www.youtube.com/watch?v=LRVVECmDFYw
タランティーノ監督は、いったいどこから
あんなにいかれた(もちろんいい意味で)を
ひっぱりだしてくるのだろうと感心したものだ。
わたしがしらないだけで、きっと世間では 有名な曲にちがいない。
映画のためにあらたな曲をつくるのもいいけど、
まったくおもいもよらないところから
その映画にぴったりな曲をもってこられるのも
意外性があってたのしい。

posted by カルピス at 21:50 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする